平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日記

リスニングポジション位置での伝送周波数特性は本当か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月11日

今はアプリでスマホで音響周波数特性を測定出来る便利な時代になりました。

ときどき、このスピーカーでこんな20 Hz~50 Hzらまで平坦に伸びているわけがないだろうにという計測結果を拝見します。

この日記に関連して、サーロジック社さんが手がけられたこのドイツのヴィンテージスピーカーの計測結果にもあるように、伸びているのではなく、壁や天井の共振音を測定しているだけの例も少なくないと見ています。
http://community.phileweb.com/mypage/entry/1966/20171115/57635/

スピーカー軸状25cmとリスポジ位置の計測結果を見れば明らかです。

http://www.salogic.com/home-select.files/home-196.htm

いわゆるこれが部屋のブーミングの正体ですね。

「オーディオ趣味に広い部屋があっていいですね。!」なんて褒め言葉。

スピーカーボックスと同じく、大きければ大きいほど剛性が取りにくくなって、箱鳴り、部屋鳴りが酷くなって、音が濁る。

同じシリーズのスピーカーで小型2ウェイ~天井ほどの複数ウーハーのトールボーイシリーズで、小型2ウェイが一番モニターしやすいなんて例もよく聴きます。

狭い部屋で幸いしたということも少なくないと見ています。

部屋を広くするということは広さの倍の倍、建設コストがかかるような気がします。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする