平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日記

音楽室の床にALC板工法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月11日

音楽室はまだまだ建造中で、フローリング床には傷防止の養生がされています。

high speedさんへの日記レスの文字だけではわかりにくいので、一歩早く音楽室の床構造を日記にしてしまいます。

床下については「地中梁工法」という地下岩盤層までのパイル、その上に地中梁が施されたことは過去の日記のとおりです。
http://community.phileweb.com/mypage/entry/1966/20170919/57009/

そのコンクリート層の上に根田が組まれて、間に断熱材が入っています。


根田とALC板は多数の木ネジで緊結しています。

その上に上の写真のとおりのALC床材が敷かれています。軽量コンクリートの部材です。

これはこちらでアドバイスいただいて、長年でも上のラック、スピーカー、ピアノらの重量物が乗ったままでも床が変形せず、4点設置が維持されますよ!とのアドバイスから採用させていただきました。

奥の人との対比で1枚の大きさがわかると思います。
ALC1枚は一人では運べないほど重いものでした。


この重量も床剛性、変形防止のみならず、音質の向上に寄与してくれればいいのですが・・・

こんな風に床全体にALC床材が敷かれました。



うちの床全体は左右壁が3度づつの傾斜の台形なので、隅は斜めになって施行がやや面倒です。

それでもALC床材の設置は一部斜めに切断も含めて3,4人の工事人で1日で終わりました。

以下はhigh speedさんが書かれていたALC床材とフローリング床との緊結、密着についてです。

この軽量コンクリートの上にコンパネ材が敷かれました。


コンパネ材とALCとは多数の木ねじで緊結されています。


なお根田もコンクリート層の上に置くだけではなく、大量の木ねじで根田とコンクリート層を緊結させて根田が浮かないようになっています。

コーナーのホーンスピーカーを置く予定の部分だけにはコンパネもフローリングもなく、ALC板を剥き出しとしています。

その上にクオーツサンドら砂を入れて、上に板を置いてその上にホーンスピーカー設置予定です。

コンパネ材の上にフローリング床材が敷かれて床は完成しました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おはようございます。
    写真で見ると分かりやすいですね。

    うちの二階の防音床はコンパネの上にALC、フローリングとALC接着ですが、平蔵さんはALCの上にコンパネ置かれたのですね。どういう理由か興味あります。

    うちは1995年建築でもう20年以上前ですが、スピーカーもラックも4点設置で全くガタつき無いです。ALC板の接合部をパテ埋めしての防音で、防音性能の劣化も感じないです。耐久性も優れた材料でした。

    フローリング木材と異なる素材組み合わせになるので、共振防止にもなると思います、比較は出来ませんが。

    無線LANの電波が通りにくいのですが 新築だとなんとでもなりますね。

    byYongJoon at2018-05-11 06:42

  2. 平蔵さん おはようございます。

    こうすればOK、のお手本のような床構造ですね。必要十分な強度があり、音も鉄筋コンクリート直床より良いと想像します。

    フローリングの上に36mm厚のALC板をしきつめ、ネジ止めし、その上にコンパネを貼りネジ止めし、再度フローリングか絨毯などの仕上げ材を施す、という壮大なリフォーム計画が浮かびました。やるやらないは別として、ここまでして頂いたのだから見積もりくらいは取りたいと思います。(我が家を建てた業者さん、こんな見積もり依頼来たら引くだろうなぁ…)

    byhigh speed at2018-05-11 09:03

  3. YongJoonさん こんばんは。

    アドバイス&その後のレポートありがとうございます。

    こちらで計画を披露してホントよかったです。

    LANは音楽室に都合4箇所から有線LANを敷きました。カテゴリー7でやればよかったのですが、6ではあります。

    by平蔵 at2018-05-11 21:30

  4. high speedさん こんばんは。

    予算はこれで片手+です。

    正直、想像ではいわゆるどぶ板蓋程度を想像していましたら、さらにしっかりしたもので驚きました。
    その分床が上がっています。

    YongJoonさんのとおり、強度、剛性、遮音も全て取れるということからは2Fの床にこそぴったりかと思いました。

    by平蔵 at2018-05-11 21:32

  5. YongJoonさん

    >ALCの上にコンパネ置かれたのですね。どういう理由か興味あります。

    ALC計画の前からこの方法が予定されていたことと、大量の木ねじでALCと板を緊結させる一方、見栄えからはフローリングの下層に別の板層が必要だったことと、異なる部材でのダンプ効果からです。

    by平蔵 at2018-05-11 21:36

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする