平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

音楽室の壁材選択資料

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月17日

サーロジック社の村田社長さんも、東京町田のオーディオメーカー、商社のドルフィンさんも壁材内側の材質はできるだけ硬度が高いことを要求されました。

うちのようなハイエンドスピーカーと部屋の筐体構造の考え方は同じ。
いずれもスピーカー放射圧に負けない剛性強度を上げて箱を鳴かさない考えですと、壁材に求められるのは響きの良さではないようです。

壁材にできるだけ吸音させず、素直に反射させる=堅い木材ら

当初設計図にあったシナ合板ですと、木材として柔らかく、吸音してしまうそうです。

そこで設計士さんが壁材の材質の硬度、コストをリストアップいただけました。

皆様の音楽室の新築、リフォームの参考資料にもなりそうなのでアップします。





他にブルースブラザーズさんが昨日アップされていたこちらの壁材も良さそうですので候補に入れました。

https://www.muku-flooring.com/3teakwulnutwallpanel-3Dtype/

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵 さん、今晩は、

    音楽室作りも佳境に入って来たようですね。
    オーディオ製品と違って住居建物は、簡単に入換える訳には行かないので、どうしても慎重になりますね。
    この3Dタイプのウォールパネルも設置して見ないと、何とも言えませんが、ケセラセラです。
    メープルのようなもっと明るい色調があれば、選択肢も広がるのですが。

    BBより

    byブルースブラザース at2017-10-17 23:13

  2. ブルースブラザースさん おはようございます。

    すでに届いている米松合板のほか、3D壁材もサンプルの手配をしました。

    その他木材は日々価格が変動していますので、コストも踏まえていくつかサンプルを入手します。

    それらを実際にサーロジック社に持ち込み、共振等実験して決めたいと思います。

    by平蔵 at2017-10-18 09:32

  3. ブルースブラザースさん 3Dパネルのサンプルが届きましたので、本日のの日記に写真をアップしました。

    by平蔵 at2017-10-19 15:58

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする