平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日記

アコースティックリバイブ社社長、石黒邸 AVALONシステム

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月11日

専用オーディオルーム、ルームチューン、マイ電柱らをおやりの石黒社長邸。

自分も大変参考になりましたし、今後ルームチューンから使いこなしに至るまで参考になる例と思うのが、求めやすいミッド、ハイのみならず、電源クオリティー、アース、ルーム音響まで影響するローエンドまでの解像度は知る限りトップクラスだったからです。

今回はメールでのやり取り、松本オーディオアクセサリーフェアで初対面ののち、様々なアドバイスをいただく中で、「平蔵さんがおやりのオーディオルーム建設は業界も注目していて、松本オーディオアクセサリーフェアに集まったメーカーの人のほとんどが知っておられた。」

「もし先に手がけた我が家で参考になることがあれば」とお誘いいただいて実現した今回のオフ会でした。しかも石黒社長がお認めになっている群馬県内のオーディオエンスー2名をさらに訪問という勉強になるものでした。

さて石黒邸の外ですが、マイ電柱を設けられて、そこから極太線で建物に引かれています。





分電盤もこのように一般電灯線とオーディオ用は別というのもセオリーどおりでした。

水晶やトルマリン石と思われるものも設置され、独自の電源チューンの秘訣がありそうです。

メインシステム。


SP AVALON DIAMOND とビオラ・ブラボー。

「デジタル系」

写真掲載枚数を超えそうなので次日記に続きます。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする