平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日記

3,電力会社による電源品質測定 電源高調波、電圧ら マイ電柱に意義はあるか各論その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月17日

最終回です。

前回までの電力会社による電源品質測定です。

1,電力会社による電源品質測定 電源高調波、電圧ら マイ電柱に意義はあるか総論

2,電力会社による電源品質測定 電源高調波、電圧ら マイ電柱に意義はあるか各論


いよいよ電力会社による、電源品質測定のレポートの最終回です。

電源波形を歪ませる奇数次高調波のトータルの測定結果のレポートまでが前回まででした。

今回は 電源高調波の中身、電圧変動らについてです。
これらも音質に影響を与えている要素そのものと思いました。

まとめるのに2時間かかりました(笑)ふぅ~

よろしければこれで終わりですので、ご覧くださいませ。

3,電力会社による電源品質測定 電源高調波、電圧ら マイ電柱に意義はあるか各論その2

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵さん

    電源品質の核心に迫る渾身のレポートありがとうございます。
    ご苦労様でした。
    電源について学ぶ良い機会になり、かつ、雑誌、書籍、オーディオショップからも得られない貴重な情報です。

    拙宅では昨日ベルウッドさんの日記にレスしたように、歪みの最大原因はアキュのアンプたちでした。

    オーディオ機器はほぼ全てNOVAから電源供給しており、アンプが発生する高調波が間接的に電源経路を汚染していることは考え難いのでは、電源ケーブルを通して高調波をNOVAにフィードバックしてしまっていると思われます。

    IsotekのTHD数値精度がどの程度のものなのかわかりませんが、身内がここまで悪さしているとは思いませんでした。
    デジタル機器群の影響はほとんどないので、アンプのトランス辺りが原因かと推測されます。

    今後どのような対策を打てば良いか不明ですが、電源関連の課題認識ができたことは大きな収穫です。

    平蔵さんのレポートがトリガーに今後はより具体的な対策(できるだけ財布に優しい)についての報告がコミュニティで活発に共有されること期待しています。

    byvanilla at2019-05-17 07:18

  2. 平蔵さん
    とことん追求されてますね、ここまでできる人はザラにいないと思いますよ、高調波ということになると厄介ですね、vanillaさんの投稿にもありますように、ハイパワーのアンプから逆に回り込んでいたりとか、いっそのこと電源トランスを全てはずしてDCで電源入力できるようにして電池を接続するとどうなんでしょうか?私はやったことがあります、結果なんですが、それをすることによる改善は見られませんでしたね、結局元に戻しました、利便性も悪いですので、まーしかし改善がみられるかどうかは個人のシステムによるのだとは思います。

    bypyhon at2019-05-17 14:46

  3. こんにちは、平蔵さん。

    渾身のレポート、ありがとうございます。
    長年の疑問の幾つかが、解消されました(+経験則的に感じていた部分の裏付けが出来ました)。
    今後、同じようなレポートや測定結果が増えてくれば嬉しいことです(本当は、私が、自分ですべきなんでしょうが・・・)
    レポートを拝見し、色々と思う部分はありましたが、ともあれ、お疲れ様(+ありがとう)でした。

    bykaku18 at2019-05-17 17:21

  4. vanillaさん コメントありがとうございます。

    ご評価いただき、ありがたき至極です。

    工場はないものの、それなりに集合住宅もある密集した住宅地という立地はごく普通と思います。

    きっと多かれ少なかれ、似たようなノイズ環境となれば、拙いレポートが何らかの参考になれば幸いです。

    >IsotekのTHD数値精度がどの程度のものなのかわかりませんが、身内がここまで悪さしているとは思いませんでした。

    SIGMASを借りていた時には、歪率計を表示させっぱなしにしていました。
    これと電力会社の歪率変動を比較する限り、かなり同じ値でしたので、信用して良さそうです。
    ps
    SIGMASで取れるのは歪ではなく、高周波なので、本当は高周波計測回路を積めばいいですのに(苦笑)。
    (MAINS NOISE測定器が10万となると、コスト的に無理だった?)

    アンプの電源からのおそらく整流ノイズの逆流とはちょっと驚です。

    一度アキュに問い合わせてはいかがでしょうか?

    また書きますが、グルマンさんの詳細なクリーン電源機器情報がとても参考になりますね。
    そちらと重ね合わせても、NOVAから導入されたのは賛成です。

    うちはNOVAまでいけずにSIGMASで予想的中です(*^^*)。

    by平蔵 at2019-05-17 18:30

  5. pyhonさん コメントありがとうございます。

    ご評価ありがとうございます。

    電力会社の測定担当の皆様からも、こういう測定は滅多にないそうです。

    その意味で、電力会社側としてもよい経験になったと言っていただけました(*^^*)。

    一つの解決方法として、電源トランスの巨大化とか、電源ケーブルに音質を確認しながら、ファインメット、ヴィトロパーム、アモルメットコアを入れる方法も頭をよぎりました。

    バッテリーのDC直結は理想と思います。
    ただ、バッテリーの電圧でまかないきれないと、モバイルバッテリーのようにDDコンバーターで昇圧すると、このノイズが影響すると予想されます。
    モバイルバッテリーは3.7VをUSB5VにDDコンバーターを使っているからノイズまみれと聞いたことがあります。

    by平蔵 at2019-05-17 18:35

  6. kaku18 コメントありがとうございます。

    うちの立地環境はよくあるパターンなので、多くの皆様と共通する電源環境だと思います。

    集合住宅でも同様で、普通の人間生活が生み出したノイズの集積のようですから。

    過分なご評価をいただき、計測とレポートを頑張った甲斐がありました。
    ありがとうございます。

    by平蔵 at2019-05-17 18:39

  7. 皆様、これはグルマンさんが最後に明らかにしてくれるかもしれませんが、どれからとなると、フィルターかトランスか、パッシブ型からがいいように思います。

    電源歪率が大きいということは、おそらく同時に電源高周波も大きい可能性が高いです。

    住宅地、集合住宅にしても人間生活で使う電気製品からのノイズの集積と思われますので。

    工場が近い、太陽光発電のインバーターとなればまた別に考慮。

    結局バッテリー型にしても、AC電源再生成タイプにしても、グルマンさんレポートにもあるとおり、測定でもかなりのインバーター高周波ノイズが・・・これはフィルターかトランスで取らざるをえませんので。

    今回の心残りは両タイプ合体のISOTEK GENESISを測定できなかったことです。

    by平蔵 at2019-05-17 19:06

  8. 平蔵さん

    やはりアクティブとパッシブ合わせ技一台はGENESISだけですかね?
    ただし、この価格は手が出ません。
    電撃容量の問題はありますが、NOVA上流にPS 追加の方が安いです。

    先程NOVAのTHD値を改めて確認してみましたが、TV電源オンでもオーディオ機器オフであれば、歪みは3.2%パワー一台オンにしたら、0.4%跳ねました!

    宿命と諦めますが、アキュにも確認してみようと思います。

    byvanilla at2019-05-17 21:40

  9. vanillaさん こんばんは。

    自分もGENESISは予算を超えます。ただ測定だけはしたかったという一連の機器レポートとしてはですね(苦笑)

    よい方にとられましょう! 原因がわかったのですから、これをどうするかは今後の試行錯誤、調べ、研究課題ですね。

    そう思って一連をアップさせていただきました。
    この対策にはグルマンさんの試みは多いに参考になるだけに、偶然に同時期投稿ももちろん、貴殿の試みもとても参考になっています!

    by平蔵 at2019-05-17 21:53

  10. 平蔵さん
    激励ありがとうございます。

    歪みの原因はアキュ(プリは軽微、パワーは1台で0.4-0.6程度悪化)することがハッキリしました。

    拙宅ではコンセントの繋ぎ換えは大仕事なので、いずれ暇を見つけ、NOVAからではなく他のルートに変更し、アンプに電源供給して歪み測定してみます。

    byvanilla at2019-05-17 23:29

  11. vanillaさん こんばんは。

    それもアリですよね。

    またどんな風になったのかお教えくださいませ。原因がわかること自体が、次の対策に繋がりますね(^^)

    by平蔵 at2019-05-18 01:12

  12. 平蔵さん、こんにちは。

    読み応えがあってとても勉強になりました。
    DC側は装置内部での改造自作でかなり対策を取っていますが、AC側はまだまだやれる事が残っていますので、この日記の内容を今後のAC対策自作に活かしていきます。

    byCENYA at2019-05-18 10:54

  13. CENYAさん コメントありがとうございます。

    ↑でコメントさせていただいたとおり、将来は自作も含めて選ぶ参考になったのであれば、レポートさせていただいた甲斐がありました。

    また、AC側の工夫が見つかれば、さらに情報交換いたしましょう!

    by平蔵 at2019-05-18 14:02

  14. 平蔵さん、こんばんは。

    詳細なレポートありがとうございます。
    参考にさせていただいており
    早速TDKラムダRSMN-2030を発注しました。
    ピュアオーディオの200V環境に導入しようと思っています。

    導入後日記にしますね。

    byにゃんす at2019-05-19 00:52

  15. にゃんすさん コメントとご評価いただきありがとうございます。

    スパイクノイズにまで対応の30A対応モデルですね。
    コンセントからなら間違いないご選択です。

    うちのは引込線に入れるとなると、三相タイプの5000番タイプにしなければならないのに、間違って注文しまいましたRSMN-2060があります。


    これをとあるクリーン電源にお詳しいオーディオファイルにお送りして、ご評価いただく予定です。

    一部のオーディオファイルからは、下手なオーディオ用よりよかったとコメント頂いております。

    その後、さきほど玄関に届いていたSIGMASとガチンコ対決させてみようかと(^^)。

    双方、高周波カット性能は間違いないことは測定で明らかですものね。

    そこに、にゃんすさんからのレポートも加わり、かなりのものともなれば、オーディオ電源クリーンメーカーなんなのよ!となればいいのですが(*^^*)

    by平蔵 at2019-05-19 01:45

  16. 補足です。vanillaさんが、アンプらオーディオ機器から出る電源ノイズを明らかにされておられました。

    この対策が施されたパワーアンプをレポートしたことがあります。それも売価27,800円(*^^*)
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/1966/20190512/62467/

    このアンプの内部写真をご覧くださいませ。
    右の電源トランスとは別に、下にコモンモードチョークコイルと黄色い四角なコンデンサー基板が見えます。

    このコモンモードチョークコイルのコアは白いので、少なくともアモルファス以上です。

    まさにスパイクノイズカットまで対応のTDKラムダの最上位タイプら相当品です。
    しかも、インレットタイプと違って、それなりのコアサイズです。

    これで、外部からの電源ノイズの混入とアンプ自ら出す可能性がある整流ノイズもかなりカットしてしまいます。

    グルマンさんが紹介されていたISOTEK アクエリアスのノイズカット1回路が丸々入っているような…
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/4051/20190517/62516/

    例えば、電源ノイズ対策に電源トランスのケーブルにフェライトコアクランプを複数のMarantzのプリメインアンプを越えたノイズカット対策の一例です。

    プロ用、27,800円。オーディオ機器、自らのノイズ対策頑張れ!と言いたいです(*^^*)

    by平蔵 at2019-05-19 02:52

  17. さらに補足です(*^^*)

    何と!日置電機から今回の電源品質アナライザーがモデルチェンジされて、新しいモデルが出ました。

    スパイクノイズまで測定らさらに性能が上がったほか、電気自動車時代を背景にDCノイズまで測定できるそうです。

    お値段もだいぶ上昇(*^^*)
    本体55万円、付属品付69万1000円だそうです。
    https://www.hioki.co.jp/jp/products/detail/?product_key=1766

    by平蔵 at2019-05-19 02:53

  18. 平蔵さん
    こんにちは。

    現行機器の内部を改造する勇気は無いので、他の高調波ノイズ対策を検討したいのですが、フェライト系は高周波にしか効かないと思われるので、あまり打つ手は無いのかなと思っています。

    アンプ自ら生成するので高調波が自身にどのような影響を与えるのか?

    アンプ内部で発生している高調波ノイズは、上流潰した歪みとは別次元であり、これはオーディオ機器自身が対策できていないと意味がないのでは無いか?

    アンプが引き起こす歪みはやはり他のオーディオ機器に影響を与えるであろう?

    最下流のアンプが発生原因となると上流の歪み対策だけでは、根本的なクリーン電源対策ができておらず、本末転倒ではないか?

    などと素人ながら考えてしまいます。

    byvanilla at2019-05-19 13:02

  19. vanillaさん コメントありがとうございます。

    三次、五次、七次あたりの高調波にはフィルターもトランスも、いわんやフェライトなど全くの無力そうです(T_T)。

    これはメーカーにこそ対策を考えてもらった方がいいと思います。

    by平蔵 at2019-05-19 13:51

  20. 平蔵さん、こんばんは。

    ラムダは平蔵さんの様に、ブレーカーから接続しようと思ってます。

    >三相タイプの5000番タイプ
    平蔵さん宅は三相電源ですか?
    そちらから電源を取られてるのであれば、
    単相に比べ、近隣で使用している方が少ないでしょうから音質的に有利でしょうね。
    +マイ柱ですから、ある意味商用電源としては最高品質ではないでしょうか。

    ラムダは平蔵さんが数値で測定していただいたので、安心して購入することが出来ました。
    納品が週中になりそうなので、取り合えずケーブルを接続して試してみるつもりです。
    待ち遠しい・・・

    オーディオ機器からのノイズは、グルマンさんの仰られている通り、
    Isolationで対応するしかないでしょうね。

    私の場合、AV系のアンプがノイズをバラまいており、聞かないときは
    Ps-1230の電源を落として対応しております。

    また、Linnの電源は余り歪みが出ないんですよ。
    それでも、個々にIsolationした方が、音質的に有利でしょうから、
    まだまだ色々とやることが多いです。。

    それにしても、測定器のお値段が凄いことになってますね。
    しかし、あれだけ詳細に調べることが出来るのであれば、導入しても良いかもしれません。
    ただ・・私が導入したら、毎日気になって音楽どころではなくなるような気がします(苦笑)
    確かIsoTek?の測定器も同じようなお値段だったような・・・

    byにゃんす at2019-05-19 23:12

  21. にゃんすさん コメントありがとうございます。

    >確かIsoTek?の測定器も同じようなお値段だったような・・・

    MAINS NOISE ANALYZERですね。これは10万円です。
    というか、これはまったくオススメできません。
    10万も取って、高周波ノイズないのか、高調波なのか測定対象も不明という代物ですから。
    高周波ノイズとしても、どの帯域のノイズを測定しているのか定格すらありません(苦笑)

    実際にいくらフィルターを4段重ねても、たとえば高周波ノイズがゼロになることはないことくらいは、工業用としてしっかりしたデータがメーカーから示されているTDKラムダの定格データを見れば明らかだけに、半分は商品PR用程度の一参考データの一つ程度に見ておいた方がよろしいと思いました(*^^*)。

    もう一つのEMIメーター(実売3万前後)の方がまだ信頼できるように思います。


    一気に値上げの日置電機のはレンタル可能ですし、電源品質に問題が出て、家電品の動作に問題、故障等の具体的症状があれば、それを示して電力会社の管理の問題で調べてくれます(^^)。

    TDK、わずか数万の製品なのに、お客様相談室では即電話対応。
    地元の支店からも電話で取扱店を教えてくれたり、使い方の指導ら、オーディオでは考えられないキメの細かさです。
    わからないことがあればTDKラムダのお客様相談室です(^^)。

    その際、オーディオルームでクリーン電源と説明なさって、先方のご理解が及ばなければ、各種電気機器のノイズ研究室か、電源測定クリーンルーム並の電源クリーン化を実現できるオーディオルームを目指しているとすると理解していただけます(うちがそれでした)。


    PS
    間違って注文した2000シリーズも無駄にならないとはTDKさんです。
    5000シリーズでもまだノイズカットが足りなければ、お使いの100VのL1かL2回路にさらに2000シリーズを追加されて、ノイズカット性能をアップしてみる試みもTDKさんからアドバイスいただいております。

    by平蔵 at2019-05-19 23:32

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする