平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

TIAS ESOTERIC LUX アキュフェーズ ヤマハ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月08日

国内メーカーを取り上げます。

ESOTERIC



こちらの目玉?はレガシーシリーズのARDEN(アーデン)、CHEVIOT(チェビオット)、EATON(イートン)としての再登場でしょうか。


この中でもアーデンを聴きました。
かつてのアーデンはよくHOで見かけます。よく売れたのでしょうかね。

柳沢功力先生が故五味康佑氏が「いぶし銀のタンノイ」は今のタンノイにはない、なぜならかつてのいぶし銀は歪みの部分だったからと。

そういう部分がなくてニュートラルであるのと、、CHEVIOT(チェビオット)、EATON(イートン)が薄型で奥行きが少なく、フロントアーデンとして前後で音質を一致させたマルチチャンネルを組みやすいと感じました。

ESOTERICスタッフによると、アンプのドライブ力は要らないから、本当はESOTERIC Grandiosoシリーズは過剰。
AVアンプでもプリメインアンプでも鳴るそうです。

Kingdom Royal Carbon Blackはすっかり同社の音調が大間知さんの時代と変わって、しなやかに鳴っていました。


LUXはフランスのフォーカル社のスピーカーの取り扱いを開始してお披露目。


数年前のTIASではどこだったかフォーカルのグランド・ユートピアという大人の背丈よりも高いスピーカーを1番狭い部屋でデモしていただめか、シャワーの水圧を最大にして身体にかけているような・・・・
音が上から降りかかるような不快なイメージのままでした。

LUXのフラグシップステレオパワーアンプをBTL接続されてモノラル使いされたものを聴きました。


LUXトーンは煌びやかとは逆のイメージがプラスしたのか、そのときのフォーカルのイメージは払拭されました。

フォーカル社はユニットまで全て自社製造。5千坪の工場兼開発事務所を持っているんだそう。


アキュフェーズ


ヤマハの新型フロア型NS-5000もアキュフェーズのフラグシップモノラルパワーアンプで鳴らされると歌いますね。

ここでは展示品の新型プリアンプのVOLを次から次と左右にグルグル回している人が続いていたのが印象的です。

高級オーディオは見た目や触り心地も重要ですね。


ヤマハブースでは同じNS-5000が同社のプリメインアンプではなく、PASS社のモノラルパワーアンプで鳴らされていました。
同社のプリメインアンプでは鳴らないことはヤマハ自身がおそらくわかっていますね。
(パワーアンプを開発中だとか)

かつてのNS-1000Mのような低音と中高音の音色やレスポンスが違うということもなくなっていました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵さん、はじめまして。

    最近オーディオ系のニュースをあまりフォローしていなかったので、TannoyのLegacyシリーズの件、知りませんでした。

    しかし、当たり前ではありますが少々見た目が違うみたいですね。多分、音質的にも昔のものを期待するとちょっと違うのかなと。。

    個人的にはイートンと同じ10インチサイズが自分の環境に適しているという意味でも好きで、今はSRM 10BやHarbethのMonitor 30を使っていますが、久し振りに試聴意欲が湧きました。

    byJoe Frazier at2017-10-08 10:20

  2. Joe Frazierさんこんにちは。
    今週は真空管オーディオフェアです。

    鳴らしやすさも相まって、一度どちらかで聴いて見てください。

    by平蔵 at2017-10-08 13:51

  3. (平蔵さん、横レスすみません)

    Joeさん、
    以下個人的印象です。エソテリックのアンプとの相性もあると思いますが、新Legacyシリーズはオリジナルのイメージをもって聴くと面食らうかもしれません。ただ、TIASではエソテリックのアンプ特有の少々ツルッとした質感や鮮やかな音色感が乗っているなぁと思ったので、アンプが変われば印象は変わるだろうとも思いました。アンプを変えての聴き比べが可能な環境でじっくり試聴されることをおすすめします。

    by柳緑花紅 at2017-10-08 21:01

  4. 柳緑花紅さん どうぞ遠慮なくされてください。

    お互いのオーディオライフにためになればいいと思っていますから。

    また書くかもしれませんが、購入したソナス・ファベール、アマティ・オマージュ・トラディションにアインシュタイン、ブルメスター コンステレーションオーディオ、アコースティックアーツの組み合わせで試聴して来ました。

    スピーカーを生かすも何もアンプ次第とあらためて強く感じました。

    by平蔵 at2017-10-09 08:08

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする