平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

TIAS ヨシノトレーディング ティム・パラビッチーニ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月05日

これから印象に残ったTIASのデモを記したいと思います。いずれにしても駄耳よるインプレに過ぎません(^_^;)

さらに国際フォーラムの劣悪なルーム音響、アキュフェーズの電源コンディショナーのひずみ計が振り切れ、90Vまで電圧降下することのある国際フォーラムの悪環境を間引く必要がありそうです。

3年ぶりでしたが、どちらも破綻した音を出しているところはなかったのは、会場の悪環境に電源コンディショナーなり、ルームチューングッズらで対処されていたためと感じました。

ヨシノトレーディング輸入、EAR社の設計者パラビッチーニさんです。
楽しいデモに2日間続けて参加させていただきました。

このレコードの録音真空管アンプも作られたそうです。スピーカーはFalcon LS3/5を2台づつバーチカルツインにして。


スピーカーThe FALCON BBC LS3/5aという新製品です。


似たような中国製LS3/5aが多数出ていますが、それとの違いは、オリジナルのKEFの元チーフデザイナーでファルコン社の創設者マルコム・ジョーンズが再設計されたウーハーユニット、ツイーターユニットを使っていることだそうです。

1976年製のBBC仕様に100%忠実だとか。これはパラビッチーニさんも所有するオリジナルとほとんど同じと太鼓判を押されていました。

バーチカルツイン使いは部屋が広いからで、通常の部屋ならシングル使いで十分と。

プリアンプはEAR912 198万に、パワーアンプEAR509マーク2(モノブロックペア) 189万。 パワーアンプは30年以上にわたるロングセラーで100W×2だとか。

彼のカッティングアンプ、マイクアンプを使ったダイアストレイツ マネー フォー ナッシング、マービン・ゲイら。

マスターからダビングしたオープンリールテープ。
彼のレコーディングアンプでダビングしたオープンテープでリー・モーガン サイドワインダーをかけるパラビッチーニさん。


エンジニアなのに、回路ら電気の話しは一切なし(^_^;)

ソフト力もあいまって、あまりに生々しい力感に曲が終わったら全員拍手。
こんな例はここだけでした。

自分の機械がレコーディングなり、カッティングなり、ダビングなりに使われたソフトをひたすらかけられました。

EARは知り合いがそこのKT90真空管を使ったアンプを使われていて何となく音質はイメージできていましたが、このプロ用のトップエンドモデルを聞いてEARの目指す音質がはっきりわかりました。

パワフル、躍動的・・・スイング♪グルーブ♪・・・ロックバンドでドラムを叩いた立場からは、演奏者からのステージイメージのまま聴けました。

EARに限りませんが、真空管だから、トランジスターだからという音質イメージをしても意味はないですね。


その前に繋がれていたのはDiapason社のAsteraという120万のスピーカー。
女性スタッフが平蔵が着ていたマドンナのTシャツを見つけてこちらをかけてくれました。

はLS3/5aとある意味対照的な明るい陽な音質はイタリアとイギリスのお国柄か。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵さん、こんばんは。
    こちらでの日記も楽しく読ませていただいております。

    パラビッチーニ氏はオーダーによるカスタマイズだけでなく、メーカーの依頼でアンプの設計をされている例が結構ありますね。
    拙宅で使用しておりましたMusical Fidelityのアンプも基本設計はパラビッチーニ氏だったと記憶しています。
    氏の関わった機器は、音楽を楽しく聴かせてくれる所が良いですね。

    デモでオープンリールを回すとかは、他社との比較をする際にはちょっとズルイ気がしますけれど(笑)

    byfuku at2017-10-05 21:02

  2. fukuさん ご無沙汰しております。

    そうなんですね。真空管のみならずトランジスターまで。

    失礼ながら見かけによらず優秀なオーディオアンプサーキットデザイナーなのですね。

    どちらかというとたとえばオーディオデザイン社ら日本のオーディオサーキットデザイナーが理論中心になるところ、彼のような音楽中心になれるあたりも、プロミュージシャンやプロサウンドの世界で評価される理由なのかと思いました。

    演奏側やレコーディング側からの音質リクエストに応えやすいのでしょうね。

    by平蔵 at2017-10-06 09:29

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする