kakki
kakki
昔はオーディオ活火山でしたが、最近は噴火の予定も無く、休火山になりました。 子供が大きくなって、余裕が出来たら活火山に戻れるかな。

マイルーム

将来は専用室が欲しいのう・・・
将来は専用室が欲しいのう・・・
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
リビング兼用のオーディオルームです。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

青の衝撃! ChordのCDトランスポート、Blu2を聴く その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月20日

前回の日記では、Chord社のCDトランスポート兼アップサンプラーであるBlu2を、同じくChord社のDAC、Daveに接続した結果について書いた。

Blu2とDaveが接続された姿をBluDaveと呼ぶ(by設計者)が、単体のDaveに比べて、音のフォーカスが合い、実に自然な音になるのが魅力的であった。

では、そんなBlu2を、Daveの弟分であるHugo2に接続するとどうなるのだろうか。もしかして、兄貴分であるDaveを超えてしまうのだろうか。

早速Blu2をHugo2に接続しようと思ったのだが、重要な問題に気が付いた。

接続できないのである。

Blu2を接続するためには、BNCケーブルを2本使用するのだが、Hugo2には、3.5mmの同軸ジャック(見た目はイヤフォンジャックそのもの)しか無い。

というわけで、秋葉原のラジオ会館に向かう。

今でこそ萌え萌えビルになってしまったラジオ会館だが、かつてはオーディオマニアにとって色々と役立つお店が入っていたのである。

そして、その中で、ただ1軒だけ昔から残っているお店が、トモカ電気プロショップである。



プロオーディオ用品やパーツをふんだんに扱ってるお店で、私は、プラグ関係はいつもここで購入している。

今日必要なのは、2つのBNC端子を1つの3.5mmプラグに変換するアダプターである。

もちろん、そんなマニアックな商品はこの世に存在しない。が、ようは、複数の変換アダプターを組み合わせればよいのである。

というわけで、買ってきたのがこれである。



早速Blu2をHugo2に接続する。さしずめ、BluHugoである。



ケーブルの取り回しの関係で、ラックからはみ出してしまっている。

さてBluHugoの音はどんな音か・・・

オリジナルと大きく変わるのは空気感だろうか。

聴き比べると、オリジナルは、楽器と楽器の間がスカスカで平面的な感じがする。

BluHugoの場合、Hugo2の良いところはそのままに、エア感、つまり、サウンドステージや、音の立体感が増すようだ。

それでは・・・と、今度はDaveと聴き比べる。

BluDaveではなく素のDaveである。

140万円+27万円のBluHugoと、150万円のDaveではどちらが上だろうか。

原理的には、デジタルフィルターの性能はBluHugoが勝っており、ノイズシェイパーやアナログ段を含むDAC部分についてはDaveが勝っている。

比べると、勝敗は明らかである。

どう聴いても、素のDaveのほうが良い。

Daveの方が分解能が高くニュアンスに富んでおり、レンジが広く、スケールが大きく、よりダイナミックである。

BluHugoも悪くないが、定位感でわずかに勝るかな?ぐらいで、やはりDaveには遠く及ばない。

以前の記事で、Daveが300点なら、Hugo2は200点と書いたが、それで行くと、BluDaveが360点、BluHugoが240点ぐらいに感じる。

というわけで、Blu2の感想である。

個人的には、Daveの所有者には強くお勧めしたい。

しかし、自分の場合は、買うとしても、もう少し待つつもりである。

理由は単純で、Blu2にはUSB入力しか無いから。
ネットワークプレイヤーを使用する私としては光学入力が必要だ。

そのうち単品のM-Scalerが出るそうなので、そのタイミングを待とうと思う。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. kakkiさん
    おはようございます。

    BluHugo2報告ありがとうございます。
    BNCダブル出力をシングル変換してHugo2入力は思い付きませんでした。
    私はBlu2からBNCシングル出力でHugo2を試してみようと思いながら、まだ実行せずですが、kakkiさんの報告で予想が実証されたのでトライしない可能性が高そうです。

    M-Scalerの単体製品はやはり発売されるのでしょうか?
    M-Scaler付きネットワークトランスポートを期待していたのですが、待ち切れずBlu2を購入してしまいましたが、CHORDの製品戦略が見えるので、とても有益な情報です。
    ひょっとしてWatts自身のリーク情報でしょうか?

    byvanilla at2018-05-21 07:26

  2. vanillaさん、おはようございます。レスありがとうございます。

    BluHugo2ですが、もしかすると誤解があるかもしれませんが、ダブル出力を、端子の形状変換のみでHugo2に入力しています。なので、シングル入力ではなく、ダブル入力となります。念のため。

    M-Scalerの単体製品ですが、今はまだ、噂レベルです。しかし、今年の2月にRobert Wattsが下記の発言をしていますので、単体かどうかはともかく、M-Scalerが搭載された製品が登場することは間違いありません。

    https://www.head-fi.org/threads/watts-up.800264/page-48#post-14060407

    以前、Robert Wattsは、DavinaにM-Scalerを組み込んで発売すると発言しました。皆が「ADコンバーターはいらないから、M-Scalerの単品にして価格を下げてほしい」と要望したところ、「ADコンバーター機能の追加にはそれほど費用が掛からないから、価格にほとんど影響は無い」と言ったことがありました。

    https://www.head-fi.org/threads/watts-up.800264/page-12#post-13152998

    もしそうだとすると、Davina=M-Scalerユニットということになります。

    その場合は、ADコンバーターの機能の一部としてデジタルボリュームも統合されるでしょうから、Davina+Power Pulse Arrayというのが、Chordとしての究極の製品ということになるかと思います。

    しかし、Davinaプロジェクトは、ずいぶん遅延しています。おととしの12月には、AD変換したサンプルデータをリリースするはずでしたが、もう1年半経過しています。

    先日、「2つのプロジェクトで忙しいのでDavinaが後回しになっている」と言っていたこともありました。2つのプロジェクトとは、TT2とPower Pulse Arrayのプロジェクトであることが後からわかりましたので、少なくとも、Power Pulse Arrayが先行して出ることになりそうです。

    bykakki at2018-05-21 08:27

  3. kakkiさん、

    こんにちは。いつも貴重な情報提供ありがとうございます。
    私もM-Scalerユニットの発売を熱望しているので、オーディオ・ショー等でChordのブースに行く度にその可能性を照会しています。

    Blu2が出た直後から「開発中」とのことですが、中々出てきません。Power Pulse Arrayの後だとすれば、まだ暫くかかりそうですね。気長に待つこととします。

    byのびー at2018-05-21 09:33

  4. kakkiさん
    回答ありがとうございます。

    Hugo2の仕様を理解していなくて恐縮ですが、Hugo2はBlu2のダブル出力を同軸入力1端子で受けて、Blu2の最大768kHzに対応してくれるのでしょうか?

    個人的にLAN接続可能なM-Scalerトランスポートの発売を期待しますが、単体M-Scalerは発売までしばらく時間がかかりそうですね。
    待ち切れずBlu2を購入して良かったかもしれません。

    それにしてもDavina + Power Pulse Arrayが完成すれば、コンパクト&ハイエンドが実現でき、オーディオ機器スペースを気にして、かみさんのご機嫌を伺いながらオーディオファイルしている身には朗報です。

    byvanilla at2018-05-21 20:42

  5. のびーさん、こんにちは。レスありがとうございます。

    M-Scalerユニットは、気長に待つしか無さそうですね。
    発売は早くて2019年といったところでしょうか・・・。

    ただ、みんなを驚かせるのが好きなChordのことですから、何か別の魅力を付け加えて出してくれるかもしれませんね。

    楽しみに待とうと思います。

    bykakki at2018-05-21 20:48

  6. vanillaさん、ありがとうございます。

    私のプラグの写真を見ていただくとわかるのですが、ホットが2つ、コールドが1つのステレオプラグになっています。ですので、1つのプラグで、左右両方のBNCを受けることができるわけです。

    おっしゃるように、M-Scalerユニットの発売までは長くかかりそうです。今M-Scalerを楽しみたい場合はBlu2を購入するしかないですね。なかなか気軽に買えるお値段ではありませんので躊躇しますが・・・。

    DavinaとPower Pulse Arrayが完成すれば、ずいぶんコンパクトに楽しめそうですね。John Franksが設計するアナログアンプはどういう扱いになるのか、少し心配だったり・・・。

    いずれにしても、後数年はChordの動きから目が離せないですね!

    bykakki at2018-05-21 20:53

  7. kakkiさん
    丁寧な解説ありがとうございます。

    なるほど、ステレオプラグなので左右セパレートして1端子に出力できるわけですね。
    Hugo2の3.5mデジタル入力もこれをセパレートとして受け入れるということですね。
    不勉強でお手数お掛けしました。

    今後ともご教示よろしくお願いします。

    byvanilla at2018-05-21 21:56

  8. vanillaさん、レスありがとうございます。

    今後とも、よろしくお願いいたします。

    何か良い情報や、使いこなしなどがありましたら、共有いただけると嬉しいです!

    bykakki at2018-05-22 07:03

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする