kakki
kakki
昔はオーディオ活火山でしたが、最近は噴火の予定も無く、休火山になりました。 子供が大きくなって、余裕が出来たら活火山に戻れるかな。

マイルーム

将来は専用室が欲しいのう・・・
将来は専用室が欲しいのう・・・
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
リビング兼用のオーディオルームです。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

Chord社のリファレンスDAC、DAVE発表!その5 デジタルアンプ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月02日

先日の「秋のヘッドフォン祭2015」の日記ではChord社のポータブルDAC、Mojoのことしか書かなかったが、実は同じくChord社のリファレンスDAC、Daveも抜かり無く試聴しておいた。

以前のインターナショナルオーディオショーでは、ヘッドフォン出力について実力が確認できなかったので、今回はその部分を聴きたいと思ったわけである。

聴いてみた感想だが・・・やはり、このDaveは素晴らしい!

比較試聴するまでもなく、HugoやMojoとは別次元の音である。
私の貧相な語彙ではとても表現できないが、高解像度でビシっとしているのに窮屈な感じがせず、とても音楽的なのである。

例えるなら・・・そうだな・・・。

突然自分の視力がメチャクチャ良くなって、遠くまでクッキリと見えるようになり、世界の広さや色彩の豊かさに改めて気づかされる・・・そんなイメージの音だ。

わけがわからなくて申し訳ない!

しかし、このDaveを買うと一つ問題が持ち上がる。

それは、パワーアンプをどうするか、という問題である。

Daveの設計者であるロバート・ワッツは常々、「アナログ部品を1点でも減らすことが、機器の音質の透明性を高める」と言っている。

事実、彼の設計したHugo、Dave、Mojoの出力部には、数えるほどの部品しか搭載されていない。彼によれば、「2つの抵抗、2つのコンデンサ、そして一つのグローバルフィードバックループしか無い」とのことで、極めてシンプルである。

ところが、市場にあるパワーアンプを見るとどうだろう。

音が良いとされるモデル、高額なモデル、それらは非常に多くのアナログ部品を搭載しており、超小型に作られているDaveとも不釣り合いな程大きい。

せっかくロバート・ワッツが苦心してアナログ部品を減らしても、パワーアンプに接続した瞬間、その苦労も水の泡である。

例外は、ネルソン・パスが設計したアンプや、その他少数のガレージメーカーぐらいか?

Daveを買っても、いいパワーアンプが無ければせっかくの実力が活かせないのでは・・・??

しかし、悩んだ時は設計者であるロバート・ワッツに直接訊くのが一番である。

早速、Head-Fiで質問を書き込む。

Daveに合うような、究極シンプルで、Daveの透明性を損ねないようなパワーアンプはあるのですか、という質問だ。

ロバート・ワッツからの回答は、ある場合もあれば、無い場合もあるので、期待しすぎるのは禁物である。

だが、驚くほど早く、回答が返ってきた。

「Daveには、705/768kHz DX デジタル出力が搭載されており、私のデジタルパワーアンプと接続できるんだ。

このデジタルパワーアンプは、スイッチングアンプではなく、アナログ部のシンプルさも今までと同様、2個の抵抗、2個のコンデンサ、そして、単一のグローバルフィードバックループしか持たない。

出力は20Wから、最低でも200Wだ。実は今日、ちょうどDX出力をテストしたところだ。

最初のDXパワーアンプは来年発売予定で、20Wの定格出力を持ち、さらに70Wのモノブロックのオプションもあるよ。」

とのことである。

なるほど!ちゃんとペアになるパワーアンプを考えていたのね。

しかし、このアンプ、スイッチングアンプではないのにデジタル入力を受け付けるとはどういうことなのだろうか。

どういった原理でデジタル信号をアナログにするのであろうか・・・?

来年にならないと答えはわからないことだが、一つだけわかったのは、来年また面白いことがあるということである。

ワクワクしながら待とう。

上記アンプの原理について何か思いつく人は、是非コメントして欲しい。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Kakkiさん。初めましてこんばんは。

    上記のパワーdacの件は過去にネットで記事を読んだことがあります。今回ワッツさんは具体的な数値を示していますね。面白いです。

    仮に200Wが8オーム負荷である場合電流は5Aとなりますので目標はmojoやHugoの10倍の電流を流せるようにするよっと言う意味に聞こえます。これを数個の素子でやろうとすると発熱がすごそうなので、何かSiCなど低インピのものを使うか素子をパラにするんだと思います。そうすれば熱は分散しますし、スルーする素子の数は増えません。

    全体像としては、素子の数を示していることから多分dacの出力を単に低抵抗にする超シンプルパワーアンプとなると思います。インターフェイスにUIにFPGAのロジックを割かなくてよいので、音質に特化した面白いものになりそうですね。ただ2つ気になる点があってデジタル入力の種類をどうするのかと、電源をどうするのかと言う点です。以上妄想です。

    この製品がchordの真骨頂的な音になると思いますので、とても期待ですね。

    byCronos at2015-11-03 00:14

  2. Cronosさん、こんにちは。レス遅れてすいません。

    SiCなどの変わった素子を使ってきたら面白いですね。

    Hugoでスピーカーを直接駆動した時の音質は素晴らしいですので、Daveの音質そのままにスピーカーが駆動できたら・・・今まで聴いたことが無いような音を聴けるかもしれませんね。

    私も期待しながら待とうと思います。

    bykakki at2015-11-08 10:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする