平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

日記

SACDリマスター、ifi社 ipurifier3、ナガオカ、傅・故瀬川両先生、アースの接地抵抗、音のいいCDラック

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月03日

おはようございます。

先週もいろいろとオーディオをやりました。

もしご興味あるテーマがございましたらご覧ください。


・ESOTERIC 高音質SACDはマスターテープからどのようにデジタル化しているか

リンク先



・ifi社 ipurifier3その後

エージングでだいぶ変わりました。CRパーツが入ったものは100時間は見ないといけませんね。

リンク先



・レコード針ナガオカの社長室のオーディオ
テレビで紹介されていました。

リンク先



・若し日の傅信幸先生が故瀬川冬樹氏の部屋を訪ねたら


リンク先


・オーディオアースと接地抵抗
拙宅ではノーノイズ化するなど最近大注目のオーディオアースです。
オーディオアースを取る意味やなぜ低い接地抵抗が求められるのかを復習してみました。

リンク先



・音質のいいCDラックのその後


リンク先

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. キタサン こんにちは。

    お読みいただきましてありがとうございます。

    JAZZのオリジナル盤といえば、それとは真逆の安いOJC盤をたくさん持っています。

    オリジナル盤はマスタリングした本人が、さらにレコードの原盤にあたって、音質や音場を弄っていることがわかりました。

    ところがご承知かもしれませんが、OJC盤はとにかく廉価なのも相まって、そんな面倒なことはしていられないと、マスターテープを再生したそのままで原盤を作っていたそうです。

    案外、OJC盤は廉価なのに、マスターテープのワイドレンジ、音場はStudio空間そのものの高音質なものがあるそうです。

    by平蔵 at2019-02-03 12:47

  2. ハイエンドやってる人が ipurifier3を使って満足できるかどうかは注目していました。結果が良かったようで良かったですね。

    エソテリックのSACDは最近買うようになりました。どれも音いいですね。プレスも日本でやっているのでしょうか。
    質のいいソフトを出していますので応援したくなります。

    お金に余裕が出来たらipurifier3は使ってみようかなと思います。

    byうつみくん at2019-02-03 18:38

  3. うつみくんさん こんばんは。

    エソテリックのSACDは丁寧にマスタリングされていますね。
    方式がハイレゾもありますが、それ以上のマスターテープへの敬意も大きいと思います。

    ipurifier3のシャープな定位はかなり魅力的です。定位ははっきり明確に越したことはないですよね。

    ipurifier3の上にnano iGalvanic3.0がありますので、これもレンタルして試したくなりますね。

    ただ、USBケーブルは特許のある信号と電源を分けるアコースティックリバイブの二股ケーブルを利用しています。
    そうして、二股ケーブルを生かして、電源はPCからではなく、エルサウンドのアナログDC5VからDACに入れています。

    nano iGalvanic3.0であえてクリーン電源にするメリットがないのではと思っています。

    by平蔵 at2019-02-03 19:10

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする