平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日記

床の無共振化その後、HOに売却、ifi病、軽音の立体音響作り、音質よい粘着テープ、部屋とSPサイズ、現代音響パーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月27日

家族より早起きして、防音をいいことに、クリヤ・マコトさんらのアコースティック・ウェザーリポートのSACDを結構な音量で聴いています。

あの電子楽器のウェザーリポートの名曲をアコースティック楽器だけで演奏した興味深い内容です。

音質もいいですし、アマティのダブルウーハーも喜ぶ低音まで入っています。

いつものように、別所ではありますがいろいろ考察してみました。業界人もご覧になるので、こちらにダイレクトに製品の良し悪しは書きにくいです。

もしご興味あるテーマがございましたらご覧ください。記事の投げかけの形ですが、音楽室設計の一連と同様に、レスでのアドバイス、ご意見もとても勉強になりました。

・床は頑強&無共振タイプにしてよかった
これはかつてこちらで、YougJoonさんら皆様からのアドバイスに本当に感謝している工法です。

部屋もCDラックも決まり、不要なスピーカーの断捨離もしたので、だいぶすっきりしました。


右上のが新しいCDラックです。入っているのはSACDだけですが。


無共振効果はこちらです

・ハードオフにスピーカー2セット売却

年末大掃除で、オーディオ断捨離も兼ねてハードオフに不用品を売ってみました
このハードオフはハイエンドまで結構充実していて、ESOTERIC P-0をここで買ったことがあります(笑)

こちらです


・ifi病(まだ軽症)
比較的手頃な音質カイゼンアクセとして人気のifi社ですね。
ただ効果効能がない、副作用が発生する場合もあるので要注意なようです。

こちらです

・軽音ソフト側から上下前後の定位は出来るのか?

傅信幸先生がよく言われる「サウンド・デザイン」。
ROCK、POPSでの立体音響、左右のみならず、上下、前後はどのように技術的にサウンド・デザインされているのか、最新のテクニックです。

こちらです


・音質のいい接着テープ 両面テープ 絶縁テープ

粘着テープ類の音質差、経年劣化度です。

こちらです


・音の出方が自然な部屋とオーディオ

こちらです


・現代高音質音響パーツ、自作スピーカー横浜ベイサイドネット

あのスキャンスピーク社から現行ユニットより歪を40%も低減させた驚異的ユニットが開発されていました。
価格からは採用できるのは、各社トップエンドあたりになりそうです。

こちらです

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. iPowerで200Hzぐらいのノイズですか。アースの取り方に問題があるかどうかですね。極性は合わせたんだと思いますし、なんででしょうかね。

    IFIは割と安いんで手軽に導入できるのがいいですね。
    ハイエンドやってらっしゃるんで、興味ないかなとか考えていたのですが、やっぱり安くていい品のほうがいいですよね。

    あと、恐縮ですが、リンクがいっぱいだと読みにくいですね(笑)。書き込む内容によりけりですが、出来る限りリンク使わない方がいいと思いますよ。

    byうつみくん at2019-01-27 07:57

  2. うつみくんさん

    おはようございます。結局はスイッチング電源ベースのノイズ撒きにifiのノイズカット回路は対処療法。出口の電源だけに効いても、入口の電源への逆流、電磁波発信には効かない場合もある。
    小電力のフォノへの活用方法には要注意の貴重なレポートと拝見しました。

    本文の通りです。ifiの代理店もご覧になっているかもしれないここに、売上低下情報はダイレクトに書けませんよ。
    恐れ入りますがリンク先はご興味があればとしていますので、本文までの引用は不可能ですね。
    恐縮ですが、ご興味ある記事だけアクセスされて下さい。。

    by平蔵 at2019-01-27 08:55

  3. 床の無共振化で、こちらで流行のオーディオボードのあるなしをしましたが、ほとんど変わりません。

    旧音楽室のように、部屋で飛び跳ねれば針飛び起こす床と違って、歩いただけで剛性がわかる床では変にフロートする必要もなくなったようです。

    by平蔵 at2019-01-27 19:45

  4. 平蔵さんこんばんは。

    私の部屋は畳や柔らかなクッションフロアで難儀しました。
    まず徹底的にTAOCやクリプトンの重量のあるボードを敷いた後にウェルフロートやクライナのボードなどメカニカルなボードを重ねて使っております。
    しかし床が徹底的に固く、床の減衰も理想的なら、これらのボードは余計な固有の音や過度に音を減衰をするだけです。

    私もシンプルイズベストなのが理想であるので、多くの根本的解決をしている平蔵さんの音楽室は羨ましい限りです。

    byニッキー at2019-01-27 21:00

  5. ニッキーさん  おはようございます。

    いろいろな試行錯誤のご経験談、自分にも悩まれている方にもとても参考になると思います。

    リフォームの際に出来ることでもあるので、皆様の参考になればと構造図も見つけてアップさせていただきました。

    6回引っ越しして、その都度オーディオセット全部を運びました。
    ですので、ある程度部屋の影響については実感として味わう経験は他の方よりもしかしたら多いかもしれません。

    こうして思うのは、アクセサリーはなるべく使わず、最低限で。
    一つづつを慎重にです。

    年末に注文したイシノラボの東芝6B-G8アンプは床に直置きです。
    付属プラ足よりはいいとコプラーレ社のコーラルリフターというインシュレーターが余っていたので入れてはいますが。

    これまた余っているフローティングボードのあるなしをしてみましたが、ほとんど変わりません。
    ということは今からこういうのに大枚を使う必要はないと結論付けました。

    お書きのとおり、開発メーカーで似たようなアクセサリー込で音作りされたのならともかく、余計なものはメーカーの描いたトーンを阻害するおそれがあると思います。

    せっかく理想的なメカニカルアースが取れるのに、浮かせたり、ゴム?ゲル?でアースを遮断する必要はないのがわかりました。

    by平蔵 at2019-01-28 04:25

  6. 床記事と関連するのですが、ifi病の記事も同じです。
    なぜノイズカットのifi製品を入れなければならないのか。

    その原因を探ると、別の根治療法の答えが出てくるのが、スイッチング電源のipowerよりもアナログトランス式電源であったり・・・


    アクセサリー一つ一つは数万~10万くらいでも、全ての機器らの下やコンセントになどとして全部合計すれば軽く50万は超えることもありますよね。

    この予算を床のリフォーム費用に置き換えたらいかがでしょうか?

    野菜の育ちを毎年ひたすら化学肥料(浮かせる、クッション材を入れる、電源出口だけとりあえずノイズカットetc)を撒いてというなら、その延べ予算で土壌改良(床であったり、電源工事、アース工事であったり)した方が育ちは同じで、味は良くなるようなものと似ているような気がします。

    何も特別な工事、工法ではなく、本文のとおりのALC板を使った、ネット検索で出てくる通常の工法です。

    注意は通常工事より、接着剤を万遍に、ALCと構造用合板のネジを普通より増やしてもらうことと、構造用合板とフローリング材も同様であることくらいでしょうか。

    by平蔵 at2019-01-28 05:56

  7. 平蔵さん こんにちは。いつもレポートありがとうございます。興味深く拝見いたしました。

    >床の無共振化で、こちらで流行のオーディオボードのあるなしをしましたが、ほとんど変わりません。

    ここは特に参考になります。うちもALC板で歩いただけで剛性がわかる床という所は同じです。

    iFiの電源は、やはりACコンセント側に出すノイズはネックと思います。DC側はローノイズでもAC側コンセント経由でノイズがDAC、アンプに入ってしまいますね。
    iPurifier AC で中和するのは有りと思いますが、はじめから AC側にノイズをださないほうが私は好みです。

    iPurifier AC、iPurifier DC うちでも使っていますが、エージングは オーディオ機器ではなく、ルーターとかの電源に仮設置して100時間以上 エージング実施してから オーディオ機器電源につかいました。

    iPurifier ACは 気に行っていて3個かいました。たしかに冷蔵庫とかにも使ってみたいです。エアコンコンセントを変えて iPurifier AC 並列とかも気になりますが、、そこまではやらないですね。笑

    化学肥料ですか、たしかにですね。私は庭薔薇趣味ですが、化学肥料は 咲き終わった後のお礼肥料 のみ使用、基本は土つくり、からですね。

    byYongJoon at2019-01-28 11:44

  8. YongJoonさん
    こんにちは。

    床は確かに、YongJoonさんにアドバイスいただいたとおりでした。

    歩いて分かりますよね。

    この反対が二条城の鳴き床なのでしょうね。

    まずは元からの改良を今回学習させていただきました。

    ifiのACアダプターは副作用が出る場合があることは貴重な体験談ですね。
    この前に、トランス式アナログ電源にしておいて良かったです。

    電源、ノイズ、EMC対策、アース、メカニカルアースetc。

    買ってきて繋いでそれで良しからは環境的に離れるばかりですね。

    常時ネット接続のストリーミングが普及すれば、また新たな対策が出てきそうですね。

    by平蔵 at2019-01-28 13:59

  9. YongJoonさん そういえば、我々は発泡コンクリート、構造材複合合板、フローリング材複合合板の積み重ねで、あたかも床一面のオーディオボードを敷設したようなものかもしれませんね。

    スピーカー直下のオーディオボードは、スピーカーからの直接の加振は防げるでしょう。

    しかし、その他床一面、全面への音圧での加振には剛性からも、複合素材によるダンプもないか少ないと、ハイスピードな制振は期待出来ない。

    床振動で音質が濁るといった流れは根治療法しかないと思います。

    by平蔵 at2019-01-28 18:11

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする