平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日記

クリーン電源装置の測定と音質(2) ifi AC ipurifier ISOTEK PS AUDIO 中村製作所

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月07日

昨日に引き続き、計測を続けました。

ifi AC ipurifierやTDKラムダ、スイッチング電源を入れたら悪化するか?そうして音質評価らです。

こちらの写真10枚限度に収まらないので別所に記しました。

補足です。ブロ友さまがifi AC ipurifierの正規輸入品をお送りいただけました。
早速測定しましたが、手持ちのものと値は変わりませんでした。
御礼も込めて追加させていただきます。

リンク先

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵 さん おはようございます

    MAINSの方はノーマルモードを測定していて、中国のほうは電源の
    スパイクノイズとか拾ってる気がします。
    ノイズ対策はキリが無いので、数字であまりご覧にならない方が
    精神的にも懐にも優しいかもしれません。

    byYuho... at2019-05-07 07:11

  2. Yuho...さん

    こんにちは。

    手頃な価格で、電源歪率と、できるだけ広帯域で電源高周波ノイズを測定できる測定器があればいいのですが、なかなかないですねえ。

    これら測定器は残念ながらすべて借り物です。
    もうすぐ返さなければならないので、測定したくても出来なくなります。

    電力会社からの電源品質測定結果も出たそうです。
    今回の測定と合わせて、自分の家の電源品質やクリーン電源機器の大まかな特性がわかって良かったと思っています。

    クリーン電源装置はお高いですし・・・

    by平蔵 at2019-05-07 15:42

  3. こんにちは、平蔵さん。

    レポート、興味深く、拝見させて戴きました。
    「電磁波とノイズは、研究すればするほど分からなくなる。」
    これは、大学時代の先輩の言葉ですが、本当、判断が難しいですよね。
    とはいえ、元理系技術者としては、データがなければ始まらないという考えを持っていますので、一つの実験データとして、十分に価値があるものと感じました。
    特に業務用機器のデータは面白いです。本当、オーディオ雑誌でやって欲しい特集です。

    残念ながら、今回の実験では、iFiオーディオは振るわなかったようですが、別の実験では逆の結果になることも十分考えられますので(というか、理系の世界ではよくある話です)、別の方の測定結果がどうなるのか楽しみです。

    あと、客観的なノイズ成分の問題と、聴感上の音質の問題とは、必ずしも整合しないものと感じていますので、両者を切り離して(というよりは、車輪の両輪のような形で)議論した方がいいかもしれませんね。

    bykaku18 at2019-05-07 17:43

  4. 平蔵さん

    引き続き、幅広い機器バリエーションの測定報告、改めて、ありがとうござます。
    数値だけで判断するのではなく、最終的には聴感での印象であり、個人差は必ずあると思いますが、平蔵さんの一連の実験は雑誌やショップでも実施されない価値ある報告です。

    クリーン電源3連結も、とても興味深い実験です。
    拙宅では現在、壁コンから中村のアモルメット電源タップを経由してNOVAに繋ぐ、パッシブ連結で各機器に電源供給しています。
    正直、プラスの相乗効果を聴感できているわけではありませんが、ネガティブな印象も全くないので、電源ケーブルの取り回しもあり、この接続を維持しています。

    可能であれば、前段にアクティブ型クリーン電源を置いて歪み改善し、NOVAで高周波ノイズ退治する2連結を試してみたいです。
    費用対効果を考えると、ここで打ち止めにしますが、ノイズバスターになるのも楽しそうです!

    いずれにしろ、恥ずかしながら高周波ノイズと高調波ノイズの違いを平蔵さんの日記から学んだ私としては、とても良い勉強になりました。

    byvanilla at2019-05-07 21:21

  5. 平蔵さん、おはようございます。
    このような定量的データはとても貴重で参考になります。
    多くのメーカーは、テクノロジーや理論を語ってはくれますが、実測値は示してくれませんね。もし、示してくれたとしても怪しいものも多いですし。
    数字が悪くなっても聴感で向上する例はいくらでもありますが、一般ユーザーとしては測定データと聴感が比例するものを選びたくなります。
    TDKくらいしか買えないので早速試してみたいです。
    また色々教えて下さい。
    有難うございました。

    bytaket at2019-05-08 08:31

  6. kaku18さん コメントありがとうございます。

    >「電磁波とノイズは、研究すればするほど分からなくなる。」

    まさしくです。基礎知識がないとと伊藤健一さんのアースとノイズシリーズの一連の著作やオーディオデザインさんの著作を読みました。

    アースループらやってはいけないことの最低限はわかったものの、アースとノイズ対策で、これをやればベストというのはまだ理解、経験出来ていないのではと思っています(T_T)

    >今回の実験では、iFiオーディオは振るわなかったようですが、別の実験では逆の結果になることも十分考えられますので(というか、理系の世界ではよくある話です)、別の方の測定結果がどうなるのか楽しみです。

    本文のとおり、別の正規輸入品もリンク先と値は変わりませんでした。手持ちのifi AC ipurifierは故障してはいなかったようです。

    まさしくです。今回の測定でも、片方の測定器では数値が減少したのに、もう一方はかえって上昇するという奇妙な結果が一部ありました。
    もし、測定環境をお持ちの方には是非追試をお願いしたいところです。

    >客観的なノイズ成分の問題と、聴感上の音質の問題とは、必ずしも整合しないものと感じていますので、両者を切り離して(というよりは、車輪の両輪のような形で)議論した方がいいかもしれませんね。

    ここは不十分なレポートとなりました。別所でのレスで、高周波ノイズが増加したPS AUDIOとISOTEKらをリンクさせてお使いの方からは、測定結果と聴感がリンクしたそうです。
    一定の傾向はあるのだろうかとありがたくコメントを拝見いたしました。

    by平蔵 at2019-05-08 13:16

  7. vanillaさん コメントありがとうございます。

    これは期待なのですが、ISOTEKのようなところから1個で60Aくらいまで対応出来るノイズフィルターが発売されないか大いに期待したいです。

    これを分電盤の大元に取り付けて、基本的な高周波ノイズはカットして、後は必要に応じて、フィルタータイプのパッシブ型や、電源歪率を改善するアクティブ型を追加させたらと。

    これがもしかしたら一番お安く、合理的ではないかと(*^^*)。

    今後電気工事が予定されておられるとのこと。出来れば後からでもこういうものを取り付けられるスペースなり確保されるとよいかもしれませんね。

    by平蔵 at2019-05-08 13:21

  8. taketさん コメントありがとうございます。

    お値段も百円単位からせいぜい万単位のEMCフィルターのTDKラムダらが詳細なノイズカットデータを載せているのに、それよりずっと高額のオーディオクリーン電源はむしろデータがないことが長らく不思議でした。

    TDKは一部のオーディオ愛好家の間で多用されています。
    また試されたらお教えください。
    容量はある程度確保された方が内部の配線材、コイルの巻線の太さを見る限りよいかもしれません。

    by平蔵 at2019-05-08 13:25

  9. 平蔵さん、こんにちは。

    電源ノイズの数値化、楽しく拝読させていただきました。
    前回も記載しましたが、拙宅で試した、
    200V~100VCSEダウントランス~Ps-1220~SIGMAS~各機器へ
    上記が一番効果的でしたが、やはり時間による音質変化があり、
    バッテリー電源しかないかなと思っています。

    常時安定した音で試聴したいものです(苦笑)

    byにゃんす at2019-05-08 18:23

  10. 平蔵 さん、

    一連の電源関連のお話、興味深く拝読しています。
    既に寄せられた多くのコメントにも概ね同意します。

    その上で、クリーン電源機器は数多あるオーディオ関連機器の中で最も電気的な負荷がかかるものなので、実使用時並みに相応の負荷がかかった状況での動的性能がより重要だと思います。

    例えばトランス型の場合、機器接続時には電圧降下があるので、定格の60%程度の負荷がかかる際にベストなパフォーマンスとなるように設計していると伺いました。
    再生成型でも負荷の大小による変化が無視できないはずなので、静的なスペックの検討だけでなく出来れば自宅試聴で自身の環境との相性を確認すべきでしょう。

    その点で、パッシブ型は比較的失敗が少ないと思います。

    byのびー at2019-05-08 18:50

  11. のびーさん コメントありがとうございます。

    >静的なスペックの検討だけでなく出来れば自宅試聴で自身の環境との相性を確認すべきでしょう。

    まさにですね。これは強いてあげれば、電源レギュレーションの性能の問題だと思われます。
    パワーアンプでも大音量でバスドラム強打一発で、息切れを起こすようなのは電源部の問題が主のようです。

    これは測定装置では測定困難な部分です。
    最終的には聴感ですね。

    PS
    モガミケーブルとハイエンドケーブルらの比較試聴をどう記事にしようかと困っています(苦笑)モガミ頑張りました。

    by平蔵 at2019-05-08 18:58

  12. にゃんすさん こんにちは。

    測定からもにゃんすさんの使い方は理にかなったものとわかりますね。

    なるほど大元の品質ですね。これはもしかしたらマイ電柱が功を奏しているのかもしれません。

    ISOTEKにはTITANというパワーアンプ専用の大電力用があるのですが、小電力専用の機器があるとさらにいいですね。

    うちのようにパワーアンプはスピーカー直下で、床コンセントを設けて電源を取っている場合には、SIGMASらクリーン電源のパワーアンプ用大電力用端子を使わなくなるので、ちょっと勿体無いです。

    近々、電力会社による電源品質測定結果の説明をいただけるそうです。
    お役に立つ内容があれば日記にいたしますね。

    by平蔵 at2019-05-08 19:38

  13. これ、高周波は出すが、低周波はノイズ改善できているとかありませんか?ノイズハーベスターの光る速度は遅くなる気がします。

    ISOTEKのイベントでノイズチェッカーで数値を見せてもらって、確かにノイズはsigmasで0になっていたのですが、ノイズハーベスターを持参して刺させてもらったところ、光りっぱなしで全く効果がみられませんでした。おそらくですがノイズハーベスターは割と低い周波数のノイズを拾ってひかっているみたいで、isotekが使ってるノイズチェッカーは高周波ノイズしか拾えていないみたいです。

    byとも at2019-05-21 10:57

  14. ともさん コメントありがとうございます。

    >高周波は出すが、低周波はノイズ改善できているとかありませんか?

    どちらにその実測データがありますか?

    >ノイズハーベスターの光る速度は遅くなる気がします。

    これはノイズ計測器ではありません。

    >isotekが使ってるノイズチェッカー

    こんないい加減なものではいけません。あのフィルターらでノイズがゼロになるわけがないことは同じフィルタータイプのTDKラムダの定格データを見れば明らかですから。

    これは商品PR用のデモ機器と思った方がいいです。

    by平蔵 at2019-05-21 11:37

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする