ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

にゃんす邸のリベンジ - 驚きのSPACE OPTIMISATION

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月14日

3ヶ月ほど前に初訪問させてもらったにゃんす邸のリベンジの話です。その時に感じたのは、スピーカーからの出音が高級な音がするということです。反面、課題と感じたのがスピーカーセッティングとマルチサラウンドの音でした。
その後の変更は・・・にゃんす邸の変更は多すぎて、何をどう変えたのかよくわかりません。どうやら機器やケーブルなども変更となっているようなのですが・・・

今回訪問の試聴のポイントはアース棒の増し打ち工事をして、アースラインを見直した結果です。これをポイントにvanillaさんと三人で確認するオフ会でした。にゃんすさんは力が入っています。まずはパワーを付けてからと、うなぎ店でご馳走になってからリスニングルームに向かいました。さて、確認試聴タイムの始まりです。

少しの間、耳慣らしと機器の暖めを済ませてから本番がスタートしました。にゃんすさん渾身のAkiko/Girl Talkです。
どうですか?と無言の問い掛けがあります。これに反応して、vanillaさんが透明感が上がっていますとのコメント。一方で、自分は・・・無言、何と言おうかと頭の中を駆け巡っていました。確かにスピーカーからの出音の透明感は上がっているのですが・・・。

前回もそうだったのですが、どうもスピーカーセッティングが自分には合わないのです。歌声とバックの演奏が混在して平面的に感じてしまいます。前回も同じ感想から、スピーカーをクロスセッティングに変更して聴かせてもらいました。ですが、にゃんすさんもvanillaさんもこの音がいいと言われている。色々と意見交換したのですが、どうもお二人とは聴いているところが違うようでした。

そこで、前回同様にクロスセッティングで聴いてみる提案をしたところ、にゃんすさんからの提案がありました。「定位ならこれを聴いてみてください」と。

すると、息を呑むほど見違えるようなサウンドが流れてビックリしてしまいました。akikoのボーカルがセンターにしっかりと定位し、歌声に芯があります。バックの伴奏との距離感も適度で立体感があり、まさに見える音でした。

何をしたのですか?
と問いかけたところ、最新のLINN「SPACE OPTIMISATION」とのことでした。
簡単に言うと、部屋が固有に持つ定在波やスピーカーセッティングによる変動要素を、そのスピーカーが持つ個性を生かしたままに補正するソフトウェアとのことです。

部屋のデータや使用するスピーカーと置く位置などをインプットして、LINNが持つ大型コンピューターで計算して補正をかけているとのことでした。例えば、上図の壁に密接させたスピーカーセッティングでも、同じ部屋に理想の配置をした時と同じ音になるように補正をかけるソフトとのことです。

自分の視点で言うと、オーディオマニアが丹念に5年くらいかけて追い込むセッティングをコンピューターが一瞬にしてやってくれるというものです。これまでの認識では、自動音場補正は音が変になる、と思っていましたが、最新の文明の利器は素晴らしいです。

これで、自分が感じていたにゃんす邸の課題のひとつはクリアされました。もともと持っている、にゃんす邸の透明で高級な出音が活き活きと鳴っています。
この「SPACE OPTIMISATION」は、LINNKLIMAX DSM/2に装備されていて、LINNの大型コンピューターとの接続で活用できるとのことです。本当に素晴らしい機能だと思います。

長くなりましたので、後編に続けます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤンさん

    にゃんす邸訪問お疲れ様でした。
    にゃんすさんから、リアールアース追加でついに電源課題が解決?と聞き、うなぎにも釣られて(にゃんすさん、ご馳走さまでした)、私もご一緒させていただきました。

    にゃんすさんの定番リファレンスAkikoの短いピアノイントロとボーカルの透明度改善はリアルアース打ち増し後も色々と試行錯誤した成果と思いますが、ヒジヤンさんはボーカルのセンター定位と楽器定位にご不満の様子。

    拙宅の定位感はにゃんす邸の足下にも及ばない状況なので、音質に注力し、あまり定位感は気にしていませんでしたが、さすが調音の業師です。

    それにしてもLinnは改めてコンパクトながら豊富な機能を武装しています。
    まさか、この多機能DSMが!?

    後編よろしくお願いします。

    byvanilla at2020-08-14 12:26

  2. ヒジヤンさん

    早速試聴記上げていただきありがとうございました。
    ヒジヤンさんは鬼の調音師!
    私は音色師!?(笑)

    電源がしっかりしないと音の定位も変化しますので、
    現状そこまでレベルアップしてないのです・・

    それにしてもSPACE OPTIMISATIONを気に入っていただけて良かったです!

    続きが楽しみです?!

    byにゃんす at2020-08-14 15:49

  3. vanillaさん、お疲れ様でした。

    今回の訪問は感動が多くて、書き留めておきたいことがいっぱいあります。うなぎも美味しかったですね。この話題でも1話かけそうでした。

    vanillaさんは、にゃんす邸の音を何度も聴かれているので変化が手に取るようにわかった様子でしたね。

    それにしても、LINNの「SPACE OPTIMISATION」には驚きました。あの機能だけでも、LINN選択はあるなぁと思いました。そんな文明の利器が、これからもどんどん出来てくるんでしょうね。

    byヒジヤン at2020-08-14 18:53

  4. にゃんすさん、お世話になりました。

    うなぎはとても美味しかったです。ご馳走様でした。
    検聴は鬼でしたか。部屋とスピーカーの調和にアンテナが立っているみたいです。だから、LINNの「SPACE OPTIMISATION」に大きく反応してしまったのでしょうね。音色師にゃんすさんがASUKAに反応するのと同様でしょうか。

    今回の訪問で、前回に課題かなと思った一つの件は達成だと思いました。SPACE OPTIMISATIONを使うのがいいか、細部を自分でモディファイして使うか、全部自分の手でやるのかは、にゃんすさんの選択だと思いますが、コンピューターが計算した指標があると手でやるにしても仕上げに役立つと思いました。自分の視点では、感動の「SPACE OPTIMISATION」でした。

    書き留めておきたいことが盛りだくさんすぎです。さすがのにゃんす邸です。

    byヒジヤン at2020-08-14 19:07

  5. 書き漏らしました。
    追伸です。
    コンピューターに勝てるか!
    など、今後の調音時に競い合ってみるのも面白いですね。

    byヒジヤン at2020-08-14 19:22

  6. ヒジヤンさん

    >コンピューターに勝てるか!
    など、今後の調音時に競い合ってみるのも面白いですね。

    ヒジヤンさんらしい(汗)!
    こうでなくてはいけませんね!

    今後は細かな調整と、SPACE OPTIMISATIONの両方から攻めてみますね♪

    byにゃんす at2020-08-14 22:35

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする