平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
コプラーレのラックに収まった機器です。 スピーカーは一部ですが、ホーンのあるのがWE-JBLらのシステム 真ん中が試聴会で使った戦前の独逸クラングフィルムの劇場用励磁型2ウェイ その他左に…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日記

音楽室 固有共振周波数らさらに詳細測定

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月16日

SEの方が趣味?で組んだPC音響ソフトはさらに音楽室の音響を丸裸にしてくれました。
グラフ中に解説がありますので、ご興味ある項目については拡大してお読みください。





基本思想はサーロジック社が推奨される徹底したライブ化です

この部屋の設計コンセプトは徹底したライブ化です。木造壁のオーディオルームの場合、全ての壁面を反射性にしたとしても、最適残響時間を超えてライブになる可能性がないからです。

長い残響時間を確保することがクラシック系のホールでは最優先の課題、しかし上田市周辺のコンサートホールでこの難題をクリアできているところはありません。オーディオルームと比較したら二桁も三桁も多いコストをかけているにも関わらずです。

クラシックのホールなのに残響音不足に設計施工してしまう原因は響き過ぎによる失敗を恐れるからでしょうか? または多目的化の誘惑でしょうか?

オーディオルームの場合、可能な限りライブにするとは言いつつも、残響時間の周波数特性には厳格なルールがあります。ミッドバス(125~250Hz)帯域の残響時間を一番短くする。100Hz以下の残響時間を急激に長くする。の二つです。

高域の残響時間も緩やかに上昇させたいのですが、ソファーがあったり、足元にマットがあったりなどが影響して、5kHz以上が上昇を続ける部屋は皆無です。高音域の残響音は高音域の拡散反射音で補います。
http://salogic.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-570d.html

結構ライブでありますが、ラジカセで鳴らした限り、後方までボーカルやベース音階も明瞭に聞き取れました。



部屋自体の共振周波数は可聴帯域外の20Hz







使われたスピーカー(ウーハーボックス)の固有周波数特性


加銅鉄平著内の理想的残響特性

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵 さん

    初めまして

    低音デッドの説明成程と感心しました
    こちら部屋の音の振る舞いが手ごわく苦労しています
    皆さんのブログの体験を参考に感にたよった調整を
    してますが先がながそうです

    以前サーロジックのMさんにはお世話になり
    2度ほど伺っていろいろお話をお聞きし勉強させて
    いただきました

    ルームチューンでもお越しいただき激変した覚えがあります。

    完成した折には聴かせて頂きたいですね。

    byいなかのクラング at2018-06-16 12:38

  2. いなかのクラングさん

    こんばんは。

    PC音響ソフトの開発によって、アナログ時代には出来なかった音響のふるまいも様々に目で見えるようになっていて驚きました。

    このソフト開発の方の本業は別ですが、PC1台で、チャンデバ、イコライザー、位相、タイムアライメント補正、プリアンプ機能まで持たせたソフトも開発されています。

    PCとパワーアンプだけでマルチアンプと自作スピーカーで完全電気補正までしてコントロール出来る時代にも驚きました。

    by平蔵 at2018-06-16 19:45

  3. 平蔵さん、こんばんは。
    音楽室の完成が楽しみですね。音楽室が完成したら是非聴いてみたい、測定してみたい!

    ところで今回の測定をした方とコンタクト取れないでしょうか?
    私も低レベルながら自作ソフトで測定・チャンデバ・イコライザ・タイムアライメント補正などをやっているので
    可能ならばお話をうかがってみたいです。

    byassi at2018-06-16 22:10

  4. assiさん、おはようございます。

    測定しながら調整するとより正確さが増しますね。

    測定はサーロジック社のお仲間の方です。サーロジック社村田社長に連絡を取られてみてくださいませ。

    by平蔵 at2018-06-17 09:25

  5. 平蔵さん、おはようございます。

    サーロジック関係の方でしたか。純粋なアマチュアの方でしたらお話をうががってノウハウ共有(一方的に教わるだけ?)と思いましたが...
    さすがに「買わないけど教えて」になってしまうので、遠慮しておきます。

    byassi at2018-06-17 10:17

  6. assiさん こんばんは。

    その方はアマチュアなのですが、いずれこのソフトの販売もお考えだそうです。

    いずれにしても村田さんにご紹介いただいて、村田さん関係でお連れいただいた関係で、当方からダイレクトに連絡は難しいです。

    お役に立てずすみません。

    by平蔵 at2018-06-18 18:39

  7. こちらこそ勝手なお願いをして申し訳ありませんでした。
    音楽室完成後に機会があったら聴かせてください。

    byassi at2018-06-19 20:14

  8. assiさん こんばんは。

    来週はマイ電柱の工事。おそらく7月中にようやく機材の搬入が始まります。

    8月から実質音出し。セッティング~調整にはさらにどのくらいかかるのか・・・

    いずれにしても、こちらに設計~施工過程を投稿させていただいて、とても有益なサジェスチョンをいただけました。

    その後の状況日記も良くも悪くも御礼とこれからリフォームなり新築なりされる方々への参考になればと思っています。

    by平蔵 at2018-06-22 20:32

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする