marsen
marsen
中学生の頃やっていたNHK教育の番組「オーディオ入門」のテキストを今も大切にしています。エアチェックに生録、懐かしい響きです。年齢が分かってしまいますね。好きでした。レコパル。BCL。

マイルーム

地下室専用シアタールーム
地下室専用シアタールーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
新築を機に地下に念願のシアター専用室をつくりました。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

オーディオでクラシック音楽をもっと愉しむ本

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年12月03日

「さらによい音で音楽を聴きたい」という思いは、オーディオ道の永遠のテーマであります。
機器の選択、設置、アクセサリーの吟味、部屋の調整等様々なアプローチの方法があると思いますが、
今日は少し視点を変えて、おもしろい本をご紹介したいと思います。
『スコアーリーディング』という本です。なんと¥ 578という安さです。
全64ページなので、さらっと読めますよ。

出版社: 全音楽譜出版社
ISBN-10: 4118900017

内容は・・・
●第1章 オーケストラの楽器
   第1節 総説
   第2節 木管楽器
   第3節 金管楽器
   第4節 打楽器
   第5節 弦楽器
●第2章 音部記号と移調楽器
   第1節 音部記号
   第2節 移調楽器
●第3章 総譜はいかに書かれているか
●第4章 楽器の結合的使用
 ≪付録≫ 総譜実例・楽器写真と音域
交響曲第101番「時計」第1楽章より
交響曲第9番「合唱付」第4楽章より
交響曲第4番第2楽章より
交響曲第6番「悲愴」第3楽章より

そんなに難しくないので、この本を読みながらクラシックを聴くというのはどうでしょう。
写真入りで(ちと古いケド)各楽器とその音域が紹介しているのがいいです。
そして、次はお気に入りの楽曲のスコアを手に入れて・・・

アマゾンでソフトを購入するついでに、ポチっとされてはいかがでしょうか?

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 私はアマオケ出身なので、ミニチュアスコアはそこそこ持っていますが、最近ミニチュアといえど高いですよね。。。でも確かにスコアを見ながら聴くと指揮者の意図がより明確にわかって充実感もあがるので私もお薦めと思います。ただ、スコアの版にこだわるようになると、これはこれでまた深い沼があるので要注意ですが、はまるのもこれまた楽しいし。。。

    by元住ブレーメン at2008-12-03 23:02

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする