ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ようやく完成した -カスタマイズA10

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月10日

受注生産のために納品までに時間がかかったA10です。ロングラン試聴をさせてもらい、レベルアップを図りたいところをカスタマイズしてもらったのも、製作に時間がかかった要因でした。

カスタマイズをお願いしたこと
1)プリ部のゲイン下げ・・・15dB⇒10dB
2)セレクタースルーのXLR端子・・・ニッケル下地レス&ロジウムメッキ化
3)スピーカー端子・・・ニッケル下地レス&ロジウムメッキ化
4)アース端子・・・穴径拡大&ニッケル下地レス化

台風が迫る予報でしたが、本日受け取りに行って来ました。試聴室でカスタマイズ部分の仕様と音の確認を済ませてから受け取りたかったからです。思うとおりに仕上げていただき、音も思いの方向に上がっていました。

帰宅後は自分で実施のカスタマイズです。
初めてフタを開けました。蟹沢式のトランスはカバーがかかっていて見えませんでしたが、出川式電源は確認出来ました。大きなCPMが設置されています。

フタを開けた理由は躯体の制振処理を施したかったからです。4mm厚のアルミケースは十分な物量を投入されていますが、やはり少量生産品なので制振処理までの配慮はされていません。同様なアルミケースのエソテリックと比較するとケースが響きます。そこで、レアルシルトで制振しました。
上蓋部分が一番響くので、念入りなデッドニングです。やりすぎるといけないので、エソテリックのケースと比較しながら実施しました。

後は、ケースをコンコンと叩いてみて響く部分も少しだけデッドニングです。足の部分は思いのほか良い部品が使われていたので標準のまま使うことにしました。そして、グルマンさんに教えてもらった、カイザーサウンド流の加速度組立を実施して完成です。

日が落ちる頃にようやく音だしのスタートが出来ました。
配置は左右入れ替えています。今後の計画にこちらの方がマッチするからです。

最低限のセッティングでの音だしでしたがいい感じに鳴っています。最初の1時間は少し青かったですが、どんどん本領を発揮しますね。短時間の内に試聴機を超えると思います。音が落ち着いたら追い込みに取り掛かります。かなりのレベルアップが図れそうな予感がしますので、今から落ち着きません。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤンさん

    待ちに待ったアンプの納品おめでとうございます!
    ヒジヤンさんらしい共振対策。
    予想とは違うロジウムメッキ!
    (ヒジヤンさんのお気に入りは金と思ってました)

    今頃楽しんでいるのでしょうね♪

    落ち着きましたら是非聴かせていただきたいので
    ご連絡お願いします!

    byにゃんす at2020-10-10 20:41

  2. にゃんすさん、するどいです。

    端子関係で自分がオーダーしたのは、ニッケル(磁性体)のメッキの下地を使っていないものにして下さいとお願いしただけです。ロジウムメッキ化は島元さんからのオファーです。

    自分のオーディオは、電気と振動と音響の3本柱です。オカルトじみていますが、加速度組立も効く場合があります。上手く嵌ればなのですが・・・

    追い込みが完了したら連絡しますので、聴いてみて下さい!

    byヒジヤン at2020-10-10 22:07

  3. ヒジヤンさん、こんばんは。いや〜、拘りましたね。しかも早速筐体を開けてらっしゃる。(^^) 私もロジウムはヒジヤンさんらしくないと思います。イメージ的に。(^^) ただ、スコーンと高解像度ですからね、新しいヒジヤンサウンドに期待したいです。一枚目の背面カッコいい!

    byベルイマン at2020-10-10 22:52

  4. ベルイマンさん、レスありがとうございます。

    出水電器さんでのカスタマイズは、ベルイマンさんの日記を見てのことです。おかげさまで満足いく仕上がりとなりました。感謝しています。

    ところで、ベルイマンさんなら、
    加速度組立って何ですか?
    と突っ込んでくれると思ったのですが肩透かしでした。
    だから、聞かれていないのに答えます(笑)

    ・電気は電位の高い方から低い方に流れる
    ・音は圧力の高い方から低い方に進む
    ・力は強い法から弱い方に伝わる
    この力の伝わり方の法則を利用して、筐体の振動を揺れて欲しくない部分から、揺れてもいい部分に逃がす組み立て方法です。

    追い込みが出来たところで、また聴いてみて下さい!

    byヒジヤン at2020-10-10 23:12

  5. ヒジヤンさん、ありがとうございます。そしてご期待に沿えませんでした。(ーー;)その説明を聞いて、興味を持ちましたが、箱を開けて、組み直す際に、採用する考え方なのですか?

    S200は現状かなり振動しています。私が爆音を出すからなのですが、ちょっとした問題が一台にありまして、それを解決をしたら、ちょっと試したいです。今度詳しく教えてください。セッティングがひとしきり終わったら、また聴かせてくださいね。

    byベルイマン at2020-10-10 23:23

  6. ベルイマンさん、おはようございます。

    加速度組立は、ユーザーが出来ることはネジの締め直しです。スピーカーユニットの取り付けネジの締め直しや、ケースのネジの締め直しなどで実施できます。誰でもいつでもトライできます。

    S200の筐体はかなり振動しやすいと思いますので、制振処置や加速度組立は効くと思います。今度のタイミングに詳しくお話しますね。


    追伸
    このカスタマイズで、端子変更の効果比や接点減少の効果が比較試聴できるようになりました。小変更の効果が音で確認できるのも楽しいです。

    byヒジヤン at2020-10-11 07:49

  7. ヒジヤンさん、おはようございます。追伸の件、上手い!ただ、ヒジヤンさんがロジウムメッキを探求して、素晴らしい音を取り出すことを期待しています。自分がロジウムなので。(^ ^)

    加速度組立、危ない、知らずに済ますところでした。いつもありがとうございます!

    byベルイマン at2020-10-11 10:21

  8. ヒジヤンさん
    到着早々色々とやられましたね!
    入り口から出口までリフレッシュされたようでおめでとうございます!

    ネジの締めかたは駆体を持つ機器類ではとても大切なチューニング要素ですよね〜
    バズケロもかなり意識して取り組んでいます。
    図らずもチューニング中のウェルフロート強化メカにおいてもネジの扱いはかなり強力に出音に作用していましたので、敏感に反応しちゃいました(笑)
    ようやくこちらのプッチーニは完成形の出音にまとまったところですが、今日改めてアナログでユージンオーマンディのフィラデルフィア2度目の「展覧会の絵(1973年録音)」を聞いてみて、ため息と共にデジタルは大変だ...と...出音の凄絶さ...はあ...

    課題を持って取り組むオーディオって楽しいですね!
    これからがヒジヤンさんにとって本当に楽しい時間ですね!

    ヒジヤンサウンドの伸び代を心から楽しみましょう!

    では、では

    byバズケロ at2020-10-11 14:47

  9. おお、遂に新システムのスタートですね!
    A10 special の導入、おめでとうございますm(_ _)m
    7月、旧アンプが急にご機嫌斜めになったときは、自分のことのように、あちゃ~!どうしよう?って焦りましたが・・・(滝汗
    新システムの手応え充分で、既に新たな次元も見えているとのこと・・・楽しみですね!(^^
    落ち着いた頃?是非またおきかせくださいませ~!

    byMt.T2 at2020-10-11 16:45

  10. バズケロさん、ありがとうございます。

    このA10は試聴機でのロングラン試聴をさせてもらいましたので、製作時に実施することと、納品後に実施することを予め決めておけたので効率がよかったです。

    でも、追い込みはこれからですね。ポテンシャルは十分感じていますので、これからの時間が楽しみです。電気的なアースやメカニカルアースも一旦殆ど外していますので、これからサウンド構築に取り組みます。

    ネジの話はバズケロさんだから伝わる話ですね。対角の場所から均等なトルクで均一に締まるように・・・などと学校では教わるのですが、オーディオの世界はまた特殊ですね。スピーカーユニットなどはネジの締め方で音を飛ばす方向を変化させるなんて・・・普通に話したらキチガイ扱い、もとい変態扱いですね。

    苦労して追い込まれたプッチーニが奏でるサウンドも聴かせてもらいにいかないとですね。楽しみにしています。

    byヒジヤン at2020-10-11 23:31

  11. Mt.T2さん、その節は・・・

    大事に使っていた、出川式X11の最後のサウンド確認者ですね。ですが、進化するための世代交代は必要ですから、踏ん切りがついてよかったです。

    A10は電気設計技師の作品なのでメカニカルなことは手の入れ甲斐もあるってものです。追い込みが進んだら、また聴いてみて下さい。よろしくお願いします。

    byヒジヤン at2020-10-11 23:39

  12. 今後の計画???

    これが 気になります。

    もしかしたら シアターを 始めるとか??

    ヒジヤンさん 機器,入れ替わりましたね。 部屋の 再チューニングは 必要ありませんか??

    楽しみですね。 微妙な変化も,劇的な変化も 全て,手の内ですかね。

    チューニングは 楽しいですね。 この部屋でも まだまだ レベルアップする 術を模索しております。

    byX1おやじ at2020-10-13 21:45

  13. X1おやじさん、レスありがとうございます。

    今後の計画は言うのも憚れるような小さなことです。
    追い込んでいくと部屋のチューニングもきっと必要になるでしょうね。今はスピーカーからの出音を追い込むために部屋の条件は変えずに音の入り口から徐々にやっています。部屋もスピーカーも固定していますが、電力機材だけでも最初からやり直すと色々発見もあるものです。

    X1おやじ邸はポテンシャルが高いので、どんどんレベルアップされているのでしょうね。大きな変更による劇的な変化もですが、小さなことの積み上げによる微妙な変化のサウンド影響の大きさに驚きます。上手く嵌ったときの感動は代えがたいものがものがありますね。

    部屋のチューニングがまとまったところで、また聴かせてもらいに行こうかと思います。

    byヒジヤン at2020-10-13 22:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする