平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日記

元旦はオーディオオフ会

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月02日

明けましておめでとうございます。

年末年始はお伊勢詣り、高野山宿坊でしっかり参詣ののちは、元旦の昨日は大阪で3回目の自作派オーディオ仲間宅でのオフ会でした。

スピーカー~DAC~アンプ~部屋まで自作です。




影響多大だったとされるエソテリックのVRDSメカトランスポート、sic-mosFETに交換されたDACは2年前と違って、明らかに空気感、静寂性、音数らの向上に寄与していました。

sicmosFETはパワーアンプ出力素子にまで拡大利用。





この2年間でDACの中身は3度交換されたとか。
デジタル分野は発展性からはやはりトランスポートとDACの分離はこうして便利ですね。

デジタルオンリーで5台のDAC使いこなし。
ファインメットライントランスのDACだけは大人しすぎてどうかと感じましたが、その他はハイエンドレベルはさすがです。

この上となると、ダイナミックオーディオ6FのMARTIN、7Fのヒロ・アコースティック、アコースティックリバイブ社長石黒邸、AVALON Diamond&ビオラ・ブラボーらになってしまいそうです。
電源はデジタル、アナログらをノイズカットアイソレーショントランスにて分離。

大阪市淀川区の住宅密集地だけに電源ノイズ対策は不可欠のようでした。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする