Loge
Loge
今は自分の時間が持てるようになったので、精一杯できることをしてみたいと思っています。

マイルーム

小劇場のような空間を目指してます
小劇場のような空間を目指してます
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
十分な響きがあってもダブつかない。そんな空間を目指してます。 所有機器は僅かしかリストにありませんでした(涙) 仕方がないので自力で書き込んでみます。 現在はレコードの録音年…
所有製品
  • カートリッジ
    EMT OFD25
  • カートリッジ
    EMT TSD15

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

PHONO-EQを作りました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月21日

長らくご無沙汰をしておりましたが、こんな拙文でも何がしかのご興味を頂けるならばと最近の出来事を書き留めておこうと思います
また、よろしくお願い致します


さて、オーディオにおけるクラフトは・・・主にその創作の精神は・・・中々にクセになる遊びでして期待通りの物が出来上がった時の喜び、達成感は既製品を買い揃えて意図した音が出た時のそれに勝るとも劣らないものであります

しかし、LOFTで部材を購入しお洒落小物入れを作るのとは違い可聴帯域アンプ、それも稼働電圧の高い真空管を増幅素子としたアンプを作る際には時として多義にわたる困難が伴います

過日、PHONO-EQアンプを制作いたしましたので、その顛末を恥を忍んでご開陳に及ぼうと企んでいる訳です
しかし、何分下手の横好きでツッコミ所も多々あると思いますが、忍んだ恥に免じてご容赦をお願いしておきます


アンプを作る  その1

まずは、何の為に作るのか?これが無いと後々困ります
お金さえ出せば優秀なアンプはこの世の中に沢山あります
それなのになぜ?に明確な答えがないままスタートしますと、「既製品より安価にもっと良い音のアンプを作ってやるぞ!」程度のふんわりとした動機で作っては見ても、相応のふんわりとした仕上がりのアンプになりますのである程度の動機付けは必要かと思います

これから始めようと欲する人ならば「死ぬまでにレビンソンを平伏させたるぞ」くらいの気持ちで向かえば困難こそ最良の学習と思えるでしょう


今回はモニター・ゴールド イン オリジナル・オートグラフにDECCA+QUADで
DECCA盤は文句無しだがEMI、コロムビア盤をもう少し闊達に聞きたいのでSPU や EMT TSD-15を使うPHONO-EQは無いだろうか?

これに対して作る理由は明快です
想定すべきアンプは直ぐに浮かびましたが、現在入手不可能です
一般にはアメリカのWEなどが希少で高額で有名ですが、そんなもんじゃ無い!ってくらい幻です
だからそのコピーを作るしか無いので、作りました



それが、この写真の上の方にある細いアンプです



アンプを作る  その2

技術屋さんにお話を伺うとみんな一緒のことを言います
常に無理と矛盾・・・やりたい事と犠牲になる事の葛藤と背中合わせが物作りです、と
今回のご要望はQUAD 22型プリアンプと並べて置くので相応しい大きさと意匠の物を
幅260mm x 高90mm以内が条件で、しかも電源も内蔵でね❤︎  

年明けから

・実際に実現可能な回路・定数の決定
・部品手配の所でコロナに巻き込まれて外国から荷物が遅れる
・シャーシの手配
・コンストラクション=部品配置のことね・・・シャーシ内が狭くて1ヶ月以上悩む
・ある日何かを見ていて突然閃いた
・そうだ!2階建てでいこう

当初はCR部品の置き場所が無くて煮詰まって凹んでいたのですが
ハタと2階建を閃いて、そこからはずいぶん楽になりました



これが1階(片ch)分=NF型EQとラインアンプ1段分のほぼ全ての部品です

出来てから見るとどうってことは無いですが、死ぬほどスケッチを書いて時間をかけて決めました
これを見ながら白飯3杯くらいイケる程自己満足出来なければ良い物はできません

メーカーの人はずーっと頭から煙を出して考えてますからね、それ以上に炎でも出さないのなら、買う方が良い物が手に入るでは苦労の甲斐がありません

アンプ制作で気をつけたいことが、将来の(自分以外の人間がするかもしれない)メンテナンスのことを考えずに作る事です
コンデンサにしろ抵抗にしろ全て寿命があり、必ず壊れます
その前提を忘れていて「いい音」も何もあったものではありません

しかし
2階建はいかにもメンテナンスが大変で・・・どうしよう

あっ! そうだ、こんなユニット基板自体は安いんだからこれを3枚作っておいて不具合が出たらユニット毎交換すればいいじゃ無いか。外したユニットは修理してバックアップになるし  これで全て解決です


ずいぶん長々と書いてしまいましたのでこの後の具体的な部分は次回にまた続けたいと思います

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Loge さん、お早う御座います。

     いよいよフォノイコの製作記事ですね。2階建ての件ですが、私のフォノイコ付きプリアンプも2階建てで製作しました。やはり問題はハムノイズでした、どうしてもアースループが出来、中々ノイズが消えませんでした。

     4回、ばらしては組み立ての連続で、器具配置、アース配線を散々検討し、一時はアースループをなくすには線ではなく板にすればループは出来んだろうとアース板にしたり色々と検討しました。最後はなるべく器具、配線を直に配置し漸くハムは出なくなりました。

     次回の日記投稿楽しみにいています。

     yhh

     

     

    byyhh at2020-07-21 11:03

  2. こんばんは
    ノイズに関しては、今後何か少しでも書いておきますね

    特にプリアンプは「段取り九割」だと思いますので、途中でルート変更
    しなくても良い様に入念な計画を立てて、確実に忠実に実行するのが
    1番の近道だと思います

    気長にお付き合いください

    byLoge at2020-07-21 23:37

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする