ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

左右の音を合わせる - 音楽派に向く調整法!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月09日

以前から課題に置いていたことに取り組みました。きっかけは、Tomyさんの日記「モノ録音のステレオ再生って良いんだろうか?」です。お題は、「モノラル録音の音源をステレオで再生するのと、一つのスピーカーで再生するのは同じなのか?」でした。

ですが、その前にステレオ再生するときに右のスピーカーから出る音と、左のスピーカーから出る音は同じなのか?という疑問がわきます。この課題は以前に取り組んだことがあるのですが、モノ音源でも左右のスピーカーから出る音は違うものです。
7~8年位前に、左右のスピーカーから出る音を合わせる課題に取り組みましたが、どうしても同じにすることは出来ませんでした。そこで、最新の状態で今一度この課題に取り組むことにしたものです。

使用した音源は下記の2枚です。
1)フィッシャー=ディースカウ(バリトン)カンタータ第82番/J.S.バッハ 1951年録音盤
2)リーザ・デラ・カーザ(ソプラノ)水の上で歌う D.774/シューベルト 1956年録音盤

まずは現状を聴いてみたのですが、1)より2)の方がわかりやすかったです。ソプラノとピアノだけの単純な音源で、音も比較的明瞭に録られています。

ステレオ、左のみ、右のみと聴いていきました。音色の違いはそれほど感じません。違いは左の方が明瞭に聞こえたことです。なぜだろうと思い何度か比較で聴いてみたのですが、左は出音とスピーカーの中心軸が合っているのですが、右は出音がスピーカーの中心軸に対して、やや外側に寄っています。多分、部屋の反射と拡散板の影響だと思います。

そこで、スピーカーの内振りの角度調整と拡散板の微調整で右のスピーカーの出音の中心軸とスピーカーの中心軸を合わせてみました。

この状態で右のみ、左のみ、そしてステレオで比較して聴いてみると、まだわずかな音の差はあるものの、かなり揃って来ました。ステレオで聴くと多少音が柔らかくなるように感じます。

この左右の音を合わせた状態で、左右の焦点合わせの微調整をし、普段よく聴いているステレオ録音の音源を聴き直してみると、音の滑らかさが増したように感じます。今まで音に耳が惹かれていた部分が滑らかに流れる感触です。より音楽性が増す感覚と言ってもよいかと思います。左右のスピーカーの出音合わせは、より音楽嗜好の方に向くサウンド調整法だと思いました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする