平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日記

クラングの会 太陽光発電ノイズでチョークトランス電源を諦める

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月27日

週末に当地で開催されたクラングフィルムオーディオを愛好する会に今年も参加させていただきました。

おそらく世界でもここがトップクラスのドイツ クラングフィルムオーディオが収集されていると思います。

正直、バカ高くなりすぎてアジア新興国の富裕層しか買えなくなったWestern Electricよりもまだクラングフィルムは我々日本人でも手が出せるお値段です。

オイロダインなら2本、300万円~400万で買えますから。

Western Electricならただの中高音ドライバー WE594あたりなら2個で600万円ではないでしょうか。
スピーカーだけで軽く1千万円超えます!

ご興味あるものがあれば、わかる範囲で説明できます。

あまりに写真が多いので、ご興味あればリンク先をご覧くださいませ。

クラングの会

閑話休題、管球王国にクラングフィルムの歴史を連載されている小林さんと電源ノイズの話になりました。

小林さん宅の周りには太陽光発電が多くて、電源が汚染。

晴天の日は、アンプのチョークトランスの唸りが酷くなるので、チョークを使わない電源を開発されたそうです。

もし最安値でジェネレーターをどうのように開発するかという話題については、プリアンプ相当でたとえば、60Hzのサインウェーブを作り出して、巨大なプロ用コンサート用アナログアンプ、デジタルパワーアンプでこれを増幅させて電源とする案などが出されました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵さん おはようございます

    KULANGの会、参加されたのですか。
    最近ご無沙汰ですが以前に何度か参加しました
    もしかしてお会いしてたのかも

    電源の汚染最近ひどいことになってますね
    アンプの電源回路考える必要がありそう。

    byいなかのクラング at2019-05-27 08:18

  2. いなかのクラングさん こんにちは。

    今年は新先生が管球王国とレコード芸術でソフト紹介と録音評を担当されている、元オーディオラボ、日本フォノグラムレコーディングエンジニア、常磐清先生をお連れになりました。


    常盤先生によるの高音質録音盤の披露は演奏共々素晴らしかったです。

    桑原威夫さんによる1910年世界初録音ソフトのご披露。
    そうしてカール・シューリヒト指揮ベルリン・フィルのベートーヴェン:「田園」交響曲(1943年6月録音)のSP白盤の音質の良さに一同びっくり。
    大戦末期の録音らハードのみならず、ソフト披露も楽しみでなるべく参加しています。

    小林さんとは、この会のだいぶ前からお付き合いいただいております。

    来年は是非お会いしましょう。

    by平蔵 at2019-05-27 12:12

  3. 平蔵さんこんにちは。

    いつも素晴らしい記事をありがとうございます。

    中学生の時に放送部に入ってより、58年間、昔hi-fi…今オーディオを趣味として細々と楽しんできました。

    以前の記事にもレスさせていただきましたが、38年前(34歳の時)に北海道での高調波の実体験から、日曜日の深夜に最も清澄で良い音が聴ける理由を理解することがかない、経済の発達と比例して音が悪くなっていく理由もわかりました。

    その際に考えていたのが、高調波や高周波ノイズ、雷サージなどを物理的に完全に遮断する方法でした。

    それは最も単純な、「モーター・レオナード装置」でした。
    参考: http://6.fan-site.net/~haasan55/MotorTsukaikata.htm

    話は簡単で、3相かご型電動機で交流発電機を回せばよいのです。

    例えば11KWのかご型誘導電動機で11KWの単相交流発電機を駆動すれば、外来のすべての歪、ノイズとは無縁の純粋な交流電源が得られます。

    両軸で構成すれば、機器ごとに必要な発電機を連結し、必要なだけ電源を用意できます。

    アンプ自体の整流器から発生する高調波や、高周波ノイズも全く他の機器に影響を与えません。

    お金も、設置する場所も、時間もある高度な頭脳を誇られる皆様が、なぜどなたも挑戦されないのか不思議でなりません。

    太陽光発電のコンバータノイズに汲々として、チョーク・インプット方式のアンプの使用を諦められるなんぞは、「何をやんとんじゃい」と、言いたくなります。

    一爺の妄想です。(妄言多謝)

    byロクハン好き≒さくどう親父 at2019-05-27 14:53

  4. ロクハン好き≒さくどう親父さん こんにちは。

    いつも大所高所からの現実的アドバイス有難うございます。

    あえて書きませんでしたが、主催者の小林さんの本業はコンピューターソフト開発とデータ処理です。

    しかも行政データ。オーディオどころではない、ノイズや瞬停でデータが失われる恐ろしさはお金そのもののようで、バッテリー電源納入済だそうです。

    そうしてお書きの自家発電が一番ベストという話になりました。

    都会マンション住まいの方々も少なくなさそうなので、あえて自家発電はネグレクトさせていただきました。

    こちらはメーカーでもありますので、どんな酷い電源事情でもトランスが唸っては商品にな。ませんので、チョークトランスレス電源を開発されたと推測いたしました。

    メーカーとしては。最悪電源ノイズ環境を逆手に取るのもありかと(*^^*)

    by平蔵 at2019-05-27 18:31

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする