平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

自宅・音楽室 インターネット環境

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月10日

こちらでいろいろ音楽室のアドバイスをいただいている方のblogから引用です。

インターネット環境

今後も「建築記」のカテゴリでは、オーディオ・ヴィジュアルが好きな方が家を建てる時に参考になるような情報を提供していきたいと思っています。

 今日ご紹介するのは「宅内高速LAN」。最近は手軽な無線LANが普及したためか、一般家庭では有線LANの出番は少なくなってきているようですが、せっかくこれから家を建てるなら、絶対的に高速な有線LANがオススメです。

 理由はいくつもありますが、まずはこれ。ハイビジョンでのビデオ・オン・デマンドが現実のものとなりました。我が家のプロバイダーでは、このサービスそのものには対応していないようですが、おそかれ早かれ同種のものが提供されるようになるでしょう。もちろんいの一番に導入したいと思っています。できればアナログではなく、HDMIなどのデジタルインターフェースが装備されたセットトップボックスが望ましいですが。。

 上の写真は我が家のパソコンルームのコンセント。ファイバーを引き込んでいるこの部屋から、家の全ての居室、リビング、地下シアターおよび地下ラボに、Gigabit Ethernetを引いています。テレビのアンテナ線が来ているところには必ずEthernetのコネクタがあるので、どこにセットトップボックスを置きたくなっても安心。

 こういった配線は、新築時に行ってしまうと意外なほど安くできますが、竣工後ではほとんど不可能なので、これから家を建てるという方に是非オススメです。

当初無線LANで足りるかと思っていましたが、電磁波のオーディオへの悪影響の問題、距離からの安定ネット環境の不安etc

以上の記述に共感するところがあって、音楽室にはテレビ、リスニングポジションのほか、PCオーディオのためにオーディオラック側にも、そうして反対側の自転車練習場所にもLANの合計4カ所です。 ○の中に×があるのがLAN、その他コンセント位置ら
コンセントは赤丸がオーディオ専用電灯線、黒丸が一般電灯線です。

今はデジタル、アナログで分けるというよりも、PC関連のその他オーディオで分けるのがいいと考えていますので、オーディオラック側に1カ所だけ一般電灯線を引っ張ってあります。


有線電話も子機の対応でするつもりでしたが、母屋と音楽室にはそれぞれ有線で電話線を引いておきます。

屋内での自転車ローラー練習も、ネットにローラーを繋げて世界のサイクリストとバーチャルで競争する時代です。

母屋もリビングのテレビ付近や子供部屋、寝室らに壁LAN端子を設けることにしました。




こちらより抜粋引用

http://blog.livedoor.jp/bremenfx1/archives/50498555.html

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする