平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

日記

サーロジック社 音響パネルの開発過程

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月13日


写真は昨日の中部電力立会のマイ電柱の建柱場所の特定出来ました。
のちの音響パネルらのサーロジック社村田社長、出水電器島元社長、設計士さん、施工建設会社責任者の方と部屋の筐体構造とオーディオ用電気配線の現場打ち合わせでした。

プロ通しの会話を頼もしく聴きながら、施主からの意見もでした。

音響ボードのサーロジック社の開発ルームを訪ねることが出来ました。

公式サイトにもないかもしれない、興味深い、音響パネルの試作製造過程を見ることが出来ました。

これは開発中の音響パネルの試作品です。納品完成商品は仕上げをよくされるそうです。
アンプの試作あれこれのバラック品みたいなものでしょうか。


とあるマスタリング&レコーディング音響スタジオからの依頼で、測定すると80 Hzあたりに強いブーミングが発生して、ソフト製作に支障が出来ているので対策と。

そこでこの80 Hz周辺部だけを吸音するパネルを特注仕様で作られています。
3日ほとんど寝ないで開発しているとか。

電気的イコライザーで80Hzを減らしても、ブーミングがなくなるわけではありません。

癌になったとして、痛いからと鎮痛剤で済ますのが電気的補正とすると、かような吸音でのアコースティックそのものの補正は、癌細胞をのものを取り除く根治療法のようです。

アキュフェーズ社の最新グラフィックイコライザーでも、前モデルのマイク自動フラット調整では、スピーカーの個性まで殺した不自然な音になってしまったと、ナチュラル補正の控え目な調整になりましたね。

電気補正とアコースティック領域からのサーロジック社のルームチューンは全く別個のものですね。

開発方法は試作してはこの500 Hzあたりまでのスピーカーからホワイトノイズを鳴らしてこの前に上記音響パネルを置きます。

そうして音響パネル裏に穴を開けて、マイク?振動ピックアップを取り付けて吸音?特性を測定します。


これがその測定された各種試作パネルの吸音特性です。



最後のパネル測定ではまさに80Hzの吸音特性に迫る直前で、この後完成されたそうです。

今回訪れた主目的はこの音楽室に用いる予定のブビンガ材を表面とした内壁材サンプルの音響性能を測定して決めることでした。



こうした合板をベースにして前壁らの高剛性壁部分、ミッドバス吸音部分(左右壁の一部)、ローバス吸音部分(天井と後壁)の性能差を出す内壁作りです。

必要に応じて石膏ボードや他の合板ら別部材とこのような接合合板が上記測定で作られます。



残念ながら合板のブビンガ部分は0.3mmしかなく、中高域以上を吸音する合板の多くを占める裏材のラワン材の特性だったそうです。
表材が3mmある村田さん推奨の松系合板に変更しました。
こんなことはエンドユーザーや通常の建築会社ではわからないと思います。

予め作れないのは、部屋が出来て仮壁にしておいて、部屋の残響特性を測定したり、耳で聴いてどこをさらにどうしたいのか決まらないと、それに合わせた最適壁複合材が作れないからです。

うちのような新築やリフォームなら、音響パネルはないか最小で、これらの効果を音響壁で出来てしまうことが少なくないのが美観上のメリットですね。

ここは音楽室が完成して引き渡されてから、相応の時間をかけてやっていかなければいけない部分で納得しています。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵さん

    おはようございます。小型のアンプとスピーカーを持ち込んで、各工程ごとの残響時間を定点観測するとルームアコースティックの経験値が上がりそうですね。

    bymyu at2017-11-14 09:31

  2. myuさん おはようございます。

    まさしく前壁らは完成させますが、左右の一部と後壁は調整部分になるそうです。

    天井部分での低音吸音の足りない部分があれば後壁に。

    ミッドバスの吸音に問題があれば左右壁を調整して行うそうです。

    出水電器の島元社長さんも伊豆の別荘に同じくらいの部屋を誂えるそうで、うちの部屋の仕上がりにも興味津々でした。
    ps
    島元社長もサーロジック社の村田社長も加入している伊豆オーディオの会への入会が認められて、新年会に参加予定です。
    myuさんはこの会ご存知ですか?

    by平蔵 at2017-11-14 10:23

  3. 平蔵さん

    伊豆オーディオの会の新年会には数年前に一度参加したことがあります。

    私は参加する予定はありませんが、平蔵さんが電車で来られるようでしたら修善寺辺りまではお迎えに行きますので、是非我が家にも遊びに来て下さい。もちろん、お泊りも歓迎ですよ。

    bymyu at2017-11-14 19:54

  4. myuさん おはようございます。

    今年の伊豆オーディオの会は1/20.21だそうです。場所も正確にわかっていませんが、前日入りか、22日の月曜日居残りにしてmyuさん邸にお邪魔したいです。

    調整しますので、少々お待ちください。

    by平蔵 at2017-11-15 08:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする