平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日記

音楽室、解体(>_<) 再築造

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月08日

サーロジック社村田社長から、音楽室の筐体設計が強度が全く不足とダメだしされ。

9月の途中で工事がストップしたままの音楽室。

ようやく工事再開です。

せっかく貼られた外壁下地材。





が全て取り払われました。



外には足場が再び組まれました。


母屋の外装はほぼ仕上がっています。FMアンテナ、TVアンテナも取り付けられました。

建築会社の監督責任者のSさんによると、長年住宅工事に携わってきたが、FMアンテナを立てた例は平蔵宅だけだそうです(^_^;)。


棟梁一人では柱、天井、床らのB&W社800シリーズマトリクス構造類似化工事が出来ないそうです。
大工が急遽2名追加され、都合3名での工事となります。


柱を4寸から12寸へ変更されます。ここまで太い柱材はないのでいわゆる8寸厚の構造材が付け足されます。

間柱をさらに入れて、これを8寸。

天井の梁も倍に増やし、通常設けない縦梁も追加。
左右前後の壁を梁で全て連結して、部屋の筐体強度を上げます。

床、柱らへのシロアリ防止処理もされました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする