Loge
Loge
今は自分の時間が持てるようになったので、精一杯できることをしてみたいと思っています。

マイルーム

小劇場のような空間を目指してます
小劇場のような空間を目指してます
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
十分な響きがあってもダブつかない。そんな空間を目指してます。 所有機器は僅かしかリストにありませんでした(涙) 仕方がないので自力で書き込んでみます。 現在はレコードの録音年…
所有製品
  • カートリッジ
    EMT OFD25
  • カートリッジ
    EMT TSD15

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

新年にアンチスケーティングを作ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年01月10日

新年初めての日記になります。
本年もよろしくお願いいたします。

丁度1年前のお正月に
もう少し新しい年代の(といっても1980年前後)レコードもちゃんと聞きたいなあ。と一念発起して広帯域を再生できるラインナップを組み始めました。

そのプレーヤーは元々モノラルやSPの復刻を聞く為に使っていたEMT-930にTSD-15ステレオ針を付けられる様にして、いわゆる使い回しと言う事でした。
ご存知の方は「変な事言ってるなあ」と思われるでしょう。
普通の感覚でTSD-15なら930に何の条件も無く付きますからね。


しかし、我が家の930はstの表示が無いモノラル時代の個体でして、アームがRF-229、イコライザーが139とどちらもモノラル専用の物が付いております。



そのような訳でTSD-15を装着するためアームをトーレンス設計の929アームに変更したのです。
929アームには付属部品のアンチスケーティング・インサイドフォースキャンセル用の錘りがあるのですが、その手持ちが無かったので1年間そのまま使っていました。
何分、EMTの古い資料を見ると

「針圧2.5g以上では、いかなるアンチスケーティング機能も必要としない」
と明記されていたのでまんまと乗っかっていた訳です。


昨年、このファイルの日記の中で
和室のユニコーンさんは「わずかなインサイドフォースの掛け方で、音場に大きな影響を与える」と書かれていました。
それならば、いっちょやってみるかと錘りを自作してみました。

オリジナルの錘りは約5gあり、その自重によってキャンセルフォースを生み出すので細かな調整ができません。
それでは「微妙な加減」という大きな目的を達成できません。
そこで、自作の利点である自由度を活かして錘り自体の重さは2.5gとして、設置方法に寄って3種類のフォースを可変できる様にしてみました。



この写真のように、水平に張り出した板の切れ込みに錘りの糸を引っ掛けます。
切り込みは3カ所あって、外側になるほど強い力でヘッドを外周側に引っ張るという仕組みです。

そして、錘りを吊るす糸はストラ大先輩推薦の「絹糸60番手」を使ってみました。
音質に関しては他を試してないので解りませんが手持ちの関係で先輩の言う通りにしてみました。


さて、可変式にしたのは大正解だったと思います。
フォース小ではステージが円形に成りきらず、大ではなんだかステージ全体を右手方向に引っ張られたような気持ちになりとっても気持ち悪いです。

もう一つの機能であるアンチスケーティングも見事にハマって、リードに入る際に内周に流れる不具合が解消しました。(こっちはすごく気持ちいいです、ヤッター!)
また、錘りは数点の部品の組み合わせにしたので今後は更なる微調整もできます。


新しい高機能なアームをお使いの方はフォース連続可変になっているので、こんな面倒くさいことは無用と思いますが、古いアームをお使いの場合は、状態の変化だけでも確認して損はないと思いました。

確認はしていませんが、EMT純正の部品を取り寄せると1万円以上すると思います。
今回は手持ちの余剰品で作ったのでゼロ円也。対して効果は大きかったです。

先輩の言う事は聞いておくと良い事があるもんですね。
こいつあ春から縁起がいいです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Logeさん改めまして、明けましておめでとうございます。

    アナログは、使っている人の音なので、どう使おうと使っている人の勝手と言う事なのですが、使いこなしている人の意見は、参考になるものです。

    言われているとおり、最新型のトーンアームは、連続可変型のインサイドフォースキャンセラーが付いています。しかしこの調整、かなり微妙で、使いこなしは結構大変です。

    カートリッジによっては、非常に感度の良いものと、それ程でもないのがあります。どちらが良いかは一概に言えません。それ以上に微妙なのが針圧なのですが、こちらはアームの構造と、加工精度や組み立て精度、おまけに気温の影響も受けるので、もっと厄介です。

    まあ同じ音がいつも出るとは限らないのがアナログなので、ファジーなところを楽しむ余裕も必要ですね。

    by山田野案山子 at2014-01-11 06:12

  2. Logeさん、今年もよろしくお願いいたします。

    インサイドフォースの調整、とても参考になります。
    ここは私ももう少し突き詰めて試してみたいと考えていた部分です。

    今年はアームを追加して遊んでみたいと考えています。

    by矢切亭主人 at2014-01-11 14:02

  3. 絹糸がいいのはどうしてなんですか?
    ストラさんも言っていたけど不思議。

    長野の蚕がいいのかしら。

    糸なら珍しいのも含め各種あるので(笑)、今度持っていきます。

    ボタ雪でSNが抜群な日本海より。

    byakahanamizuki at2014-01-11 17:39

  4. 山田野案山子さん、こちらこそよろしくお願いします。

    私は19歳の時からTSDともう一機種(ご存知の通りEMTはアームも専用品)しか使っていないので世間一般の事は不明なのですが・・・その点こそがまさにEMTが本領発揮するところだと思います。
    365日変わらずに一定の音を供給できることがプライオリティで音質なんて・・・
    は来月ご確認下さい(笑)音は言葉にはできませんからね!

    ぶっきらぼうで頑丈に徹していますが365日24時間いつでも出勤可能な消防車のような信頼感です。
    おかげで25m先の歌手は微動だにせず歌ってくれますので私の信頼も厚いのです。

    byLoge at2014-01-12 00:48

  5. ストラさん、こんばんは

    なんとかやっつけました。
    やってみる前は、そんなことじゃ大して変わらんじゃろうて。
    なんてタカをくくっていましたが、存外と効果の出る物でビックリしました。
    今までは、929よりさらに古いOrtofon時代のアームだったので元からインサイドが付いていなく、キチンと使ったのは人生初めてでしたからね。

    絹糸に関しては、産地不詳、効果も比較していないので私には解りませんが常に動いている所なので切れない様に祈るばかりです。

    byLoge at2014-01-12 00:53

  6. 矢切亭どの またよろしくお願いします。

    まあまあ、このようなことはまさに「遊んでいる」だけで、それほど探求している訳ではないのでご了承下さい。

    MCの場合如何に磁界のスイートスポットにコイルを置くかという点にかかっていると思いますので、一つの事項に偏らずに多くのファクターを相互干渉させながら見いだして行く事が良いと思います。

    ある時点でドッキリする程の成果が出ると思いますよ、ただしそれを見つけることが出来る様になったのはつい最近ですが。もしかしたらまだ途上かも・・・

    byLoge at2014-01-12 01:00

  7. akahanamizukiさん、上越の雪はえらいことになってますね。
    市内は大丈夫なんでしょ?
    腰が痛いから、ダメでも雪かき応援にはいけないんだけれどね。ごめんm(_ _)m

    絹糸の件は私には解らないのでストラ兄いに聞いて下さい。
    目に見える程の凸凹なんでフォースの揺れはある様に感じるのですがそこが良いとのご指摘ですから分からないものです。

    そうです、最近まで僕の体内に入っていたような糸は良さそうですね。
    ぜひ試させて下さい。って音はあまり問わないんですが切れにくそうなので。
    お待ちしています。

    byLoge at2014-01-12 01:08

  8. 遅レスですが、私は、プレーヤーの糸ドライブには、ノーメックス系のスパンの糸を使っています。熱に強く、伸び縮みが少ないので安定しています。だからといって、ケブラーは、滑って使えません。中央の前後にもう少し細かい溝を入れると、微調整が出来るかもしれませんね。針圧とインサイドフォースキャンセラーは、微妙なバランスで成り立っています。

    五月の連休前には、お伺いできると思います。

    byGRF at2014-03-11 13:51

  9. 和室のユニコーンさん、こんばんは

    貴重な手法のご教授をありがとうございます。
    鉄製のバーは硬く凹加工が難しいので、剥がし易い工芸糊で糸を可変固定させながら最適値をヒアリングで探り、錘りの重さに置き換えて微調整することで随分といい感じになってきたように思います。
    糸に関しては上杉謙信公のお膝元、春日山から秘密兵器が届きましたので追って試験をしたいと画策しております。
    お陰さまで楽しみが結果に直結する有益な要素に手を付けられました、ありがたく思っております。

    春になりましたら是非お寄り下さい。
    4Trテープのことなど色々とご鞭撻を頂きたい事もあり、お会いしたらゆっくりお聞きしたいと切望しております。よろしくお願いします。

    byLoge at2014-03-11 22:18

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする