平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

日記

ソナスファベール ガルネリオマージュのツイーター交換

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年09月30日

以前に買ってあって、やろう!やろう!と思っていてそのままになっていた、ガルネリの高音用スピーカーユニットの交換です。


2003年12月に納入以来、生活煙か、部屋に差し込む太陽光か、初期の音と変化しているのはわかっていまして。


リビングオーディオには気をつけましょう!


よく、リビングオーディオのススメを見かけますがやめた方がいいです。


今のリビングって、キッチンと連続していますよね。


キッチンでいくら換気扇を回しても、調理中の料理の臭いがリビングに漂うように、油炒め、揚げ物らからの油煙。


これがリビングに漂って、長年の間には、壁や家具の表面を黄色く、また油煙が付着すると、ベタベタして埃も呼び込み黒くしますよね。


タバコの煙も同様。


これがスピーカーのユニットに付着して、特に軽く重さの変化らが音質変化に直結する高音のツイーターユニットの音質を変質させることは経験からわかっていました。



他にアンプら機器の端子らに油煙が入り込み、接触を悪くしますしね。



喫煙環境使用同様、キッチン連続リビングで使われたオーディオらの中古は止めた方がいいです。



だから、リビングオーディオとしても、小布施町長さんのご自宅のように、大事なメインスピーカーは書斎らキッチンとは別の部屋。


リビングオーディオには、使い古したりして、ダメになってもよいスピーカーが経験と神経の行き届いたオーディオ使いと思います。


昔、アメリカのアバロン社のスピーカーをキッチン連続のリビングで。


音も少しおかしかったのですが、その原因がツイーターらが生活煙でわずか変色していたのを見逃しませんでした。


リビングオーディオは食事のときに会話の邪魔にならないBGMなんかが多いから、小型スピーカーも好適ではないでしょうか?


また、昔同じスピーカーを4畳半だかワンルームで使っていて、油煙がスピーカーに着いたとして、中性洗剤でユニットを拭いたというの 




ソナス・フェベール社 ガルネリ・オマージュのツイーターの補修部品はこうして届きました。




手書きがイタリアンですね


箱の裏は



さて、本体から古いツイーターを外します。


これが表面の皮にくっついていて、すぐに外れません。


大きめのネジかなにかをネジ穴に入れて引っ張るとか、自分は対角線の角にBP社製幅広マイナス精密ドライバーを入れて引っ張ったら取れました。



せっかくだから、箱中を観察します。


フロントバッフルはMDF その他は1枚木の貼り合わせ。天板の裏には金属板が嵌め込まれ、音調をコントロールしていますね。


リアに抜けるバスレフダクトを内側から。


吸音材はスポンジがたくさん入っていました。


低音用ウーハーユニット


マグネットの背に皮が張られていたり、エア抜きのスリットに目の粗いスポンジがはまっていました。



 
底に黒い凹凸が見えますが、これはネットワークですね。

スピーカー内の振動からの防振対策で、ゴム様のものが厚く塗布されていて、コンデンサーやコイルのメーカーらはわかりません。


これがガルネリのツイーターユニット
 

もともとはディナウディオ社に特注のユニットのようで、型番の他、特別な番号が見えます。


バックチャンバーに木製カップがゴム様接着剤でツイーターの背面に取り付けかれて、ウーハーの背圧が影響されないようになっています。


どのくらい劣化していたのか目視でわかります。


ツイーターの劣化



どちらが新品で、どちらが古いものかわかりますよね。一応答えは末尾に。


背面


木製カップは木からの削りだしだけあって、木目が違いますね。

1本1本音質は微妙に違うのかも。


端子へは、ファストン端子ではなく、半田付けでコードが付いていますので、ちょっと交換が面倒。


滅多に使わない60Wの半田コテを持ち出して、手早くやります。




このくらいは中学校 技術家庭の範囲の作業なんで、自分でやりましょう。
メーカー、とくにボル、輸入代理店の技術者を呼んだら、作業手間賃だけで何万も・・・


新品のユニットはいいですねえ。多少緩んでいたウーハーユニットのネジも締め直しました。




音質は、機構が新品で動きにくいからか、大人しい音ですが、エージングで変化するのは、新品でスピーカーを購入していますからわかっています。


一聴で、ノイズフロアも下がり、S/Nが上がって、静かなスピーカーに戻りました。


先日、組み直した真空管WE300B PPアンプとの相性も良く、システムを一新したかのようです。


秋の夜長を快適に過ごせそうです。

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. 平蔵さん、おはようございます。

    リビングでもなく煙草も吸わない私の環境でも、いつの間にか端子は汚れているわけですから、喫煙される方やリビングでの使用は大変なんですね。
    どちらも否定するものではありませんが、それ相応の知識と正しいメンテナンスが出来ないと難しそうです。

    ハンダはそれなりに出来ると思うのですが、値段とかを考えるとどうしても尻込みしてしまいます。
    修理伝票の「出張料」が発生すると修理代が跳ね上がりますけど。
    ショップが頑張ってくれていますので、何とかお安く済んでいます。

    元に戻った機器で気持ち良く聴いてくださいね。

    byfuku at2012-09-30 04:49

  2. 平蔵さん、こんばんは。

    遅レス失礼致します。

    ガルネリ・オマージュのユニット交換をご自分でされているんですか!?すごいですね(^-^)

    >リビングオーディオには気をつけましょう!
    >よく、リビングオーディオのススメを見かけますがやめた方がいいです。

    我が家もキッチン連続リビングでオーディオをしていますが、
    キッチン含め22帖ほどあり、普段家でも揚げ物や焼き肉などほとんどしないので、今のところ問題なさそうですね。

    まぁ、専用ルームで使用していたとしても換気が良くなかったり湿度が高かったりしても機器を傷めますし、
    リビングオーディオが要注意というよりも使用状況に注意をするべきなんでしょうね。

    byちょびの飼い主 at2012-10-04 02:37

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする