平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

極道オーディオ邸 アバンギャルドその2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月16日

一つ前から続きます。

アバンギャルドは輸入元のESOTERICでのTIASのデモ、


寺島靖国先生宅


そうして先日の北海道旅行の北の風リゾートホテルロビーでは調整までしてきた。


そのどことも違う、バーサタイルで耳に刺さることもなければ穏やかに鳴っていた。
これは極道先生によると、オリジナルツイーターは刺激的な音が出て好まないから切ってあると。

特にバスホーンらは耳を近づけても痛くなることはない。
アバンギャルドの本質はこの面で出してくる音圧と思う。

平面スピーカーと似た面で出す音でありながら、エナジーは当然平面スピーカーの比ではない。



吉田美和が声というより、ボディーを伴って前に出現。
演奏は背後に展開する能力は現代スピーカーのベスト使いだからで、スピーカーを壁際設置して間にオーディオラックや、ヴィンテージホーンを単にタイムアライメントを揃えたら出るものではないのは各所で経験済み。

エリック・クラプトンのバラード集


あの著名な指揮者ケンプの親族のクラシックピアノ


ロックでも何でも鳴ります。


次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする