平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

日記

なぜケーブルの絶縁体はテフロンがよく、PVCが駄目か

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月19日

実際にケーブルを設計されているACOUSTIC REVIVE石黒社長さまと元古河電工のケーブル技術者で現AVケーブルテクノロジーの根岸さまにPVCとテフロンの違いとそれぞれの音質差について詳細にお教えいただきました。

これはオーディオファイルが知っていて絶対に損はない情報と思いますのでリンクいたします。

ACOUSTIC REVIVE 代表石黒氏

リンク先

AVケーブルテクノロジー 代表根岸氏

リンク先

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. テフロンが優れる理由は誘電率のみならず、その強度にもあるときいたことがあります。テフロンでギュッと締めた導体は振動しにくいとか。。
     平蔵さんは業界の重鎮の面々とお知り合いのようで、耳が鍛えられていそうで、うらやましい限りです。
    小生のような田舎者には大変参考になりありがたくよませていただいております。(^^)

    bypharoah at2019-02-19 22:39

  2. このような解説を読む際には、確実にわかること、正しいこと、仮説にすぎないことを識別しながら読むことが大切です。

    石黒さんの文章を例にとると、正しいことは

    1.誘電率が低い方が音質に有利である。(ただし、定量的にどのくらい効いているかは不明。)

    2.PVCよりもポリエチレン、ポリエチレンよりもテフロンの方が誘電率が低い

    3.PVCよりもポリエチレン、ポリエチレンよりもテフロンの方が音質が良い

    という3点です。

    しかし、1が3の原因となっていることは立証されていない(少しは寄与しているはずですが、問題にならないくらい小さな寄与にすぎない可能性がある)ことに注意しなければなりません。

    byよんまる at2019-02-19 23:38

  3. pharoahさん こんばんは。

    長く?オーディオをやってきて、そうして二個目の音楽室建造をした時に、結局は自分だけではどうしようもない。

    餅屋は餅屋。ケーブル知識ならACOUSTIC REVIVEの石黒社長ら。電柱とアースは出水電器 島元社長ら。防音やルームアコースティックならサーロジック、村田社長らを頼るのが早くて間違いないことがよくわかりました。
    ハイエンド機器アレコレならアキバのあの5○○○とか。CSフィールドがやっている富山のクリアサウンドイマイとか。

    一人で経験できる学識、経験をはるかに超えたことをそれぞれの分野でおやりだからだとつくづく感じました。

    by平蔵 at2019-02-20 00:16

  4. よんまるさん こんばんは。

    大変よい着眼点のご投稿ありがとうございます。

    もちろん自分も絶縁体だけでオーディオケーブルの音が決まると思っていませんし、これはACOUSTIC REVIVEも同様でしょう。


    振動、静電気、プラグ、ノイズカットらにまで試行錯誤と理想からのいろいろな工夫が施されていますね。

    ただ、エンドユーザーである我々は線材の純度のようなものにどうしても目がいって、それ以上の影響があるという絶縁体に神経が行かないケースを散見してあえて日記にさせていただきました。

    by平蔵 at2019-02-20 00:19

  5. こんばんは

    私はオールMITなのですが、十数年前の1万円ちょっとの一番安いエントリーモデルにもテフロン絶縁体が採用されているようです。
    コスパの良いブランドで好きだったのですが、今は代理店が無くなっってしまい残念でなりません。

    byにら at2019-02-20 00:29

  6. にらさん こんばんは。

    自分の記憶に間違いなければ、MITは宇宙か軍事の通信からオーディオに進出されたメーカーだったのではなかったですか?

    当然、絶縁体の違いによる通信の確実性の影響も研究でよくおわかりだったと想像します。

    テフロンはACOUSTIC REVIVE石黒社長によると、寿命は人間より長いとされますので、安心して使い続けられるのではないでしょうか?

    複数のケーブルメーカー参加(ゾノトーン、FURUTECH、QED、クリプトンら)されたアクセサリーオーディオフェアで、誰にというわけではなく、メーカー全体に「ケーブルの寿命、賞味期限はどの程度でしょうか?」と質問した際、上記寿命をはっきり答えられた1社がACOUSTIC REVIVE石黒社長さんでした。

    他のメーカーから補足も修正もありませんでしたから、皆さん本当のことはわかっておられると推測しました。

    石黒邸から何人かのお仲間邸への移動途中もケーブルの音質仕上げのノウハウから原価まで(笑)いろいろお教えいただけました。

    by平蔵 at2019-02-20 00:36

  7. こんばんは、ハイエンドで海外の名の知れたメーカーになるとテフロンを使用していますよね。ヨルマやノードストなどトラペなど。

    あと絶縁体が影響を及ぼすものとして、見落としがちなのは絶縁体被膜の薄さと製造精度だと思います。

    byRocky road at2019-02-20 00:53

  8. Rocky roadさん、おはようございます。

    トラペだけ、一部にポリプロピレン絶縁体があ?ようですが、流石は名の通った各社だけに、テフロンケーブルの良さをおわかりのようですね。
    アコリバは廉価モデルまでテフロンというのが凄いです。

    ところで、後半の『絶縁体被膜の薄さと製造精度だと思います。』の製造精度とは集合撚線と同心撚線の問題とか、導体の偏心、絶縁体の偏肉、介在物の偏り、シースの偏肉のことでしょうか?
    http://avctnegy.music.coocan.jp/theory/0.html
    http://avctnegy.music.coocan.jp/theory/7.html

    被覆の厚みに付いては知見に欠けていますのでお教えください。

    たまたまブロ友がアップしたAmazonオリジナルスピーカーケーブルの断面を見て驚きました。
    絶縁体塩化ビニールは安物だから仕方ないにしても、ホームセンターらの安ケーブルの集合撚線そのものに、導体はアルミ。
    これじゃあ聴くまでもないですね。
    https://blogs.yahoo.co.jp/nightwish_daisuki/64390429.html

    by平蔵 at2019-02-20 03:38

  9. ケーブルの構造が音に及ぼす影響については、おもしろい検証?がされていたので、よかったらのぞいてみてください。

    http://innocent-key.com/wordpress/?page_id=6219

    bypharoah at2019-02-20 22:17

  10. pharoahさん こんばんは。

    ノードストの解析日記ありがとうございます。面白いですね。
    たしかに自分でもわかるほど、ヤフオクには偽物ハイエンドケーブルが溢れていますね。

    ノードストの空気絶縁を見て、どうしても実物も見て印象が強いインアクースティック社のトップエンドの各種ケーブルを連想してしまいました。
    http://www.yukimu.com/product/inakustik/speaker_rf/ls_2404air/ls_2404air.html

    素朴な疑問なのですが、両者とも絶縁は空気となると導体の表面酸化の問題はどう処理されているのか疑問が出てきました。

    by平蔵 at2019-02-21 00:57

  11. 平蔵 さん、こんにちは。
    興味深く読ませていただきました。

    にらさんがとりあげていたMITは1~2万円のRCAケーブルを野外生録(おもに鉄道車両の音)においてミキサーから録音機(MDレコ-ダー)の間でよく使ってました。
    自宅の照明器具をLEDに換装してから、MDの音源をDSDレコーダー(コルグのMR-2)に移し替えたところ、以前ならノイズで埋もれていた微小な音やニュアンスがクリアに聞こえるようになりました。

    MDレコーダーからDSDレコーダー間に使ったのはキンバーの8TC(青黒)を使った自作RCAケーブルですが(4TCの自作ケーブルもありますが、音の立ち上がりやスピード感、反応や瞬発力、解像力などあらゆる面で8TCのほうが断然上です!)、キンバーの4TC、8TC、12TCも絶縁材はテフロンだったと記憶しています。

    絶縁体にテフロンを使ったケーブルは、固く引き締めれば振動しにくいというのはどうやら事実のようです。

    by8050A at2019-02-21 12:52

  12. 8050Aさん こんばんは。

    ありがとう御座います。

    照明器具をLEDにしたら音質が上がった件について、今少し教えて下さい。

    キンバーは独特の理論に基づくオリジナリティある老舗ですね。

    こちらもテフロン多用でしたか。

    端末処理なんて細かなことを心配してはいけないと思いました。

    by平蔵 at2019-02-21 19:27

  13. 平蔵さん 

    >もちろん自分も絶縁体だけでオーディオケーブルの音
    >が決まると思っていません

    そういうことを言っているのではありません。

    石黒さんの記事では、絶縁体だけを変えたケーブルで比較試聴しているので、絶縁体の種類以外の要素はここでは関係がありません。

    PVCよりもテフロンのほうが良い理由として、誘電率を上げている点について疑問があります。私は、PVCよりもテフロンの方が振動を伝えにくいことが原因ではないかと考えています。

    byよんまる at2019-02-21 23:01

  14. よんまるさん こんばんは

    イヤホンケーブルでも、振動の部分が決定的なのでしょうか?

    by平蔵 at2019-02-21 23:35

  15. 平蔵さん

    あらゆるオーディオ機器は振動に大きく影響され、ケーブルもその例外ではないことは多くの関係者やオーディオマニアの了解するところだろうと思います。
    しかし、ケーブルの良し悪しとなると電気的性質に目が行きがちになる方が多いようです。
    そこでふと思ったのは
    PVC、ポリエチレン、テフロンを比較すると誘電率がこの順に低くなると同時に振動伝播速度(遅い方が振動が減衰する)がこの順に遅くなるということです。
    オーディオにおける振動の重要性から考えてこちらが主たる原因である可能性について考慮しておく必要があると思います。

    byよんまる at2019-02-22 11:05

  16. よんまるさん こんにちは。


    アコリバの絶縁体違いはシュアのイヤホンケーブル。
    音漏れがないか、殆どないイヤホンケーブルでも、絶縁体の振動特性が音質差に決定的と読めたものですから。

    振動なら各社、絶縁体もさることながら、その上の被覆を工夫して綿や絹層を入れたり振動対策工夫しているようです。

    by平蔵 at2019-02-22 11:49

  17. 平蔵さん こんばんは

    >音漏れがないか、殆どないイヤホンケーブルでも、

    ああ、ようやく分かりました。
    振動の原因となるスピーカーから空中に放出される音の音圧がないから、イヤホンケーブルについては振動が関係ないのではないかということですね。

    そんなことはありません。

    ケーブルによって音が変化する大きな原因が振動であることはいくつかの根拠によって確実です。

    大きな根拠として
    機器とコンセントの間を接続する電源ケーブルによって音が変化すること、さらに、そのコンセントのコンセントベース(カバー)によっても音が変化すること
    が挙げられます。

    そして、イヤホンで比較試聴しても、電源ケーブルによって音が変化する現象に変わりはありません。また、オーディオ機器に対する振動対策による音の変化についても、イヤホンでも確認できます。

    したがって、振動によって音が変化する現象について、スピーカーから空中に放出される音は関係がありません。

    アナログプレーヤーのハウリングはその機構に起因する特殊な例外と考えますが、スピーカーから空気を介して伝わる音でケーブルが揺れることによって音質が影響されるという迷信もアナログのハウリングからの連想なのかもしれないと思ったりします。

    イヤホンケーブルについても線材や絶縁体の振動特性が影響することの例外にはなりません。

    byよんまる at2019-02-23 00:06

  18. 平蔵さん

    >照明器具をLEDにしたら音質が上がった件について、今少し教えて下さい。

    昨年、自宅の照明器具のなかでもとくに使用頻度の高い食堂やトイレ、風呂場や洗面台を中心に照明をLED化したのですが、以前は蛍光灯(インバーター式を含む)や白熱灯を使っていました。
    LED化する前は解像度が悪く、微小なニュアンスが聴き取れない、音の立ち上がりが全体的にモッサリしていて重苦しい音で、大型ショッピングセンターが自宅周辺に数件あるためにその影響も大きく、それらがすべて閉まる夜の11時以降でないと良い音では聴けない状態でした。
    ところが自宅の主要な照明をLED化したあとは音が激変して、解像度が格段に上がっただけでなく、以前は聴き取れなかった微小なニュアンスもハッキリと聴き取れるようになりました。いわばリミッターが完全に外れたような感じです。
    LED化によって家庭内における電力負荷が減ったことも音質が安定している要因だと思います。

    by8050A at2019-02-23 00:10

  19. 8050Aさん おはよう御座います。

    うちでのかようなノイズカット対策についてまたまとめたいと思います。

    そのときはいろいろお教え下さい。

    by平蔵 at2019-02-23 03:52

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする