平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日記

レコード再発盤でもRIAAだけでは問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月04日

帰宅して黒田京子さんのフリージャズ、ケイコ・リーさんのボーカルらをアマティとEL156真空管アンプで楽しんでいます。

ロックに切り替えて、アマティでゲスの極み乙女の両成敗もかけてみたら、ハイエンドにも耐えれれる音質で少々驚きです。

アマティが来たときはカンカン、低音スカスカで頭を抱えましたが、今はローエンドまでたっぷり出過ぎる感じです。
まだまだ鳴らし込み時間が足りないようで、まだ化けるタイミングがありそうです。


別ブログでのはんchanさんが引き続き、有名JAZZレーベルからの初回プレスのみならず、「再発盤」のイコライザーカーブの考察をされています。

ヴァーヴ、コロンビアら(過去に遡ればその他レーベル分析あり)

この辺も詳細に分析されたファイルウェブの記事

前回

この再発盤というのが大きいですね。
再発にあたっては、初回プレスの音質も参考にしているからと推察します。

ジャケットや盤にRIAAと書かれていても、違うカーブが適合という例が少なくないようで、とても厄介ですね。


ロック、ポップスはアコースティックリバイブの石黒社長さんや、そのお仲間が考察。
その結果の一部が上記リンク先のファイルウェブでも公開されていますね。


間違いなくクラシックもでしょうが、こちらの考察はこれからのみたいです。

今年中にアナログを復活できればと機器だけ並べています。
物置にはGARRARDも。長年の放置で端から回りません(悲)



単なるトーンコントロールに過ぎないとするととんでもない。
定位、テンポ、グルーブ感まで損なうのですから。

正直、リアカーブしかないハイエンドフォノイコライザーアンプでしたら、廉価なイコライザー切り替えタイプをとにかく推奨します。
ハイエンドでも狂ったカーブではどうしょうもない。

すべて初回プレスとしても、再発としても手持ちのレコード1枚1枚に適合カーブの付箋でも貼っていくより他はないようです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵さん明けましておめでとうございます。

    こういう日記を見るとやはり、ソウルノートのE-2というイコライザーカーブの可変式のフォノイコにして良かったなと思っております。

    私も再販版は全てRIAAだろうと思っておりましたので。
    私はまだまだ初心者ですがレコードは色々と難儀だと思います。

    byニッキー at2019-01-04 18:30

  2. ニッキーさん

    こんばんは。

    かつてのマランツやマッキンの真空管時代のプリアンプには簡単なイコライザーカーブの切り替えスイッチ(マランツ7のでは足りないが)の他に、トーンコントロールがついているのも伊達ではないですね。

    本文のリンク先のファイルウェブの記事を見ると、少なくとも再発盤三世代目までは確実に影響あると書いてありますね。

    >ソウルノートのE-2というイコライザーカーブの可変式のフォノイコにして良かったな

    ですね。
    CDが出た頃、CD.レコードと入力を切り替えてどちらがいいか、少なからずのオーディオファイルがやった行為も、とんでもない比較をしていたケースがあったと推察しています。

    by平蔵 at2019-01-04 18:56

  3. こんばんは。

    興味深い記事内容ですがイコライザーカーブを再発盤まで吟味しないとなると大変な作業ですね。前提としてオリジナル(元の音)を知っている事がポイントですが皆がオリジナルを持てるわけではないです。

    リンクされた記事はまだ読んでいないのですが あくまでも聴いた感触に違和感を覚える 経験上これはおかしいな?という感じでしょうか…

    古い音源の現場を実際立ち会った人はもう殆どいないし 一部ライナーノーツや資料で録音現場などの写真があり考察できるのもありますが実際は特別な人でないともう分からないのでは?

    フォノイコのイコライザーカーブ可変式は昔に比べ一般化?され比較的低単価の物も出てきたようですがまだまだ特殊なものです。

    byキタサン at2019-01-04 20:09

  4. キタサンさん 

    こんばんは。

    例えばCDと比較する方法があるかもしれませんね。

    ただオリジナルの音を知らずとも、ある程度音楽とオーディオに通じていれば迷うことはなかった経験があります。

    複数で実験して、案外誰も迷わずに正しいカーブにたどり着きました。
    https://blogs.yahoo.co.jp/tiromie/40836842.html

    この辺のカーブが万全なEMTの現行フォノアンプなFMアコースティックはよくわかっていると思います。

    これを経験したら、絶対リアカーブ一本では正しい定位、テンポ感すら得られないことに驚きました。

    探せば、リンク先のフォノアンプのメーカーから、オーディオアクセサリーでも有名なifiから手頃なモデルも出ているようです。

    勧めたレコード愛好家から、目からウロコ、今まで何を聞いてきたんだ!といった感想が必ず寄せられています。

    by平蔵 at2019-01-04 20:36

  5. 平蔵さん、はじめまして。

    先日某所でFM222を試聴してイコライザカーブの効果の大きさに打ちのめされました。
    ffrrのクナッパーブッシュのワーグナーを持ち込んで試聴したのですが、RIAAとカーブを弄った時とはまるで別物ですね。
    今まで拙宅ではこの盤に限らずffrrは上手く鳴りませんでしたが、この時初めて音源本来の音で聴けた感覚があり、感動しました。

    音楽の楽しみ方は色々とありますが、個人的にはより深く楽しむのであれば必須と言ってもいい位のものでした。

    bykanata at2019-01-08 21:46

  6. 平蔵さん横レスすいません。

    kanataさんE-2のフォノイコのイコライザーを弄りに来ます?
    お持ちのff rrカーブの盤、私も興味があります。
    そのかわり、私は弄らないでくださいね(笑)

    byニッキー at2019-01-08 22:17

  7. kanataさん  

    レスありがとう御座います。クラシックでもやはり!

    同じ体験をなさったのですね。もはや音質云々を超えますね。

    あえて例えると、最新ハイレゾマスターからレコードに起こしたものを、かつての電蓄で聴く。

    SP盤を最新ハイエンドで再生するようなギクシャク感、違和感と大して違いないほどでしたね。

    by平蔵 at2019-01-11 02:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする