平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

日記

マイアース(1 )二色の照明

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月19日

今晩はホーンスピーカーで60sオールディーズなぞをシングルアンプで聴いています。
年代からも古い設計のスピーカーとピッタリの相性ですね♪



マイアースの活用も少しづつまとめてみます。

3Pコンセントのアース部分が機器の筐体アースに繋がっていればいいのですが、うちの国産機器や自作アンプのほとんどは繋がっていません。

エソテリックによると、EU輸出品はコンセントアースに機器筐体を繋げている。
ただこれは音質からではなく、あちらの電気安全法令からだそう。

メーカーとすれば、コントロールできないアースのクオリティーが低いのに繋がれてはたまらないとか、アースループを作って、これが巨大アンテナとなって、ノイズをかえって拾うことを恐れたと思います。

接地抵抗が大きく、ノイズが地中に流れにくい、かえってアース線がアンテナとなってノイズを拾ったことはアマチュア無線時代の苦い思い出です。


Accuphaseら日本メーカーのすくなからずもそうではなかったかと。

せっかくのマイアースがオーディオ機器に繋がっていないことになりますね。

そこでうちでは、ただアース線を音楽室に引き込んだだけで、壁コンセントにはアースは繋がっていません。

上流から順次試します。

最上流は電源ノイズクリーナーの
iPurifier AC

そのままでは壁コンセントはノンアースの赤ランプ

マイアース線をこのアース端子穴に。

アース接続のグリーン表示に直ちに変わります。

音はオールディーズでもわかる演奏相互の見通しが良くなりました。スタジオのエアー感がより聴こえます。

ここへはまずは成功です。

番外(オーディオ照明)

LEDシーリングライトは三ケ所に付けました。

それぞれオンオフ出来るほか、スマホで明るさ調整と色調整が出来ます。

気に入っている、白熱電球色


ワンタッチで白色になります。



ホーンツイーターにインシュレーター。


遊んでいた今はなき、ドイツ、コプラーレ社のインシュレーターです。

高さ調整出来ますし、底の革、中の金属ボールら、上の珊瑚で振動遮断効果は相当高いです。

最近驚いたスピーカー。
日本には輸入されていない、あのマジコ社のホーンスピーカーです。


箱がないですね。日本円でざっと1億円だそうです。
古城の応接間くらいは広くないとでしょうか

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 昨今のLEDだいぶお手頃になりましたね。\(^o^)/
    平蔵さん、今晩は、
    私も白熱球からLED球に換えて雰囲気を楽しんでいます。

    私の家の壁コンセントもアース線がありません。
    リフォーム時、引くなと断りました。

    マジコ社のスピーカー見たことがあります。
    実物じゃありませんよ。テレビの映像。
    金色に塗られてピカピカでした。
    確か3億。
    アラブ首長国連邦の王様だったかな?

    BBより(=^・^=

    byブルースブラザース at2018-12-19 21:52

  2. BBさん

    こんばんは。

    アースは壁コンセントでは意味がなかったり、アースループの元にもなりかねませんね。

    漏電アースとノイズを流すアースはあくまで別ですね。

    あのマジコの3億円ですか(*_*)
    ホーンにも驚けば、石油王のような宮殿レベルでこそ本領でしょうね。聴いてみたいですね。

    by平蔵 at2018-12-19 22:10

  3. 平蔵さんおはようございます
    私は全ての機器からアースをとっていますが壁コンセントからのアースは取っていません。
    スイッチオンでスピーカーに耳を近づけ聞いてもス―と微かに聞こえるほどです。機器からのアース効果は言わずもがなです。

    以前新築された東京のホールのステージ照明が寒々していたので、以来LED嫌いになってしまいました。
    私のホールは全て白熱電球ですがその温かい光が好きです。
    調光すれば消費電力、寿命ともさほど問題はありませんよ。
    2つのシャンデリアで30個の60ワット電球を使用していますが球切れは30年間で1個のみです。
    勿論LEDの改良を望みますが・・・

    リスニングルームが素晴らしいですね! ステージ側の天井の高さ、形状も良いですね~
    アマティシステムがメインでしょうけれどオンケンのホーンシステムも凄いですね!
    その時代名を馳せたホーンです。WEの47センチウーハーも・・
    ポピュラー用とのことですが
    クラシック音楽でも至高の装置だと思いますが・・・

    byどんぐり at2018-12-20 09:33

  4. iPurifier AC久しぶりの登場ですね。
    赤ランプが点灯しているとアースを使用したノイズ低減回路が作動しない設計になっているので両方グリーンで点灯させる必要があります。

    明かりですが、どうしてもLEDだと温かみのある感じが出ないのはご不満を感じるところですね。電球色もありますが、本物の電球とはかなり色味が異なります。出ないんですねどうしても。
    今後改良されていくとは思いますが…。

    byうつみくん at2018-12-20 11:17

  5. どんぐりさん 
    こんにちは。

    写真だけでもわかるシャコンヌホールの響きからすると、うちの部屋はとてもとても。
    でもお褒めいただけて嬉しいです。引き続き手直し頑張ります。

    オーディオのアースについては、アンプやDACを設計製造されているオーディオデザインの代表の下記コラムや著作、アース関係の本を参考にはしたのですが、まだまだわからないことだらけです。
    https://audiodesign.co.jp/blog/?cat=27

    「全ての機器からアースをとっています」とのことですが、差し支えなければその方法注意点についてどうされたのかご教示いただければ幸いです。

    照明については、ご承知のとおり、白熱電球の法令?での販売停止もあるのか、LEDになりました。

    これも電源はオーディオ用とは別れていますが、電磁波の問題からアコースティックリバイブの石黒社長さんらは、聴かれるときにはシーリングライトを落として、後ろ壁からハロゲン?ランプスタンドで照らされていました。

    こんな方法もいいなあと落ち着いたら検討したいと思っています。

    by平蔵 at2018-12-20 15:53

  6. >オンケンのホーンシステムも凄いですね!
    その時代名を馳せたホーンです。WEの47センチウーハーも・・
    ポピュラー用とのことですが
    クラシック音楽でも至高の装置だと思いますが・・・

    たしかにクラシックに詳しい仲間が聴きに来られて、ホーンの方でクラシックを鳴らしても特に何か指摘されるようなことはありません。

    ただ、さすがに音数やレンジ、ホール全体に広がる響きを見えるように聴くには今のアマティが得意なようです。

    黄金期のJAZZや60年代あたりまでのポピュラーはやはりホーンで聴きたくなりますね。

    しかしステージホーンも素晴らしいですね。

    by平蔵 at2018-12-20 16:00

  7. うつみくんさん

    こんにちは。

    >赤ランプが点灯しているとアースを使用したノイズ低減回路が作動しない設計になっているので両方グリーンで点灯させる必要があります。

    赤でも一定のノイズバスター効果はあるが、アース付で完全になるとの説明でしたね。

    このことをネットでレビューを検索すると、アースに繋げたらかえって悪くなったというレポートも発見します。

    どうしてかなあとあくまで推測ですが、家電ノイズが多く流れているような漏電アースに繋げたら、たしかに表示はグリーンになるものの、かえってアースから家電ノイズらが逆流してしまっているのではと思います。

    どんぐりさんに紹介させていただいたアースの解説でも、かえって繋げたばかりにノイズが増えた例が報告されています。
    https://audiodesign.co.jp/blog/?cat=27

    この機器もオーディオアースも、結局はアースの接地抵抗の低さ(ノイズらの地中への流れ易さら)らのクオリティーと関係がありそうです。

    照明については、どんぐりさんのとおりで、いずれハロゲンスタンドらを検討するかもしれませんが、普段聴くときには少なくともフロントの照明は落としています。
    もう白熱電球を主体としたシーリングライトが法令からはほとんどないのですね。

    by平蔵 at2018-12-20 16:07

  8. 平蔵さん

    アースの質に左右されるということですね。耳寄りな情報ありがとうございます。自分の所では家の鉄骨骨組みの所につないでいます。CENYAさんがテスターで電位を測定してつなぐところを決めてくださったので非常に助かりました。家電がつながっていないので助かっているのかもしれませんね。

    ライトですが、白熱電球は電球そのものも販売製造が国内メーカーでは終わっています。
    家電量販店などでは輸入品の白熱電球を売っています。が、それもいつまで続けられるか不透明です。

    現実にはLEDでやった方が後の心配もなく、電力消費量も抑えることが出来、白熱電灯やハロゲンライトを使うより現実的だと思いますね。

    後々いい色のLED照明も出てくると思います。

    byうつみくん at2018-12-20 17:36

  9. うつみくんさん

    うちでは、スピーカーからの残留ノイズが明らかに減リました。

    アンプへの電源に効きました。

    マイ電柱に関わらず、今回のアース接続は明らかに成功でした。

    by平蔵 at2018-12-20 18:00

  10. 平蔵さん
    追加レスです。

    >>方法注意点についてどうされたのかご教示・・・

    昔の河川敷であった処を区画整理で埋め立てしたところに2~3メーター掘り下げてホールの基礎工事しました。地下水が溢れ、ポンプでくみ出しながらの難工事でした。
    ホールの骨組みは重量鉄骨です。

    ホームセンターで確か1tx600x300の銅板を買い入れホールの脇に、これを縦に2~3mまで埋め、太い銅線を半田付けしホールの床下を這わせ
    オールステンレス製のオーディオラックに接続しています。

    ラックは自作で接合は全てアルゴン溶接です。
    サイズは幅1040Ⅹ高1310x深430で5段に仕切っています。骨組みは27ステンレス、床、天板は24ステンレス(磁性体)で全てアルゴン溶接です。
    これにより静電遮蔽の効果もあるのではと思っています。
    キャスター付きなので耐震性は良いようです。

    アースの測定はしていませんがこれにより音の透明感が良くなり力強くなったのは明らかです。
    スピーカからのノイズ、ハム音などは5m離れると全く聞こえませんのOKとしています。

    byどんぐり at2018-12-20 18:12

  11. どんぐりさん

    補足ありがとうございます。

    なるほど良くわかりました。

    ラックそのものを良好な地中アースに繋げて、導電構造にして機器を接地。

    足からアースに導通させる手法と理解しました。

    理にかなっていますよね。知る限りはじめてのアース接続方法です。

    うちのような、ラックの棚板が木材ではそうもいかないので悩みます。

    PS
    ホーンは木製砂入りマルチセルラてオンケンそっくりですが、個人ビルダー作です。
    そこにJBL375の磁気回路たけ使って、WE594レプリカのジュラルミンダイヤフラムを嵌めているという、かなりの変化球です(笑)

    by平蔵 at2018-12-20 19:31

  12. こんにちは。
    日記の本題からは少し外れたコメントになりますが。

    白熱球の国内製造が中止になったのは、3.11後の原発停止から火力発電依存の状況下で日本のCO2削減が厳しくなったため、白熱球や蛍光灯よりもエネルギー効率の良いLED照明普及を図るため、経済産業省の行政指導で先ず白熱球の国内生産を取り止めさせたのが原因です。
    今度は蛍光灯までも国内製造を止めるよう行政指導しているようですが、少々やりすぎのようにも感じています。

    さて、拙宅はマンションのため、ノイズ源となるインバータ蛍光灯を使いたくない理由でほとんどの照明が白熱球なので、当時店頭在庫の国産白熱球を大人買いしてストックしています。

    LED照明も現在多い白色LEDはブルーライトの問題や交流周波数に応じて点滅を繰り返しす構造が目の負担になるのであまり使いたくないですが、バルミューダが発表したデスクライトのように、これらの問題を解決した新世代のLED照明が普及すればいいですね。

    by椀方 at2018-12-22 09:51

  13. 椀方さん

    こんばんは
    旧音楽室の照明は同じ取り付けでハロゲンランプでした。

    ただこちらも発熱激しく、いつまで現役でいられるかわからず、LEDになりました。

    音楽を聴くときは暗くしますので、シーリングライトも消します。

    白熱電球でもチラチラが良くないと、直流に整流して供給の会社のスタンドを使ったことがあります。

    自分にはわかりませんでした。

    by平蔵 at2018-12-23 23:28

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする