平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日記

追記あり 夏用アンプ プロ用thomann社 S-75mk2とケーブル比較試聴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月12日

ソナス・ファベール/アマティ・トラディションの常用アンプ テレフンケンEL156プッシュプルアンプを使ってオフ会をしていたら、天窓全開にしても室温が他の部屋の室温より2度も上昇してしまいました。

完全防音の音楽室は、ある種の究極の高断熱でもあって、熱が逃げないようです。

新音楽室になって初めての夏。エアコンを入れれば乗り切れるとはいえ、スマートとは言えませんね。

そこで、夏用に発熱の少ないアンプがないか探していたら、ブロ友が表記アンプを貸してくれました。




電源ノイズカット基盤

ほんのり、放熱孔が人肌くらいになる程度で発熱はとても少なく、全国夏日の昨日も音楽室の最高温度は24度までしか上昇しませんでした。

こちらはハイエンドをお使いの方が多くて、27,800円ばかりのステレオパワーアンプを紹介申し上げるのはどうかと。
でも代打ですから、コストを抑えてと当初中華デジアンも含めて検討していましたものの、夏用代打アンプとしてこれをオススメできるかと思いした。

使い方を工夫すれば、プロ用アンプとは思えないしなやかさで、駆動力を増した音が得られました。

追記
「未確認情報ですが、初期のS-75mk2に比較して現在のS-75mk2は低ノイズだとのことです」


接続
リンク先

音質


ACOUSTIC REVIVEらケーブル比較


リンク先


thomann社 S-75mk2アンプ用信号ケーブルの選定

リンク先

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. アンプの発熱に関しては苦い思い出があります。

    30年以上前になりますが、4畳半のアパート住まいだったころ、分をわきまえずにAクラスアンプを使っていました。
    ラックスマンのプリメインですね。
    夏になるとひどいものでエアコンをガンガンにつけても全く冷えず、汗だくになって音楽を聴いていました。
    4畳半ではAクラスアンプは無理だと初めて分かりました。

    2年でそのアンプは売却。それ以来マランツなどの発熱の少ないアンプを選ぶようになりました。

    今は部屋の広さや生活に合ったものを使っています。
    音以前に自分に合うというものはそういうことだと思っています。

    byうつみくん at2019-05-12 19:14

  2. うつみくんさん コメントありがとうございます。

    お借りしたものも本日お送り出来そうです。

    自作真空管アンプ発表会らで、真空管アンプを使っている仲間が多数おります。

    うちより発熱大きなアンプでも、頑張ってクーラーで乗り切っているお宅もあれば、夏には発熱少ないトランジスターアンプに切り替えて乗り切っているお宅もあります。

    今回は、オーディオアクセサリーかケーブル程度の予算で、思いもかけない音質が得られたので、懐に優しいピンチヒッターということで紹介させていただきました。

    ステレオアンプ2台買っても6万いきません。

    BTL接続でモノラルアンプで使うもよし(但しスピーカーインピーダンスは8Ω以上)、バイアンプとして2CHを高域、低域に分けて使うもよし、自分のように片CHだけにして、ダンピングファクターを落とさずに、電源に余裕を持たせるのもよしです。

    上記実験用にも使える低予算で買える実力あるアンプです。

    by平蔵 at2019-05-13 15:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする