平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日記

愚娘のバイオリン決定 エリザベスに

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月24日

スズキメソードの長野県志賀高原合同合宿に持ち込まれた、借りだし中のアレッサンドロ・メンタのバイオリン「エリザベス」。




先生たちも、音飛びのいいバイオリンに出会えましたねと。

そば鳴りという近くではよく聴こえても、遠くまで鳴り響くことはない楽器類ではないクラシック楽器類。

一期一会なんですね。

オーディオでの音飛び、音離れと同じ意味です。

あとは値段交渉。

といっても、品代は義母が買ってくれるそうです。

楽器店の担当は今はイタリア・クレモナにバイオリンの買い出しに。

彼は愚娘がメンタさんの工房を訪れて、このエリザベスを弾いている写真を見せるのだとか。

彼からも
そしてメンタさんのヴァイオリンのご購入のご連絡本当にありがとうございます。
私もとても親友とも言える仲の良い製作者なので、とても嬉しいです。

お嬢様の楽器持った写真いただきましたら、すぐにご連絡させていただければと
思います。「エリザベス」、メンタも本当に喜ぶと思います。

あと偶然ですが・・・、メンタの奥様、お名前エリーザ(エリザ)です!!
運命を感じます。

次は弓選び
愚娘はこれまで3万ほどのスズキメソードの弓を使ってきました。

アレッサンドロ・メンタ作 「エリザベス」を購入をきっかけに弓もいろいろ借りては試奏しています。



これは今回借りた中で1番高い、山野楽器オリジナル「vn SILVER」80万円。


こちらは同じく山野楽器オリジナルの定価35万の


そうしてプロの日本人オーケストラ団員さんからお借りしているJohn Norwood Lee作のもの。写真はこれを売っているオルフェ銀座さんのサイトより引用。



80万のとこれが双璧でいいです。
特にJohn Norwood Leeさんのが1番と家族3人の一致した感想です。

後で調べたら彼は米国のバイオリン製作コンクールでもゴールドメダルを受賞した鋭才で、その弓はシカゴ交響楽団やアイザック・スターンにも愛されているそうで納得!。

これらに対して3万のスズキメソードの弓


全体として音色がカサカサして、悪く鳴らした時の小音量でざらついた高音の悪い音質の現代JBLスピーカーのそれと、同じく悪い時の中高音はホーン効果でシャープなのに、低音は箱鳴りでボンボン、ボコボコ、胴間音なタンノイの低音を組み合わした音とすれば想像がつきましょうか。

正直我慢ならない音響です。

山野楽器のバイオリンカタログから引用

銀座山野楽器によると、メンタは1981年クレモナ生まれ。
クレモナ国際ヴァイオリン製作学校が4年制から5年制に移行したときの最後の卒業生。

卒業後はニコラ・ラッザリの工房に約8年間通い研鑽。

全体的に丸みを帯びた柔らかいニスが特徴です。赤いルビーのような美しいニスが特徴でまるで宝石を持っているかのごとく美しく輝きます。

独立した現在でもマエストロたちに助言を仰ぎ、独善に陥らないように注意を怠りません。

このことがメンタの評価をますます高く安定したものにしています。

若い世代の製作者の代表格でもあり、彼のヴァイオリンの新作を多くの人が待ち望んでいます。

非常に真面目な性格ですが、明るく爽やかな雰囲気。

メンタのラベルには植物の葉のイラストが入っていますが、これは「メンタ」というイタリア語が薬草のミントのことだからです。

ピアノ演奏が趣味で、クレモナの工房を訪問すると自作の即興曲を披露してくれます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. クレモナの新作ですか?
    ヒルタイプの顎あてとニスがマッチングしていますね。
    外観的にストラディモデルのような感じがします。

    今回用意されている弓が80万円、本体の1/3程度

    このクラスなら一生物です。
    新作は音が硬いのでこれからが楽しみですね。
    10年ぐらい弾いてくれば馴染んでくるかと思います。

    色々と楽しみですね。

    アマティモデル(あったのかな?)は割合と音が小さいのですが、当時のホール規模もストラディと比べて小さいので音も小さいとか言っていたのを製作家から聞いた事があります。

    ストラディモデルは割合と音が遠くまで届くように設計されているみたいです。

    bysinnkai at2017-09-25 12:31

  2. sinnkaiさん こんにちは。
    ありがとうございます。
    そうなんです。アレッサンドロ・メンタはクレモナに工房を持っています。

    残念ながらストラド系かアマティー系か別かさっぱりわかりません。

    まさに一生物として買ってあげるつもりです。

    音質が上がって、以前よりもより多く弾いているようです。

    プロにならなくても、学校の弦楽交響楽団や社会人の楽団でもずっと楽しめますね。

    by平蔵 at2017-09-25 13:38

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする