平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日記

オーディオ電気工事の出水電器との打ち合わせ内容その2 自宅・音楽室

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月21日

マイ電柱(マイ柱)を建てる

これは出水電器さんが手がけたマイ柱例です。


実際に行って聴かせていただいたことがありましたので、外観から一瞬でオーディオ・ジャズ評論家で、ジャズ音楽プロデューサーの寺島靖国氏のお宅とわかりました。

電圧の安定、電源浄化、他の家庭らからのノイズを入れないetc

その他マイ柱、オーディオ専用配電を採用したオーディオ評論家、スタジオら


ウォール・ストリート・ジャーナル1面にも紹介には苦笑。

配電盤はオーディオ専用とその他家庭用電源を分けて2つにする

家庭用電器機器から逆流してくるノイズ対策と微細な電圧降下対策。

回路図はこんな風だそうです。


オーディオ用電柱(柱上トランス付)はこの緑の部分に建てる予定です。



となると、このオーディオ機器設置案は却下して



この赤部分にオーディオラックを並べた方がいいのではないかと思い始めています。


・一つには、マイ柱からのトランス~メーターから最短距離でオーディオですので、電圧降下も最小で、電磁波ノイズを拾いひくくなる。

・もう一つには、スピーカーから少なくとも壁、天井ら耳への一次反射部分については左右対称が確保されるというのがその理由です。

・後述のマイアースからも最短配線となって、アース線も電磁波らノイズを拾いひくくなる。

当初案では右のオーディオラックが一次反射部分にかかってしまいます。


他方、音楽室に母屋と共通の一般電源も引く予定です。


このコンセントに指定はありませんが、出水電器さんが分電盤はパナソニック製がいいとされたのと同様に、パナソニック製、それも病院で使われる医療用コンセントが値段も普通の割に嵌合しっかりでいいそうです。

PCら家電品も音楽室に入ります。
そのスイッチング電源ACアダプターらはノイズ発生源の点からはオーディオ専用コンセントに繋げたくないですよね。


「アース工事」

すでに緑部分の音楽室の外に行ったアース工事で大地アース抵抗10Ω未満(たぶん5Ω)は達成できています。



出水電器さんによると、これでも不十分だそうです。

2Ω、できれば出水電器さんが過去に達成できた最高値1Ω切りを目指したいそう。

後10本ないし20本のアース棒の増設になるそうです。

なお、地下10mに50本パイルを打つ際に、それだけの穴を掘ったのなら、そのときに一緒にアース棒を埋めたら良かったのにと。後の祭り・・・

このオーディオ専用アースは3Pコンセントのアース部分に行くわけですが、あるかないかで圧倒的にS/Nが下がり、音質上のメリットも費用対効果が大きな工事だそうです。

なお、出水電器の経験上から、アースはアース板よりアース棒の方が安く、効果は変わらないか、むしろアース棒多数の方がいいそうです。
これは意外でした。設置面積を稼げるアース板の方がいいと思っていましたから。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 私のオーディオ繋がりの電力会社に勤める人はオーディオリスナーなのでマイ電柱のことを相談しましたが、マイ発電所とマイ送電線が伴わないのならば意味が無いでしょうねと言われました。

    引き込み後に家庭用とオーディオ用を分けトランスで一次と二次を分けて使用するのがベストだと言ってましたのでマイ電柱は却下しました。

    送電の仕事をしてるオーディオリスナーの意見をオーディオ仲間として教えてもらったことはありがたいと思っています。

    byトラウトマン大佐 at2017-09-21 13:52

  2. トラウトマン大佐

    こんにちは。
    理屈オーディオ、特に電力会社側からはかような回答になることは容易に予想がつきます。

    できますれば他の新築関連レスのように、実際に採用した、採用前後の仲間の音を知っているという現実的な体験レスが欲しいところです。

    by平蔵 at2017-09-21 14:52

  3. こんにちは。

    可能なら、マイ電柱経由でない一般用分電盤からのコンセントも部屋に設置しておくと、いつでも電源プラグの抜き差しだけで音質の違いが確かめられます。

    マイ電柱は導入していませんが、それ以外は一通りやりました。
    オーディオ用幹線、分電盤、アースなどは半年ほどの間にエージングで音が変わっていくので、比較対象があると便利でした。

    byミネルヴァ at2017-09-21 17:27

  4. ミネルヴァさん こんばんは。

    アドバイスありがとうございます。

    本文の中間あたりに書いていますが、家庭用電源と共通電源も当然音楽室にも引きます。

    家電品から、オーディオラックのある部分にも。

    PC関連らノイズ発生源とされるものもオーディオに入り込んでいる一方、これら電源はオーディオ用電源からは取りたくないですよね。

    16口コンセントはオーディオ専用 8カ所~12カ所は母屋との家庭用電源と共通予定です。

    by平蔵 at2017-09-21 22:43

  5. 家庭用電源とオーディオ用電源を混在して使用するなら100Vの相を合わせる必要があります。出水電器さんが施工されるなら問題無いとは思いますが。

    byミネルヴァ at2017-09-21 23:10

  6. ミネルヴァさん

    こんにちは。

    レスありがとうございます。

    ところで相を揃えるというのはどういうことでしょうか?

    家庭用交流回路には、接地側(白線)と非接地側(黒線)は一定にコンセントに繋ぐはずですが、これとは別のことでしょうか?

    by平蔵 at2017-09-22 16:32

  7. 平蔵さん、こんにちは。

    一般家庭には単相3線が引き込まれています。

    正相の100V線、接地線、逆相の100V線の3本です。
    家庭のコンセントは(正相の100V線と接地線)で来ているものと(逆相の100V線と接地線)で来ているものがあり、等しいバランスになるように配線されています。

    また200Vは正相と逆相の100V線の組み合わせで作られます。

    オーディオシステムで、ある機器は正相の100V,ある機器は逆相の100Vのコンセントから給電するのは好ましくないということです。

    byミネルヴァ at2017-09-22 17:37

  8. ミネルヴァさん

    ありがとうございました。

    壁コンセントの接続にはくれぐれも間違わないように電器工事業者に注意しておきます。

    コストから出水電器さんは監督指導がメインなので数回来られるだけです。

    by平蔵 at2017-09-22 19:34

  9. 平蔵さん、

    相があっているかどうかは、普通の電気工事屋さんでも気づきにくいものです。ウチでも間違えて工事していました。

    オーディオ用分電盤の上方のみからオーディオ用コンセントを取るように指示していましたが、これが一般用コンセントと逆相でした。

    (正相の100V線と接地線)間の電圧と(逆相の100V線と接地線)間の電圧は全く同じであることはまず無く、微妙に異なりますので、この電圧で相を判別できます。

    もし間違えていても修正は簡単です。配電盤の一次側の正相線と逆相線を入れ替えるだけです。

    byミネルヴァ at2017-09-22 20:07

  10. ミネルヴァさん

    返信遅くなって恐縮です。

    本日このサイトもリンクさせて施工管理の設計士さんに送っておきました。
    アドバイスありがとうございます。
    https://matome.naver.jp/odai/2141123423795516901

    by平蔵 at2017-09-29 11:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする