平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

アコースティックアーツ・アインシュタイン・ブルメスター・コンステレーションオーディオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月10日

こちらに投稿したおかげで建設中の音楽室アドバイスや、地元で現代ハイエンドを使われている方がわかったり、とても頼もしいです。

この連休は神奈川でのオフ会が2つ、秋葉原での真空管オーディオフェアに出かけたほか、上記メーカーのトップモデルか上から2番目か3番目のモデルを試聴しました。


試聴ソースはアコースティックアーツ社のノーコンプレッションシリーズCD、クラシック、エリック・クラプトン、大貫妙子・アトラクシオンから四季

それも購入したまま代理店預かりのソナス・ファベール、アマティ・オマージュ・トラディションで。

これまでアマティ・オマージュ・トラディションはブルメスターの他にはダイナミックオーディオ川又ルームでESOTERIC、JEFF ROLANDのトップモデルとの組み合わせ。

アマティではありませんが、ガルネリ・トラディションとこのセラフィーノ・トラディションは真空管アンプでは


・オクターブのセパレート、HP-700プリアンプ 170万 MRE-220(モノラル×2)パワーアンプ270万。



・KR Audio/VA880 真空管インテグレーテッド・アンプ98万円



・aurora sound PREDAプリアンプ98万円 PADAパワーアンプ899,000円


をそれぞれ聴いています。

一言感想程度ですが、オクターヴは輪郭のカッチリした強い音。
KRはかねてから真空管にイメージされる柔らかい音で、緩い?ゆったり低域。
aurora soundは中庸で、ガレージ直販ならではのC/Pの高さがありました。

現行の評価の高いスピーカーを買うということは、このように様々な組み合わせを別空間で聴くことが出来て、自分にとってのゴールデンコンビを探すことに有利なことでしょうか。


さてその真空管アンプ系統の延長としてドイツ、アインシュタイン社から

入り口のCDプレーヤーはアコースティック・アーツのDRIVE II 143万円。


写真アップ数の限界を超えましたので、続きます。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする