平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

日記

ESOTERIC&Avantgarde新製品試聴会

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月07日

今日も地元オーディオ店で開催中です。

雑感となりますが簡単に。

ESOTERIC Grandioso P1X/D1XはESOTERIC Grandioso P1/D1のバージョンアップ品ではなく、全くの別物でした。この写真からも明らかです。
ESOTERIC Grandioso P1000/D1000などの型番の方が合うと思いました。










右のSACDプレーヤー「K-01X」 ×「 K-01Xs」 新・旧製品聴き比べでは進化していることの音質的意義がわかりました。
低音の沈み込み、音場感のさらなる自然さ、音数の増加etc

シャーシデザインを買えない意義は、内緒で新型に交換しても奥方にはわからないことにもあるそうです(笑)



アヴァンギャルドは振動板が初期のアルミから高分子化合物になって、しなやかな表現力が増していました。
サブウーハーのスピードもかなり上がっていました。

ネットワークオーディオはfidataが送り出しに用いられました。

これをダイレクトにDACの場合と、N-03といったネットワークトランスポートを介して出力させる音質意義を体験することが出来ました。

今日も開催しています。

1FではB&W、フォーカル、モニターオーディオ、YAMAHAN NS-5000らを試聴できます。小型2ウェイも別ブースにいろいろありました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. お近くで試聴できるのはとても幸運なことだと思います。

    ESOTERICの音色は良くも悪くも平均的というのが、わたしの印象です。
    海外のSHOWでもメーカーブースを持っていたりとがんばっていますよね。

    アヴァンギャルドは以前から注目していて、ボーカルをよく聴くわたしにとっては憧れのスピーカーの1つです。

    高能率なところも、真空管アンプにはとてもやさしいですしね。

    私事ですが、6月のSHOWに行くので日ごろほかのシステムをなかなか聴けない鬱憤を晴らしてきたいと思いますw

    byクアイ at2019-04-17 18:17

  2. クアイさん こんばんは。

    こちらは高尚?なので、気楽なインプレションは別に記しています。

    このミッドを中心に開発、ミッドは直結でネットワークはなしという開発も凄いです!

    by平蔵 at2019-04-17 22:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする