平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

日記

2018年総括 ラジカセまで動員

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月28日

外ではコンコンと雪が降り出しました。

防音のおかげで好きな音量でThe PoliceのBBCライブ盤を聴いています。

このドラマーのスタイルが自分のドラミングの原点だっただけに、何度聴いても感動がありますね。

今年のオーディオ総括としては、こちらの皆様のアドバイスにも助けられながら完成した音楽室と、機器ではスピーカー。
ソナスファベール社アマティ・トラディションの導入。
そうしてクロックをESOTERIC G-0Rbから同社のESOTERIC Grandioso G1に交換したこと。鳴り物、入れ物入れ替えという久しぶりの大変革でした。

オフ会やフェアらは引っ越し、調整に明け暮れたので低調でしたが、完成途上の音楽室をご覧になりたいと遠方からたくさんの皆様がお越しになられました。

音楽室に電源工事もされていなかったので、母屋電源からドラムケーブルを延長してラジカセでルーム音響だけ聴いていただきました。

裏の旧音楽室から機器を運ぶこともできず、オーディオオフ会をラジカセのみで開催とは。


ラジカセはこれとは違いますが、同じコンセプトのKENWOODのものです。

詳細はこちらです。

うちのは通販限定で、ウッドボディが使われたモデルです。

熱心にオーディオを追求されているこちらで、こんなことを書くのは不謹慎ですが、ルーム音響さえよければ、ラジカセでも十二分に音楽鑑賞が出来ます。

接続ケーブル不要な最短距離での配線、ワンオフでの一体型にラジカセならではのまとまりも。

床は石。壁内に空洞がなくて、瓦、麻紐、漆喰で作られた長野県旧県知事校舎会議室で、もっと安いラジカセで鳴らしただけで、女性ボーカルの御本人が降臨したとの過去レポートのとおりです。
こんな音はTIAS会場の国際フォーラムで世界のウン千万のシステムでもなかなか・・・・

いや、対策されていない部屋でも、ロー帯域らエネルギーが大きいハイエンドスピーカーを持ち込むよりも、帯域とエネルギーが限られるラジカセ(フルレンジスピーカー)の方が弊害が出ないような気がします。

ラジカセ侮るなかれですね。
これからのオーディオルームの新築、改築をお考えの方には、音響が良いとされるいろいろな空間やオフ会ら同じラジカセをお持ちになって鳴らすと、欲しいルーム音響のイメージが出来上がっていきますよ。

アマティというスピーカーレポートは別にさせていただいたとおりです。
カミさんからも、これならオーディオの仲間やバイオリン仲間にお披露目会が出来ると、ようやく合格をもらいました。

クロックは、トランスポートとDACを同期運転できるDISKと違って、PCオーディオではPCとは同期できません。
これが前後感や定位が曖昧、狭くなる原因の一つかなと。
(課題で悩みどころです)

このクロック機器を正しく接続して、内部設定も専用モードにしたときに初めて出現する精緻な音場は新音楽室のルーム音響も伴って感心しました。

ESOTERIC Grandiosoシリーズではこのクロックは必須と感じました。
G-0Rbらと違って、PLL回路を使わないで本体と同期されること、クロック出力の基準電位となるグラウンドを常に0Vに保つ「アダプティブ・ゼログラウンド」モードを選択するのがポイントです。

詳しくはダイナミックオーディオの川又店長さんのこちらのレポートが詳しいです。

機器がどうの、セッティングがどうのもとても重要ですが、部屋こそが音響の80%を占めるのではないかとつくづく感じます。

県知事公社ではオーディオボードもインシュレーターも何もないラジカセ直置きでした。


旧音楽室で過ごした20数年。新音楽室で同じ期間過ごしたいです。
その先は年齢も考えると、さらに新築はないでしょう。

まだルームは完成せず、後壁を6度の斜め板を並べてフラッターエコー回避させた低域のみ吸音タイプの工事が残っています。

こちらでアドバイスいただいた恩返しに、ルーム総括もその先にしませんと。

そののちはケーブルら配線見直しとアース利用を探る作業が残っています。
ある程度落ち着いたら、仲間のアンプや市販アンプをお借りしてアマティの可能性をさらに探ってみたいです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵 さん おはようございます

    オーディオルーム完成して良い響きがしているのでですね
    羨ましいかぎりです。

    私も部屋の重要性が高いと感じている一人です
    以前は機器ばかり交換して追い求めてましたが

    重要性なかなか気付かずないですよねー無駄な遠回りをしてました
    永田音響社、サーロジックさんのH.P記事参考にしながら部屋
    のイタズラをしています。

    byいなかのクラング at2018-12-28 07:48

  2. いなかのクラングさん

    こんにちは。

    お部屋、天井も高く、壁は石膏ボードではなく、木材。

    必要箇所には拡散ルームチューンをなされている。そうしてさらにその道のプロのルーム(ホール)音響の研究もされておられるのですから、きっとかなりの音響ではと想像します。

    フェアやオフ会では神経はどうしても機器にスポットライトとなりがちですね。

    音響のよろしくないことが多いフェアでは反面教師に、良い響きなら教師になりました。

    伝送周波数特性のみならず、ハンディに残響時間の測定もできればいいですね。

    by平蔵 at2018-12-28 12:41

  3. 平蔵さん

    部屋、電源、スピーカー、クロックとは、環境、土台、足腰、心臓を徹底的に強化した2018年とお見受けしました。
    これだけ揃えば、まるで大谷翔平君みたいですから、投げても打っても、違いました、アナログでもデジタルでも何でも来いですね。

    byのびー at2018-12-28 16:15

  4. のびーさん

    いつもレスありがとうございます。

    スピーカー導入だけは想定外でした(笑)

    たまたまアキバの某有名店の最上階に行きましたら、
    下位モデルの実力チェックというプロの見立てに立ち会えまして。

    それから今のモデルと他社スピーカーモデル、アンプをあれこれしての比較etc

    アナログは別ブログにイコライザーカーブのことを書きました。
    まるでのびーさんの自作PCオーディオのように深淵な世界を垣間見てしまいました。
    https://blogs.yahoo.co.jp/tiromie/41179980.html

    深入り禁物と自重しています(苦笑)

    by平蔵 at2018-12-28 16:48

  5. 平蔵 さん こんばんは

    平蔵さんの部屋なのですが 壁が白く見えるのようですが
    何か塗装をされているのですか、ちょっと気になってます。

    byいなかのクラング at2018-12-28 20:17

  6. 現在ラジカセ部門でトップシェアを取っているメーカーと言えば東芝ですね。
    大手メーカーがどんどん撤退していく中、じっと我慢して製品を作り続けました。その結果としてのトップシェアです。

    東芝は本格オーディオはもう作っていませんが、なかなかいいラジカセを多数作っています。

    音のまとまりを重視するのであればフルレンジスピーカーの小さいのがあると結構重宝します。ラジカセもちゃんと作ったものは結構いい音が出る時代となっていると思います。

    byうつみくん at2018-12-28 20:41

  7. うつみくんさん

    おはよう御座います。

    残響が美しい、蔵壁作りが出来た時代の洋室でのラジカセは、デッドな石膏ボードの部屋のハイエンドを正直超える生々しさでした。

    ルーム音響が不十分なら、所詮ラジカセで終わってしまうかもです。

    部屋次第というのを、設計士さんと県知事公社で一緒に体験出来たのは大きなトリガーとなりました。

    その後にプロ音響が入られて、やり直しやら大変でしたが後悔はありませんね。

    そういえば、ソナス・ファベールから実売150万を超える凄いラジカセを別ブログで紹介させていただきました。内蔵アンプの合計出力は1,400Wだそうです。https://blogs.yahoo.co.jp/tiromie/41175893.html

    by平蔵 at2018-12-29 06:07

  8. いなかのクラングさん

    おはよう御座います。

    水性塗料で薄く、白っぽく塗装が入っています。防音ドアまで同色です。

    特に音質的な意味合いはなく、家屋の設計士さんがデザイン系で外壁や母屋の内壁がホワイトに合わせて、母屋の木製ドアらも全て同色です。

    壁の近くに行くと、木目はわかる程度の木材が呼吸出来る薄い水性塗装です。

    そういえば、こちらで紹介した永田音響設計のホールの壁の木材は全てクリア塗装でした。http://community.phileweb.com/mypage/entry/1966/20181225/61267/

    こちらは木材表面の高域吸音を嫌ったなどの音質的な意味合いがありそうです。

    by平蔵 at2018-12-29 06:16

  9. うつみくんさん

    こんばんは。

    気になったので新生、東芝のAurex復活第一弾ラジカセの評判を調べてみました。

    あまりよろしくない評判です。
    https://blogs.yahoo.co.jp/syotyan2000/16312456.html

    by平蔵 at2019-01-07 21:41

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする