平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

日記

音楽室 低音吸音壁工事スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月29日

拙宅の新音楽室の唯一の吸音壁部分は低域部分の吸音だけあることはすでにリポートしたとおりです。

どの部屋もサーロジック社によると概ね残響周波数特性はこのようだそうです。

この青線ですと、低音楽器の質感がブーミング(共振)で曖昧に・・・
元ドラマーの自分からはバスドラムのヘッドの質感、ベースのチューニングらの様子をブーミングらなくタイトに再生できるかは大きなテーマです。

中高域は放っておいても、壁~カーテン、調度品らが吸音で後からいかようにも調整できますね。

サーロジック社村田さんによると、多く用いられる柔らかな針葉樹壁やラワンら南洋の木材すらも高域を吸い取ってしまうそうです。

ところが低域の吸音は困難で、共鳴管や瓶のようなものを用いても、特定周波数しか吸音できないとされます。

新音楽室では後壁と天井をワイドレンジな低音吸音部分としました。

迷路板。

単純に角材を間隔開けて設置ですと、低音の吸音もするほかに、中高域まで吸音してしまうことの防止が主眼です。
また梁や柱の強度が低くても低域振動を出さない構造で、天井材単体が軽量化されるので施工の安全性も向上するそう。

MATRIX-401を後壁の梁上部に設置完了しました。






特性測定のために、20Hzフラットのサブウーハーが持ち込まれました。


残響特性は村田さんによるとベストになりそうです。

残りの後壁と天井はGW明けです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 完成までの道のりはまだ長そうですが、
    今年中には完成するのでしょうか。
    いい仕上がりになることを願っています。

    byHermitage at2018-04-29 13:13

  2. Hermitageさん ありがとうございます。

    まさに2年がかりです。5月には引き渡し予定なのですが・・・


    PS コンセントなんかはそのものは決まっていますが、プレート未定。

    低音吸音も事後に迷路板の間隔調整でやっていく予定です。

    オーディオ、やることだらけです(^_^;)

    by平蔵 at2018-04-29 13:24

  3. 平蔵さん こんにちは カイザーサウンドの社長が音楽は部屋とスピーカーと音源だといっていました。ルームチューニングは大事です。今後も頑張ってください。また私がメールをしたところ機器は愛情をかけるだけそれにこたえてくれるともおっしゃっていました。

    byELVIS at2018-04-29 18:16

  4. yELVISさん こんばんは。

    >カイザーサウンドの社長が音楽は部屋とスピーカーと音源だといっていました。

    肝に銘じます。

    今の音楽室と比較すると、現在が中高音を吸いまくって相当デッドということが手を叩いたり、自分で声を発したりでよくわかります。

    この吸音壁の板と板の間隔調整で事後の調整もしていく予定です。

    またお気づきの点があればご指摘くださいませ。

    by平蔵 at2018-04-29 18:19

  5. 平蔵さん
    今晩は!

    いよいよ佳境に入ってきましたね。

    オーディオは環境の占める支配力がとても高く、村田さんのサポートが得られた部屋の出来栄えが楽しみです。
    お持ちの機器類もついに底力を発揮できる環境が整うかと思えばこそ、ワクワクする気持ちも盛り上がりますね!

    それにしても、天井...これは良さそうだなあ...
    羨ましいな...

    お部屋作りは本当にワクワクしますね!

    では、では

    byバズケロ at2018-04-29 23:28

  6. バズケロさん こんにちは。

    この迷路板はアイデアもいいですし、天井や柱強度が取れない場合にもブーミングを起こしにくい壁や天井になるそうです。

    板ではなく、棒?のようなものなので共振しにくいのですね。

    壁板ではなく、角材様のもので壁を作って成功させていたお宅もありました。

    床も同様に板にするのか角材を組み合わせるかで鳴りにくいものになっていました。

    by平蔵 at2018-04-30 10:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする