ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

苦悩からの開放 -CDPのエソへの代替

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月31日

新しいエソテリックのCDPが鳴らなくて悩んでしまった話のつづきです。

代替機のK03-Xsを箱から出したままの状態で鳴らし始めたのですが、下記の3点がどうしても我慢できなかったのです。
1、音がきつくて長く聴いていられないこと
2、定位が安定せずに落ち着けないこと
3、メカの回転音がうるさくて音楽に集中出来ないこと

でもショップのポン置きではよく鳴っていたのにおかしいですよね。これは自宅での固有の問題だと思いました。この先はメーカーのHPを見たり、ネット上の記事を漁ったり、オフ会での様子を回想したりで、なぜこうなるのか?頭の中がぐるぐるしていました。そして悩んだ末にある結論に至ります。

エソテリックはがっちりしたVRDSメカを採用している

そのメカを5mmの鉄板のシャシに固定し、3箇所のフットの部分に振動を伝達している

3箇所の足は鉄製のピンポイントフットで機器の外に振動伝達している

この構造で普通の木製のラックにポン置きでも鳴るのです。でも拙宅では鳴らない。何か理由があるはずです。

考えた結果は、自宅のCDPの置き場所がガチガチ過ぎることでした。CDPの下は、床上にコリアンボードの4枚重ね敷きで、その下は家の基礎までを鉄製の束で支えています。CDPのメカ~シャシ~フット~ボード~基礎がダイレクトです。一旦外部に逃がした振動が、またメカ部分まで戻ってきてしまったようです。だからCDPのケースにまで響いて回転音が大きくなってしまったのです。そして、うるさい音になり、定位も安定しない。


すべてがダイレクトなので振動の逃げる場所がなかったのですね。原因がわかれば対策は早いです。
CDの回転振動を、CDPとコリアンボードの間で逃がす(エネルギー吸収させる)ことにしました。
・CDPのフットの下に5mmのアルミ板の設置
・アルミ板とコリアンボードをαゲルでフローティング
・メカ部からの振動はアルミ板に逃がしつつ、CDPの水平方向の微振動でエネルギー吸収
・CDPの動きの抑制のために一箇所をくさびで固定

DENONの時と防振構造の構成は変わりましたが、考え方は同じです。最初は5mmのαゲルで試したのですが、最終的に10mmのαゲルでフローティングさせることにしました。それでも、まだ振動を逃がす効果が足りていないように感じます。

そこで、新しいメカニカルアースユニットを作ってシャシ部に3箇所設置しました。3箇所のフット以外にも、このユニットを使って3箇所からメカニカルアースで振動を抜いています。
今回のメカニカルアースユニットは、アースポイントを音を聞きながら動かして位置決め出来る構造としました。このメカニカルアースも効果絶大です。

これで一気に3つの悩みは解決しました。
1、音がなめらかで疲れない
2、定位が安定し落ちつく
3、メカの回転音が音楽のじゃまをしない

やった!と思い、次々と音楽を鳴らしていたのですが、そう簡単に音の女神は微笑んでくれませんでした。苦悩からは開放されたものの、新たな悩みが出てしまったのです。

-つづく-

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. わ~♪

    特定のお宅でしか発生しない厄介な問題。自力で解決されるとは・・・驚きです。ESOTERICさんにも事例として共有したいようなところですね(^-^*)

    似たようなお話で、特定のお宅でAccuphaseのアンプの電源トランスが唸るというお話。Accuphaseがお宅に伺い調査したところ、そのお宅には問題なし。なんと、ご近所さんのある電化製品が唸りの原因だったというのが、1992年「頃」のステサンに書いてあったような気がします。ご近所さんまで調べるところ、Accuphaseの意地を感じたものです。

    機器を購入して、ケーブル繋いでお仕舞い。とはならない。面倒なことこの上ないですが、そこが奥深さであり逆に謎解きというかある種の楽しみでもありますね( ^-^)_旦~

    bynightwish_daisu at2019-12-31 09:20

  2. nightwish_daisuさん、ありがとうございます。

    頑張りました!原因がわかったので、そのまま音磨きも出来て一気に進みました。でも、追い込みが進めば新たな課題も見えて来るものです。

    Accuphaseのトランスの唸り調査はフォローがいいですね。素晴らしいメーカーだと思います。オーディオ好きな集団とも言えそうですね。

    >面倒なことこの上ないですが、そこが奥深さであり逆に謎解きというかある種の楽しみでもありますね

    本当にそうですね。オーディオの楽しみの一つに、この謎解きと成果が上がったときの達成感があります。えも言われぬ感動が味わえます。nightwish_daisuさんも興味の対象は違えど、同類ですよね。

    byヒジヤン at2019-12-31 11:15

  3. ヒジヤンさん
    一つのアイデアとして。
    足の裏にフォッグ麺をはる。
    脚のスパイク受けにオイルをいれる?

    何て事も、効果ありますよ。
    せっかくのプレーヤー、素敵に鳴らして下さいな‼️

    byX1おやじ at2019-12-31 16:13

  4. ヒジヤンさん

    エソテリックのCPプレーヤーは、各所で聴く機会があり、1と2の事象を何度か経験したことがあります。一方で、極めて解像度の高い気持ち良い音で鳴っている事例もあり、何が原因で音が良くなったり悪くなったりするのだろうと思っておりました。

    スパイク・フットは堅固な床からのフィードバックにも強いという理解だったので、ヒジヤンさんの解決策は意外でした。ただ考えてみると、Airforceシリーズのアナログプレーヤーもそれぞれの部材はガチガチですが、随所で空気バネで浮かして振動遮断しています。

    対策の最後のメカニカル・アースは、基本的な対策というより好みの音作りの領域だと思いますが、如何でしょうか?

    byのびー at2019-12-31 16:18

  5. ヒジヤンさん

    短期間でよくぞここまで!すごいですね。

    スリットが入った極厚鋼底板とピンポイントフットのマイナーチェンジが旧型のK03とK03-Xsとの根本的な差になっているような気がします。

    メカニカルアースは、その底板の構造に思い当たって不適用と決して撤退してしまったので、どのようにされて成功されたのか興味津々です。四点支持のK1と何か違いがあるのかもしれません。

    また、いろいろと情報交換をお願いします。

    byベルウッド at2019-12-31 16:29

  6. ヒジヤンさま

    こんにちは♪


    『原因がわかれば対策は早いです。』

    職人ここにあり、って感じ。。。スゴい。。。


    今年は大変お世話になりました。
    来年も何卒宜しくお願い致します♬
    良い音とともに素晴らしい新年をお迎えくださいませ♬

    byMotoko at2019-12-31 16:54

  7. X1おやじさん、アドバイスありがとうございます。

    同じ考え方ですが、ピンポイントフットからの振動逃がしのアルミプレートの上にfo.Q板を乗せています。これで少し雑味が取れますね。

    脚のスパイク受けにオイルをいれるのはピンポイント部分の摩擦抵抗を減らして回転しやすくするためのものですね。自分は何度も置きなおしをしますので汚れそうな気もします。

    エソテリックのCDP鳴らし、今は外堀から攻めていますが、外堀が埋まったら内堀を攻めます。スキーシーズンが終わる頃には完成させますね。X1さんのところはもう仕上がっている様子ですが、自分も前回のオフ会とは比べものにならないような素敵な音楽を奏でられそうです。そんな予感がしていますが、どうなることか。。。

    byヒジヤン at2019-12-31 16:55

  8. のびーさん、レスありがとうございます。

    自分は電気やコンピューターはからっきしなのですが、機械的な振動は専門分野なんです。スパイクフットですが、重力方向に振動入力が入ったらリジッドですよね。スパイクは接点で回転フリーにして逃げをつくる事が狙いになりますが、構造体になってしまうと回転も出来ない、せめての効果はXYZ方向の振動を上下方向の振動に集約することでしょうか。

    自分のところは、この上下がガチガチだったのでスパイクフットとの相性が悪かったです。ですが、αゲルでフローティングしたことでスパイク部の回転が容易になるので、ここからも振動を逃がすことが出来るようになります。なので、スパイク使いは動きやすくすることが有効なんです。
    ⇒X1おやじさんの「脚のスパイク受けにオイルをいれる」案もこのためですね。

    >対策の最後のメカニカル・アースは、基本的な対策というより好みの音作りの領域だと思いますが、如何でしょうか?

    これは不要振動をどこまで抜いて、ピュアな音を求めるかにもよります。CDの回転振動を、いくらシャシに弱い部分を作って振動伝達の道筋を作っても、すべてがそこに流れるのは不可能です。地震が起きたときに、断層があってもそこだけに揺れを逃がすことは出来ないのと同じです。ですから、不要振動はいくら抜いても抜ききることは不可能です。自分は抜けるだけ抜きたい派です(笑)

    その意味からは、好みの音作りの問題ですね。

    byヒジヤン at2019-12-31 17:16

  9. ベルウッドさん、頑張りました!

    飯が喉を通らないくらいに悩んだので(笑)
    新しい構造のメカニカルアースユニットはいいですよ。音を聞きながら調整が出来ます。

    ですが効果が高かったのは、机上の理屈どおりに3点のピンポイントフットに振動が流れる経路の中間部でした。

    その効果も聴いてみてください。比較試聴は出来るかどうか?

    byヒジヤン at2019-12-31 17:20

  10. Motokoさん、ありがとうございます。

    おいら、オーディオ職人さ。
    てやんでぇ、何か悩みがあったら言ってみな!
    ってなイメージでしょうか(笑)

    金属たわしの件では、Motokoさんからも沢山のヒントをもらいました。やるな~と思っています。きっと、せんべいさんも同じですよ。

    年末ギリギリに苦悩から開放されて、よい正月が迎えられそうです。来年もよろしくお願いします。よい年をお迎え下さい。

    byヒジヤン at2019-12-31 17:27

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする