平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

音楽室 壁材コスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月24日

音楽室の壁は以前書いたとおり、響かせるのではなく、マトリクス構造にして押さえ込んで響かせない。


表面が出来るだけ堅い木にして綺麗に音を反射させるコンセプトです。

前回の壁の木材別の比重表です。


比重が大きいほど=重い=堅い

では心配なコストですが意外でした。

当初使用予定のシナ合板と堅い木で有名な南米紫檀、ブビンガもそう変わりません。

これならチーク3Dのこれかこのあたりで決まりそうです。

サーロジック社の指示を仰いで、サンプル取得が必要ならそれぞれ入手して、同社に持ち込んで振動特性ら実測して確定しそうです。

PS
サーロジック社によると、3D壁材を全面に使ってしまうと、後から反射コントロールがしにくくなるのでお勧め出来ないとのことでした。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする