平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

TIAS YGアコースティック A&M マジコ マッキントッシュ LINN

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月09日

これまでの音質とは一新したと1番感じたのはYGアコースティックでした。



YGアコースティックは輸入元アッカのブースでクレルらと。

そうしてA&Mで同社211真空管プッシュプルアンプとのデモを聴きました。


3年前より明らかに切れるダンピングの効いた低域、音離れ、音抜けが向上した高域がもたらす緻密音調と音場に好印象でした。

スタッフに聞きましたら、ウーハーやツイーターそのもののユニットの設計を一新したとのこと。
納得です。

会場の床下配線をやりやすいように、浮き床構造にしてペラ板1枚が浮いている床はYGのようなウーハーが最下部に設置のものには圧倒的に不利で気の毒ではありました。

TAISはどちらも部屋との闘いですね(^_^;)


「マジコのM3とマッキントッシュ」






前回と違って、アンプがマッキントッシュのせいか、高解像度、ワイドレンジをことさらPRするような音質ではなく、寛ぎ系?癒やし系?の表現でした。


「LINN 」





こちらも前回よりもイメージアップした音質で好感を持ちました。

アンプ内蔵で大変シンプルにシステムが組めるのもメリットで、機器の組み合わせやケーブルあれこれといったオーディオ泥地獄に陥らなくて済むのもメリットでしょうか(^_^;)

ビートルズ、サージェントペパーズのマルチチャンネル再生も興味深く、新しい部屋が出来たら、2chシステムとは別に5.1chにも挑戦するかもしれない動機付けになりました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする