シルリア
シルリア
本格的にオーディオを始めて今年で8年目になります。 趣味がオーディオの人が私の周りに皆無なので、このコミュなら意見交換出来そうなので来ちゃいました。 高価な機材は貧乏なのでありませんがその…

マイルーム

リスニング環境について
リスニング環境について
その他 / 書斎兼用 / その他 / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
アパートで6畳しか広さが無いので大型のシステム構成は無理なのでコンパクトにまとめてあります!    所有製品を登録する際の機材のリストに無かった機材を書いておきます。 D/Aコンバーター  …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日記

NW-Z1070 最遅レビュー3

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年10月11日

※音質の評価に関してはポタアンは使わずZ1070単体にビクターのイヤホンHP-FX500と、ソニーのヘッドホンMDR-CD3000を使用しています。今回は320kbps、CBRで作成したmp3ファイルでの感想です。

ダイナミックノーマライザー以外オフで最初に聴いた時の印象は音が少し粗いように感じ色々考えてみたのですが、musicフォルダにコピーした後にファイル属性が読み取り専用の他にファイルをアーカイブ可能にするにもチェックが入っていた事が原因でした。

私の環境ではファイルをコピーしたり移動したり編集したりすると勝手にファイルをアーカイブ可能にする(NW-Z1070の場合はアーカイブ)にもチェックが入ってしまうという事を忘れていたので音が粗く聴こえてしまっていたという初歩的なミスに気付けずに悩んでいました。

これに気付いて修正してからは自分好みの理想的な音が出てきたのでなかなか満足度は高いです。

過去の日記に書いたようにAUDIOGATEで一度DSD形式に変換してから作成しているので音の解像度や広がり奥行き等の表現に優れた情報量の多い音になっています。DAPやモバイル機器での再生を想定し、ファイル作成の段階でAUDIOGATEのディザリング処理を低音よりのKORG AQUAにしておいたのも正解だと思いました。

簡単に表現するとDACで192kHzにアップサンプリングしたような傾向の音がZ1070単体から出てくる感じで、しかも透明度の高い音質でDATデッキのハイサンプリング録音のような気持ちよさを持ちながら、コンパクトカセットデッキでメタルテープに録音したような力強い低音も併せ持ち、さらに耳にも優しい刺激の少ない心地よい音の傾向です。

聴き疲れしにくい音なので長時間のリスニングも可能です。ただ、FX500だと全体的にコンパクトな音で聴こえてしまうので少し窮屈な印象があります。
でもこれはこれで良いと思います。CD3000の方だと音の広がりや奥行き低中高とそれぞれの音域において表現力というか再生限界値が上昇して、のびのびと鳴っていると感じます。実に気持ち良いと感じます。

私の狙い通りの音がZ1070単体から出てきたので大成功だと思いました。

次はイコライザーの設定等について書こうと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする