平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

日記

ダイナミックオーディオマラソン試聴会 B&W v.s AVALON

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月01日

この比較試聴でB&WとAVALONのスピーカーの違い、AVALONどおしの新旧の違いがよく体感できたことです。

ダイヤモンドツイーター搭載が両社の共通ながら、表現は違うものでした。

B&W803D3(430万) v.s AVLON Diamond(580万)



B&W800D(450万) v.s AVALON indra Diamond(468万)



輪郭線を伴って、はっきり音像を空間に置いていくB&Wd3と輪郭線なく色を前面に出して表現するAVALON Diamond

Diamondに比べると、やや音像の描き方が積極的なAVLON indra Diamond。

デモで、AVLONの中でもDiamondは独特な表現だから残しておこうとロングセラーになっているとの説明がよくわかりました。

モニター由来のB&Wなら、音像の隈取りしっかりの方が現場での仕事がしやすいし、アバロンはふんわり空間で聴かせるのを主目的としているといいますか。

録音自体が隈取り濃いブルーノートら往年のジャズが今ひとつAVLON Diamondとの相性が悪いのも、そもそも双方の目指す音表現が違う以上仕方ないと改めて感じました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 私は、28日の前半だけ参加しました。
    TAD-ME1に興味がありましたが、印象に残ったのは、B&Wを鳴らしたコンステレーションのアンプです。
    経済力と、大きなオーディオルームが欲しいです。

    byレネゲイド at2017-11-02 16:56

  2. レネゲイドさん おはようございます。

    また書きますが、例えばマジコM6クラスになると、部屋の広さのみならず、床、壁、天井らもスピーカー筐体と同じ発想で剛性を上げていかないと、音圧に部屋筐体が負けて、ブーミングが発生してしまいますね。

    あの会場自体が負けていました。
    コンステレーションはパワーアンプですと真ん中から上の500万以上出さないときちんとした制動が得られないのが弱点と聞きました。

    by平蔵 at2017-11-03 08:43

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする