平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日記

音楽室 コンクリート基礎と床の間のゴム案は却下

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月19日

当初このコンクリート基礎の上に防湿、断熱も兼ねてゴムシートが敷かれる予定でした。



ところが地元のベテランオーディオ仲間から経験上オーディオ関連へのゴムだけはやめなさい。

ではメーカーや有名オーディオ店、オーディオ評論家の先生方は


・ESOTERIC・TEAC社
さて、ご質問いただいておりますコンクリート床と床材の間ですが、
開発にも少し聞いてみたのですが、一般的にゴムなど固有の材料を
使った場合どうしてもその材料の音に引っ張られる傾向があるので、
なるべく天然の材料を使った方が、その後の音質調整を含めていい
方向に行くことが多いようです。

最終的には出来てみないとわからない世界ですので、完成後に実際
オーディオ装置をセッティングして、壁の吸音材や音質調整ボード等で
仕上げていく場合がほとんどのようです。

・秋葉原トップエンドオーディオ店 ダイナミックオーディオ川又店長
私の経験から床下にゴムを入れると余計に振動が残ってしまう
場合がありましたのでお薦め致しません。

・TAOC アイシン高岡
コンクリートに直接もお勧めしませんし、根太方式にして上に床にされてください。
根太と床の間にインシュレーターも不要と思います。
オーディオ機器合計で100kgを超える我が社のラックを置いてもビクともしない床になさってください。
床板下にゴムを敷くのはまったくお勧めできかねます。

オーディオ評論家 スタジオKs主宰 山本耕司先生
私のスタジオの場合は、

フローリング20mmの無垢材、
その下に何枚かのコンパネが入っていて、トータルで床の厚さは58mmの木材で、
その下に、水平を出すための金属とゴムでできたアジャスターが入っています。


詳しくはこちらの7月30日あたりをご覧下さい。

http://studio-ks.net/audio/audiolife/myaudio13/myaudio13.html


強くて厚くて、かつ適度な緩さをもった床が良いと思います。

サーロジックの村田さんにお願いするのが一番良いと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://studio-ks.net/

結局ゴムなんていうのは、2Fやマンションでの階下への歩行 運動、オーディオら床振動を遮音したいくらいの意味合いしかなく、音楽室では音質的効能はむしろマイナスのようだ。

山本先生から紹介いただいたオーディオチューン材のサーロジック社の推奨床下はB&W社のマトリクス構造を連想させる下記でしたので、これでいきます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは。

    床フローリングの防音にゴム系を使うのは スプーンとか落とした時のカラ~ン音を小さくする為、人が歩いた時のドンドンの音を小さくして下への遮音が目的なので、うちの防音ルームもゴム系はあえてパスしました。
    ゴム系ですと、スピーカーの脚元がふわふわしますし。

    うちでは フローリングの下にALC板を使いました。

    byYongJoon at2017-09-19 11:54

  2. こんにちは。
    こうして投稿させていただくと、レスやメッセージで有益なアドバイスをいただけてありがたいです。

    後でお書きのことがわかりました。
    ゴムで裏からダンプされていいかとしたら、むしろ逆なのですね。

    地下岩盤パイル、地中梁基礎とも危うくアイソレートされて意味がなくなるところでした。

    by平蔵 at2017-09-19 13:44

  3. 平蔵さん
     防音の洋室に機材を移動設置したのですが、結果的に何も防音していない和室の方が、防音を考慮した洋室より静かで且つ気分も落ち着き、良かった様な…。(機材を戻すと防音室が無駄になるし…)
     古の畳/漆喰に近代技術は追い付いていない様な気がします。

    byナショナルキッド at2017-09-19 13:57

  4. ナショナルキッドさん
    こんばんは。
    旧長野県知事公舎に和室と漆喰壁の洋室があります。洋室に比べて和室は響きがなく全くダメだというのが設計士サンと自分の結論でした。

    サーロジック、日本音響エンジニアリングらにルームチューンはいかがでしょうか?

    by平蔵 at2017-09-19 18:52

  5. 我が家もコンクリートの基礎の上に防湿シートをひいただけでフローリングを貼っており、完全リジッドです。ただフローリングは厚さ15mmの重くて固いカリンの無垢材を使い、フローリング自体の剛性も追求しています。

    剛性の高い部屋を作る場合は、防音だけでなく吸音も含めた「調音」の考え方が必要になります。部屋の特性を整えるということです。例えばコンクリートのガレージでオーディオ再生をしたらどうなるか。防音的には良いでしょうが、周波数特性も残響特性もめちゃくちゃで聴けたものではありません。我が家では壁の中にしこんだ10cmのロックウールによる吸音とカリンの表面材による反射でバランスを取っています。

    この辺、参考にした文献などとともに過去ログ(ライブドアの方が検索が楽です)で公開しているので、ご興味あればご参照ください。

    by元住ブレーメン at2017-09-19 19:07

  6. 元住ブレーメンさん
    こんばんは。

    お書きの低音方向の吸音は悩み事でしたので参考にさせていただきます。

    来週、設計士さん、サーロジックの社長さんと打合せです。
    方向が決まりましたらこちらでもレポートしますのでご覧頂き、お気づきの点があればアドバイスいただければ幸いです。

    吸音材としては、高性能ガラス繊維という防音目的のものを壁~天井裏は通常の2倍厚の12cm強、母屋との壁には4倍の24cm強が敷設される予定です。
    これらで効果的に低音の適度な吸音になればいいのですが。

    by平蔵 at2017-09-19 19:56

  7. こんにちは。

    まだ打ち合わせが必要な情況なのですね?防音工事ではガラス繊維だけでは不十分です。

    パナソニック 防音カタログ で検査されて下さい。お勧めです。

    壁は乱ばり二重に遮音シート、天井も同様、床はフローリングにALC 隙間埋め、コンセントは穴あけせず外付け、ダウンライトも同様です。

    天井は半分吸音系か乱反射、床はフローリングにカーペットで吸音。壁は伊達カーテンでOKです。半分吸音、半分反射の調音がポイントです。

    ドア、窓も当然防音仕様で。

    byYongJoon at2017-09-19 22:59

  8. YongJoonさん
    こんばんは。アドバイスありがとうございます。

    設計図書では壁の1枚目はシナ合板(一部有孔ボード)、遮音パネル、石膏ボード、遮音シート、高性能グラスウール(母屋とは40cm、その他20cm)、透湿防風シート、ダイライトMS.空気層18cm、サイディングとなっています。

    天井は1枚目はシナ合板(一部有孔ボード)、遮音パネル、石膏ボード、遮音シート、高性能グラスウール30cm厚、透湿防風シート、小屋裏通気層(気密シート)、野地合板、遮音ボード(ビルボード)、アスファルトルーフィング、ガルバリウム鋼板となっていました。

    遮音に問題が出ましょうか?

    天井は傾斜天井、左右壁はそれぞれ3度の傾斜壁で合計6度の傾斜です。

    さーロジック社の村田社長さま、設計士さん、平蔵で来週この辺の最終見直しもする予定です。

    by平蔵 at2017-09-20 00:19

  9. 日本音響エンジニアリング

    音も価格も最強です(笑)

    bykingo at2017-09-20 06:29

  10. kingoさん おはようございます。

    日本音響、日東紡音響のころに行って実際に聴いて効果抜群なことはわかってはいますが・・・価格が・・・

    by平蔵 at2017-09-20 09:46

  11. こんにちは。

    細かくきまっているのですね、うちより全然良さそうです。
    あとは コンセント、照明スイッチですが、大丈夫でしょうね。

    うちはコンセントは壁に穴あけせず、外付けタイプで、オーディオ用に5系統専用コンセント、オヤイデ製コンセントをとりつけました。回りはは木製造作です。

    byYongJoon at2017-09-20 16:13

  12. YongJoonさん

    おはようございます。

    コンセントを外付けはいいですね。後から交換も用意に見えます。

    やや想像しにくいのですが、近時コンセントプレートでコンセント自体の制震などを行い、高音質化の例も多く見受けられます。

    外付けでもコンセントプレートでの調整は可能なのでしょうか?

    by平蔵 at2017-09-21 03:09

  13. こんにちは。コメント欄に写真投稿出来ないので。こちらに写真付きで解説しました。
    http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6253388&id=78749636#comment_id_1498081905
    840番です。

    コンセントプレート取り付け必要ですので、調整可能と思います。

    byYongJoon at2017-09-21 04:23

  14. YongJoonさん 

    ありがとうございます。

    これは面白いですね。

    木枠の変更で音調整も出来そうですし、ナイスアイデアです。

    ほかに本日の日記と明日の日記に書こうと思っていますが、オーディオ用分電盤のほか、家庭用電気の分電盤内のブレーカーらからの配線をツイストするほか、フェライトビーズをすべての電線出口、入り口の付けようと思っています。

    by平蔵 at2017-09-21 05:37

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする