平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

日記

フェーズメーション・パッシブプリアンプCM-2000の技術音質ら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月21日

こちらで実際に購入されて惚れこまれて使っておられたり、オーディオフェアでの高音質ぶりにレポートされていたりされておられたフェーズメーション社のCM-2000パッシブプリアンプ


ビビビッと来るものがあったので試聴させていただくことにしました。
都合2台を試聴用にショップ経由で自宅貸し出しいただきました。

トランス式ATTを自宅試聴するのは下記のとおり二度目です。
他は可変抵抗式がほとんど、一部にデジタルビット方式もありました。

さらにフェーズメーションの鈴木信行会長さまとは25年前に前の前の拙宅にお越しいただいた間柄に、会長自ら、技術部長自ら技術解説をいただける恩恵に恵まれました。

この技術解説は特許技術資料にも及びました。
同社カタログ、サイト、雑誌にもここまでは掲載されておりませんので、ずば抜けた高音質と感じたトランス式アッテネーターの詳しい解説にもなっていると思います。

自作ホーンスピーカーのミッド、ハイのレベル調整も長らくボリュームではなく、トランス式の理由もよく理解できました。

個人的な試聴記は好き好きもあるのでともかくとして、技術解説日記は、もしかしたら参考になるかと思ってリンクさせていただきます。

・フェーズメーション・パッシブプリアンプMC-2000の音質が凄い




リンク先


・フェーズメーション・パッシブプリアンプMC-2000の機能と部品がいいチョイス

リンク先


・フェーズメーション・パッシブプリアンプMC-2000の技術に脱帽

リンク先

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは。

    初めて買ったプリアンプ(コントロールアンプ)がフェーズテック(現フェーズメーション)のCA-3という機種でした。

    ボリュームを絞っても音痩せしないアンプで素人には十分すぎるアンプだったのを覚えています。

    10年以上経ち更なる進化を遂げているようですね 

    byキタサン at2019-04-21 15:59

  2. キタサンさん

    こんばんは。

    初号機をお使いであったのですね。

    うちの環境では、ATTのツマミは9時〜11時くらいで実用音量になります。

    会長自らご自宅のオーディオで試行錯誤を続けられているのも大きいようです。

    これ以前の機種については聴いたことがないのですが、コアの薄膜化や何よりバランス接続で出せるようになったことが大きいようですね。

    by平蔵 at2019-04-21 18:53

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする