平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

現代スピーカーのエンクロージャー構造

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月11日

音楽室の壁天井構造が明日決まります。

その上で現代ハイエンドスピーカーの各社の箱(エンクロージャー)構造は参考になろうと調べました。

ソナス・ファベール、アマティ・オマージュ・トラディション





ルーメンホワイト





マジコ M3




B&W 800D3




何となく共通したところが見て取れるような気がしますがいかがでしょうか?

ユニット(特にウーハーユニット)の背圧対策が上記。

ウーハーユニットの放射圧に対して部屋をエンクロージャー構造のような筐体発想をすると、容積がはんぱないだけにどうすべきか・・・

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする