平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

日記

追記・マイアース(2)いよいよ機器へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月22日

早起きして、好きなボリュームで庄司さやかさん、五嶋みどりさん、千住真理子さんという、ストラディバリウス、グァルネリの名器の音色にうっとりしています。

実は忘年会から帰宅したまま音楽室で音楽を聴きながら就寝。
千住真理子さんのjapanese songsのあまりに美しい音色に 聴き惚れて起きてしまいました

マイアースの利用はいよいよオーディオ機器そのものにです。

接続方法はとにかく上流から順番に試しました。

うちの上流はDACになります。



DISC以外にPC送り出しもありますので。

ここからは質問も兼ねたレポートになります。

モノラルDAC、エソテリックD1の一台の裏側、シャーシグラウンド端子にアース線をダイレクトに接続。

ここだけにです。

自作アンプや自作DACを作られる方は常識な、回路アースは多重アースを作らないために1点に集中させるセオリーを踏襲しました。
これを守らないと『ブーン』とハム音が出ます。

また、アンプらの設計をされるオーディオデザイン社の社主のこちらのコラムも参考に、グラウンドはケーブルのアース側(マイナス側)を通じて、全ての機器が導通している。

こちらに解説。

アース線を分岐させて複数の機器に繋ぐと、多重アースを作って、かえってノイズ源になるという注意書きを重視しました。
こちらに解説


コラムでのアースはいわゆる漏電アース、集合住宅共用アースといった他の家庭の家電、重電からのノイズ電力が流れているであろうものであることに読むのに注意がいりますが。

同時に、ノイズバスターのアース接続は再び外しました。

まるで下水のように、ノイズは下流に流れるだけならいくらでも繋げるのですが果たして?
ここから漏れ出てアース線に流れているであろうノイズ電力を機器に繋げたくありません。

本当はパワーアンプからの残留ノイズを計測したり、シャーシ電位の変化も測定すれば、客観的な正確なレポートになるのですが、音質を確かめたくて。

音質はアマティの後方に音像がシャープに定位しています。

響きの豊かなホールの真ん中くらいで目を瞑って聴いている、奏者との距離を保った位置を感じながら、庄司さやかさんのストラディバリウスの音色がホールの四方に飛んでいく様を見ているような。

一応、これも成功としましょう。
ただ、モノラルDACやモノラルアンプの場合、シャーシ導通はあるとはいえ、片方の機器のグラウンドだけで対称性が崩れないかがどうかです。
生理的にも気になります。

追記
産業用ノイズカット機器の技術者の方から貴重なアドバイスをいただきましたので引用します。

機器間のアースは「直流から低周波ノイズ(ハム音)まで」を除去するのには非常に効果的です。

でも、高周波(数100kHz以上)はアースがインダクタンスになってしまい、それにコモンモードノイズが流れてしまうことで放射電磁界が大きくなって周囲にノイズを撒き散らしたり、逆に拾ったりします。

なので、ラック内のアースに「アースフィルタ(簡単なコイル)」や「クランプ式データラインフィルタ」を付けて「機器全体(商品)のEMI規格(ノイズ規格)」をクリアしている場合が多いです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おはようございます☀

    ストラディバリウス、グァルネリの音色というのはレコードか何かでお聞きでしょうか?
    音楽にもお詳しそうな平蔵さんのおすすめの盤等非常に興味深いです( ・ิω・ิ)

    bytomo at2018-12-22 05:54

  2. tomoさん

    こんにちは。

    深夜、早朝は掛け替えが面倒でPCでプレイリストを作って再生しています。

    あまりの音色の良さに、子守唄ならぬ心地よく起床できたのは千住真理子さんのjapanese songs for viorin&pianoです。
    バイオリン用の編曲は確かお兄さんの千住明さんです。

    ホールトーンともども心地良い録音に感じました。

    ガルネリ・メメントでも麗しい千住さんのストラディバリウスの音色が聴けると思いますよ。

    庄司さやかさんのはベートーヴェンのバイオリンソナタ、5番、6番、10番です。

    by平蔵 at2018-12-22 06:36

  3. 平蔵さん

    有難う御座います。
    早速調べてみます^_^
    私にはお気に入りの曲が少ないのでこういった情報は非常に参考になります。

    bytomo at2018-12-22 06:45

  4. tomoさん

    千住さんのは椰子の実、荒城の月、早春賦ら日本童謡ら日本スタンダード曲のバイオリン盤です。

    この後は彼女のベストです。クラシックスタンダード集のような雰囲気です。

    by平蔵 at2018-12-22 06:58

  5. 平蔵さん おはようございます

    私の所はavアンプで、HDMIを通じてテレビのアンテナから
    複数機器が繋がって、11Vで各機器電位が安定して下がっています。
    AVアンプから家庭用アースに落としているのでほぼ0です。

    アイピーリファイヤACは電位を下げるために、アースが必要なのだと
    思っています、アースを繋がない場合はキャンセレーションのみ
    動作する製品なら、導入しても良いかなとは思ったのですが
    アースを繋がないと効果は落ちるのでしょうか?

    byYuho... at2018-12-22 08:03

  6. Yuhoさん

    おはようございます。

    その機器とアースの有無の解説はメーカー自らされています。
    http://ifi-audio-jp.blogspot.com/2017/12/ipurifier-acq_15.html

    この機器へのアースと共通しますが、シャーシ電位とオーディオアースのクオリティーは違う配慮がいるのではと思います。

    iPurifier ACもおそらく重電、家電からのノイズが流れているであろう漏電アースに繋げても、グリーン表示になると思います。
    シャーシ電位も下がるでしょう。

    ただこれは、あたかも汚水が流れている下水(漏電アース)を上水道(ノイズバスター、信号のグラウンド)に繋げるがごとく、ノイズ的には汚染になりかねないと考えます。

    オーディオアースは、電源系統につなぐにしても、筐体(信号のマイナスグラウンド)につなぐにしても、地中にいかに流しやすく(接地抵抗が低い)、他の家電のアースと別物かが重要と思います。

    by平蔵 at2018-12-22 08:39

  7. 平蔵さん ありがとうございます

    URLみてみました、ライブとニュートラル間のノイズ処理は
    アースが無くてもよく、コモンモードが対応出来ないと
    書いてありました、どのくらい効くのか試さないと分かりませんね。

    屋外用の洗濯機のアースなので、他の機器は繋げてません
    抵抗値は低くないですが、無いよりは良いみたいです
    電位が安定してノイズが減ったのかなと思います。

    URL有難うございました

    byYuho... at2018-12-22 09:10

  8. Yuhoさん

    上手くいったようでなによりです。

    このノイズバスターはその後の電源の通常最上流に跨いで機能するものなのでかなりの影響がありました。

    うちのような、屋内配線は同社でいうところのライブとニュートラルだけで、コモンモード(アースのこと?)は繋げていない場合に、アースを別に繫ぐ意味は自分でもよく理解していません。

    アースは奥が深く、オーディオデザイン社がお書きのように十分なセオリーはないので困りますね。

    次のチャレンジは、アースはオーディオ上流の微小電力を扱うところにノイズを入れない意味で有効なのか、電力を最も消費=大きなノイズも出やすい下流(パワーアンプ)へが効果的かです。

    by平蔵 at2018-12-22 09:45

  9. 平蔵さん こんにちは

    >>ストラディバリウスの音色がホールの四方に飛んでいく様を見ているような。

    装置の完成度の高さを表す表現ですね。静かな空間にヴァイオリンの余韻が消えてゆく・・・
    これは装置とリスニングルームとのバランスの高さを物語っています。
    今までの経緯を見ていて、そのご苦労が報われましたね。
    平蔵サウンドの完成、おめでとうございます。

    アースについては別に数値化しなくても聴いていてノイズやハム音が耳につかなければよろしいのでは、と思いますが。アースにより音質の改善は明らかですから。

    byどんぐり at2018-12-22 09:53

  10. どんぐりさん 

    こんにちは。

    どんぐりさんのように、スピーカーと同じステージに生演奏もあれば調整で迷われることもないと想像しています。

    最終的には聴こえ方という基本でアースの良し悪しを判断するということですね。

    どうも理屈、理由で納得出来ないと進めない性分なのかもですね。

    せっかく良いマイアースを引けたので、さらに活用法を探りたいと思います。

    将来はわかりませんが、細かな定位とか、トーンバランスはあまり気にならなくなりました。

    音楽室が出来て、スピーカーを入れた時の、耳を塞ぎたくなったころからは想像もしていない感じになりました。

    by平蔵 at2018-12-22 10:09

  11. 平蔵さん
    >>スピーカーと同じステージに生演奏もあれば調整で迷われることもないと想像しています。

    日々生音に接しているとその音の美しさ、力強さに圧倒されます。同時にオーディオの限界も感じてしまいます。
    オーデイオを始めた当初は何が何でも生音を再生したいと意気込んでいましたが途中から好きなシンフォニーを楽しく聴ければそれで良し、と変わりました。
    今は歳も財力も先が見えていますが日々楽しく音楽が聴けています。不思議と感性は衰えないものですね。
    好きな音楽を生との差を脳内補正をして楽しんでいます(笑)

    byどんぐり at2018-12-22 10:36

  12. どんぐりさん

    日頃、生音に接しながらならではの達観された境地と想像しました。
    感性も生演奏も相まってのものですね。
    評論家のような聴き方にならないように自戒しています。

    先日、鼓童という太鼓パフォーマンス集団のコンサートに行きました。

    お腹を風のように突き抜ける和太鼓合奏に、『この音はオーディオでは再生出来ない』と手売りされていたCDを買うのを諦めました。

    そういえば、ハイエンドモデルのDENONのプレーヤーよりパイオニアのプレーヤーが好ましい部分があると書かれていましたね。

    デジタルでは古いものより新しいもの、なるべく高いものがいいかとすると、こんなDAC開発技術者のコラムを興味深く読みました。
    https://audiodesign.co.jp/blog/?p=23

    by平蔵 at2018-12-22 11:37

  13. 平蔵さん、こんにちは。

    アースの話はとても興味があります、是非とも色々と試して頂きましてレポートをして頂ければ嬉しいです!
    そこで依頼したい事があります。
    条件を満たす事が出来るならば、
    各機器それぞれからのアース線を壁のアース接続口に一点で接続したらどうかという事を試して頂きたいです。
    条件とは
    アナログラインはフルバランス接続として、バランスケーブルのシールドとGNDは片端外し。
    デジタル系のラインのシールドも片端外し。
    我が家ではこれでやっていて私としては良い感じなのですが、技術者から見たら「バカな事を」って、思われる事でしょう。(笑)

    byCENYA at2018-12-22 12:34

  14. CENYAさん

    こんにちは。

    ちょうどタイミング良く、産業用ノイズカット機器の設計者の方から貴重な機器間アースのアドバイスをいただけました。

    会社名は出せませんが、誰もがご存知のノイズカット系では著名な上場企業です。

    本文末尾に補足しました。

    オーディオ専用アースが取れない場合のアース経由のノイズカットにも使えるようです。

    アースフィルターなるグッズがあること、5万前後と比較的高いので機器数だけ入れるのは現実的ではないですね。
    こんな簡単な自作アースフィルターが役立つか研究に入りました。
    https://www.cqnet.co.jp/musen/ja6hr/comon.html


    お書きの方法なら多重アース問題やアースループを回避出来るかもですね。


    なおうちは、アッテネーター以降はアンバランス回路の自作真空管アンプなので、バランス接続が出来ません。

    一台でも差動回路のバランス回路型真空管アンプてもあれば良かったのですが。

    プリメインアンプでフルバランス回路の出水電器、ALLION A10でもあれば追試が楽なのですが

    by平蔵 at2018-12-22 13:06

  15. 平蔵さん

    >>DCD-SA1は555ESDとの比較

    そうですね。価格と性能は比例しないようです。
    私のDA/DP-S1と70aeでは約5倍違いますが現在ではそれぞれぞれ一長一短です。S1は25年使用しましたのでパーツの経年劣化があるのかもしれません。
    次の通りの比較が瞬時にできます。
     1:CDPがパイオニア70AE
           音が素直で聴き疲れしない
     2:DACがDA―S1、トランスポートに70AE
           いつもこれで聴いています。1より力強いですがバランスは1に少し劣る
     3: CDPがDP/DA―S1(時々音飛び発生)
        音場の自然さは70aeの方が優れている。

    この評価は現在の私のシステムの場合です。
    どれが良いか、好みかは自分で確かめるのが良いでしょう。
    機会がありましたら是非聴いて頂けたら幸いです。

    レスが長くなりましたのでこの辺で。。。

    byどんぐり at2018-12-22 13:57

  16. どんぐりさん

    地元の自作アンプでお世話いただいているベテランもCDプレーヤーは固定。CDを逆に置くパイオニアのPD-T07というのを長年愛用されています。

    壊れたら、この中古を探すほどで、自作アンプ発表会まで会場設営のCDプレーヤーは使わずに、これをわざわざ持参されます。

    良いプレーヤーを紹介いただきました。

    その方も含めて、音質の良いプレーヤーを求める方々の候補として推奨させていただきます。

    本題から逸れて恐縮です。ありがとう御座いました。

    by平蔵 at2018-12-22 16:33

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする