平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日記

PCオーディオの高音質化

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月12日

表題で他人さまにレクチャーできるほどのものは持ち合わせていません。

逆に言えば、誰でも出来るレベルというものです(^_^;)。。

自分ではPC内部のハード、ソフトそのものを弄って音質アップさせるほどのスキルはありません。

その1
ソフトがWindows以外は全く入っていないPCを買ってくる。安いですし。


自分の場合はたまたまノートPCにコーヒーを垂らしてしまって、修理で基板~HDD交換で一新された機会を好機としました。


その2
ダウンロードソフトは最小限。自分の場合は音楽再生取り込みソフト、SONY Music Center for PCとESOTERIC HR Audio Playerのみです。
ウィルスソフトすら入れていません。

3年以上前の10万円未満のノートPCでありながら立ち上がりはあっという間です。


その3
音楽データは内臓HDDは使わず、全て外付けHDDに。
バックアップも別外付けHDDに。
内蔵HDDはがら空きです。

その4
USBコンディショナー、USBアイソレーターは不可欠。
( nightwish_daisuki さんの自作品)


空いたUSB端子に挿してノイズカットするパスコンのUSBコンディショナー。

医療、産業でのデータ通信での過誤を防止するために開発されたトランス電磁伝送素子を使っているUSBアイソレーター。

PC内からのノイズカット、USB-DAC内へのPCノイズ素子から極めて有効です。


その5
二股USBケーブル USB-1.0SP-TripleCの採用。


このアコースティックリバイブ特許のPCからのUSB端子、内部4端子から電源部と信号をケーブル毎分けてしまおうという発想のUSBケーブルは拙宅ではもっとも大事な部分とさえ感じています。

ヤフオクで、同じ方式の自作品も買ってみて試したのですが、そのころ使っていた電源、信号伝送一体型のゾノトーンの下位USBケーブルとでは音質的有意差が出ませんでした。

方式のみならず、ケーブル材質や構造も大事なようです。

この二股ケーブルの電源部分はPCに繋がず、カーバッテリーからUSBアイソレーターのDDコンバーターでDC5Vにして、USB-DACのレシーバー電源に供給しています。

これでかなりノイズカット出来ているようで、今やメインのデジタル再生はこのPCでです。


その6
インシュレーター(オーディオボード)は不可欠。


PC自体相当振動しますし、外部振動にも弱く、その振動対策は有効でした。
NHK FMも軽音楽~クラシックまで週間予約して自宅やWALKMANに転送させて楽しんでいます。

これもメモリーレコーダーで行っていますので、自宅での再生はPCのHDDに転送させたもので便利です。

PCオーディオの一番便利なのは、かかっている曲の演奏者、シンガー、題名などが逐一表示されるところでしょうか。

PCとは別にディスプレイを設置して、面前にPC画面と同じ画面が出るようにしています。

PCは連続再生が当たり前。
プレイリストを作っては、一定枚数を連続再生しています。
演奏者別であったり、同じ曲目を別演奏で比較してみたり・・・

また、棚奥に眠っていたり、長年存在を忘れていたり、聞き忘れていたCDらをPCで再聴取できているのもとても便利です。
5千枚以上がHDDに取り込まれているので、全部聴くのに1年でも足りません(^_^;)。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. linux+HQplayerの音の良さを知ってからはディスクレスに移行しつつあります。1万枚あるCD、LPを少しづつ取り込んでいますが、終わる頃まで生きているかどうか・・^^;

    bypharoah at2018-01-12 15:02

  2. こんにちは。

    今年のPCオーディオの台風の目は新規立ち上げの、「Asoyajiオーディオ」での、プロセスカット済みミニPCと予想しています。

    こちらです。

    http://asoyaji.blogspot.jp/2018/01/blog-post.html

    http://asoyaji.blogspot.jp/2018/01/blog-post_10.html
    >上記構成要素の中で、最も音質に関係があるのがレンダラーだ。負荷が小さいのでminiPC
    等で十分で、これだけでも十分に音がいいのだが、WindowsのプロセスをカットしOSを極限まで搾り上げると、音質が激変(向上)する。この変化は驚くばかりで、プロセスカットこそがPCオーディオ音質向上の最大の解であることは間違いない。今後、プロセスカットは、PCオーディオにとって革命的な発見となるだろう。

    ただしプロセスカットは非常に危険なので、AsoyajiAudioでプロセス化とした究極のレンダラーPCを安価に提供すべく現在開発中だ。乞うご期待!

    byYongJoon at2018-01-12 15:38

  3. こんばんは。
    特別なことがお好きな方々はいろいろ楽しまれればいいと思います。

    あくまでも普通にPCで、使いやすいメジャーソフトで、誰もが楽しめることがコンセプトです。

    by平蔵 at2018-01-12 21:11

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする