平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

日記

コトヴェール導入しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月03日

HIOKIの高周波ノイズ測定器 ノイズハイロガーの中古を19万円で見つけたのに、やはり売れてしまっていました(T_T)。

こちらでこの製品を知ることが出来た御礼も兼ねましてレポートさせていただきます。

好事家さんが2回に渡ってコトヴェール SFU-005-3Pのノイズ減衰効果を検証。

一回目

二回目

グルマンさんが音質についてコメント。

寡聞にして知らないマシンでしたが、これは安心、間違いないと思いました。
買うしかないとポチッとして昨日届きました。

本来のメインはこの表示のとおり、NTTと一緒に開発した?、電源ノイズカット&サージプロテクターなのですよね。


LAN、電話回線用らにも同じ機能のものがコトヴェールブランドから出ているようです。

過日の電源ノイズ測定からも、ここまでのノイズカット性能を持つものはコンセントに差し込むタイプでは知りません。

TDKらEMCフィルターでも一つ前の日記でオススメしたTDKラムダのRSAN-2006でも歯が立ちません。
このラムダは一段チョークフィルター、例えばIsoTekは四段チョークフィルター。
TDKでも今度分電盤に取り付ける予定のは二段チョークフィルターです。

コトヴェールは二段ないし三段相当です。

それはそうと、これにもいくつかのタイプがあることを買ってから知りました(*^^*)。

うちのは3Pコンセント用ではなく、2P用でした。


ではアースはどこに繋げるのかというと横にありました。


これはうちでは好都合です。
アースループを恐れて、コンセントはFURUTECH GTX-D NCF(R)の3Pタイプでありながら、アースは繋いでいないからです。

これの利用先はオーディオ専用PCです。
先日のCocktailAudioでも気になるところがあって、まだネットワークAudio専用機の導入に至っていません。

贅沢にもオーディオ用壁コンセントにコトヴェール経由でPC電源を直結です(^^)

強力なノイズカット性能から、PC電源ノイズがオーディオ用電灯線に入ることを防止してくれますから!

サージプロテクターの機能もLEDランプの点灯でわかるのもいいですね。

それまで、貧乏根性でIsoTekの空きコンセントが勿体ないとそこにさしていたPC電源。

晴れて、その他Audioからインピーダンスが切り離されました。

効果効能は電気的には、IsoTekの歪率計が有意に下がったことです。


PC電源をIsoTekから切り離したあとの昼間の人間の活動時間の電源歪率です。
デジタル機器を繋げた状態で、ざっと0.3%以上は減りました。
なおESOTERIC Grandioso P1/D1ではオンオフでこの電源歪率は変わりません。

それだけPC付属スイッチング電源はスイッチングノイズを巻き散らかしていたということなのでしょう。
過日の測定でも、あえてアイソレーショントランスでクリーン化した電源に小型のスイッチング電源をさしただけで有意に高周波ノイズ数値がアップしたことをレポートさせていただいたとおりです(それよりPCの電源の消費電力は強大)。

グルマンさんレポにもあれば、

Fuji3さん日記

vanillaさん日記


のAccuphaseやIsoTekのクリーン電源の歪率計の変化のとおり、何でもかんでも同じコンセントやクリーン電源から取らない方が電源ノイズと歪からはベターということなのだと思います。

もう一つのメリットは本来のコトヴェールの目的の雷サージプロテクターとして、PC関係のデータが守られることですね。

先日、不注意でPCの稼働中に電源を抜いてしまったら、取り込んだ音楽データ情報がみんな飛んでしまいました。
18時間もかけてHDDの元データから復元。

今はPCそのものの故障というより、それに伴う内部データの方が価値としては重要ですから。

音質は、背景が静かになりました。
クリーン電源のシグマスにPC電源からノイズがばら撒かれていたわけですから当然か(*^^*)

自分の方は本日届く予定の中国メーカーの高周波ノイズ測定器で、これや、別のサージプロテクター、TDKラムダのRSAN-2006ら1万円未満のノイズカット製品がこうして増えたので、一斉に測定してみたいと思っています。

それにしても、ノイズハイロガーの中古が抑えられなかったのは痛かった。
19万は高いですけど、レンタル1回62,000円ですから(T_T)。

ps 好事家さんからも、アースはこの製品には繋げたほうがベターとのアドバイスと回路図で追ってもそうだろうと思い、まずは本体コンセントを3P化

アース棒にアース線をYラグにて。

これではコンセントが奥まで入らない。

本体サイドにあるアース端子から、アースバーに繋ぎました。




PSあえてこちらにアップするまでもない話題です。

雷雲の接近を40km前で検知

ゴジラ映画は当地で観たくない 関東映画館の画質音質比較旅

最近はまっているAudioでの振動コントロールから 音の悪い家具

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 好事家さん いいものの実測も含めてのご紹介ありがとうございました。

    3P対応はそうでしたか。中古でもないのに、本体だけいきなりプチプチにくるまって届きました。

    ところでアースの接続はどうされていますか?

    グルマンさんによると、オーディオ用に特化した製品もあったとのこと。

    もっと頑張って進化発展してくれていれば、あれだけのノイズカット性能です!日本のIsoTek相当品になりましたのに。

    どうも売れないとただちに辞めてしまう、日本オーディオメーカーら日本企業の弱点と見ました(*^^*)。

    by平蔵 at2019-06-03 11:34

  2. 好事家さん ありがとうございます。

    日記の回路図を拝見しても、アースへの接続が前提のように読めました。

    お陰様でアースに無事接続いたしましたので、補足いたします。

    スペックなしのほとんど老人を集めての健康食品か電気健康器具、寝具類みたいな世界になってはいけませんね。

    by平蔵 at2019-06-03 13:08

  3. 好事家さん 

    ご紹介ありがとうございます。

    さらに150AV対応なら、分電盤に入れられます。オーディオ用はリスニングしての仕上げがあるから仕方ない部分があるとはいえ高額ですね。

    アイソテックの名誉のためとなれば、裏の多数のコンセント数分の独立したフィルター回路ということはせめて(*^^*)。

    アイソテックみたいに世界で成功させるには、語学力も含めて、名声と販売網が一番のネックになりそうですね。

    いずれにしても、これはどなたにも推奨できますし、音質が合わなければ、会社PCや家電ノイズカットに回せばいいので無駄になりませんね。

    by平蔵 at2019-06-03 19:04

  4. 平蔵さん、こんばんは。
    コトヴェールは、15年位前にパナソニックのデジタルアンプXRシリーズが爆発的に売れた時に、その弱点(高域が荒い)を解消するツールとして、流行りました。私も釣られてAVR550SDのために購入しました。懐かしいです。少し品位が向上する印象を持ちました。
    私のは購入後5年くらいで本体から異音が発生して処分しましたが、平蔵さんの記事を読んでまた聴いてみたくなりました。

    bytaket at2019-06-03 19:50

  5. taketさん コメントありがとうございます。

    そんな昔からのロングラン製品だったとは。浦島太郎ではないですか(*^^*)

    先程こちらをご覧になったコトヴェールの社長様から御礼メッセージをいただきました。

    利害はありませんが、Amazonで一連の機種の販売開始を開始。オーディオ人にも評価いただいてますと。

    こちらは業界人もご覧になるので、確実な情報の日記に絞っています。

    その少しが大変な変化とするのもオーディオでしょうか。

    基本的なトーンバランスが変わるわけではない、音場への影響は言葉にしにくいです。
    マイナーチェンジもありますし、ゲリラ豪雨ら雷鳴が年中轟く以上気象。

    この性能なら、ネットワークオーディオの安全保護者と音質改善に試される価値は大きいと思いました。

    by平蔵 at2019-06-03 20:34

  6. なんとなんと、20A版が生きていたとは
    オーディオ製品のバカ高い値付けに比べればお安いものでございます

    PC電源は電力も大きいので高周波という意味ではかなりの猛毒です。しかも毒を垂れ流す割にはPCに注ぐ電源の質で音に影響が大きいという困った奴ですね。

    しかしオーディオ用と名乗り高値を付けるならコトヴェールのスペックくらいは破ってほしいものです
    "測定値より音"と言いますが、それはユーザーレベルなら良いとしてメーカーがそれを言ってしまうとオーディオ業界は更なる斜陽を迎えてしまいます。
    とかいいつつ絶対に測定なんてしても結果がでないhigh fidelity cablesの怪しさ満点の磁石の筒を耳で判断して喜んでいる二律背反、二枚舌の愚か者ですよ皆さんグルマンと言う人間は!

    byグルマン at2019-06-03 20:40

  7. 好事家さん オーディオ浦島太郎でした(*^^*)

    by平蔵 at2019-06-03 20:40

  8. グルマンさん コメントありがとうございます。

    およそオーディオアクセサリー誌すら取り上げる可能性皆無なこういう汎用ノイズカット製品の総まくり試聴と測定コーナー最高そうです。

    昔、オーディオヴィリッジだったかユニークな雑誌がありました。

    主たる執筆者であった先生は自宅近く、アマチュア衛星で何度か交信させていただいたのに、早くに失くなられてしまいました。

    by平蔵 at2019-06-03 20:46

  9. 当時のブームはこのコトヴェールとαゲル、もう一つがAKシールでしたね。そこからのテスラクランプの販売中止、懐かしいです。

    byにら at2019-06-03 20:51

  10. にらさん コメントありがとうございます。

    すっかりわかりません。その時期は仕事?家族?でオーディオどころではなかったのか?

    オーディオアクセサリーの法則としてロングランになれば本物法則を提唱させていただいております(*^^*)。

    コトヴェールは間違いなくそのカテゴリーというか、効果効能にスイッチング電源ノイズカットや、インバーターノイズカットがないあたり開発時代の平和な?電源ノイズ環境が垣間見えますね(*^^*)

    by平蔵 at2019-06-03 21:00

  11. 好事家さん おはようございます。

    上にわけのわからない書き込みをしたようで恐縮です。

    ×さらに150AV対応なら、分電盤に入れられます。

    ○50Aを超える企画のものなら分電盤に入れられます。

    by平蔵 at2019-06-04 04:38

  12. 平蔵さん

    まだまだ続きますね!

    メーカーは全部繋いでもそれぞれIsolate されているから問題ないと言っていましたが、パワーと他の機器は電源経路を分離した方が高調波ノイズの影響は低減できそうですね。
    早く試してみたいのですが、一仕事なので実行できていません。

    ただし、パワーを別経路で接続すると仮に高調波ノイズを低減できても、NOVAの高調波ノイズ効果が適用されなくなるため、どちらが良いか聴感判断になります。

    byvanilla at2019-06-04 07:37

  13. 平蔵さんこんにちは。

    ご紹介いただいた「好事家さん」の日記への、わたしのレスを貼ります。

    >>好事家さんこんにちは。

    今回も素晴らしいレポートをありがとうございます。

    これは良い製品ですね。

    私もいつかは入手してみたいと思います。

    回路図を見ると、雷サージに関しては線間とアース間のサージキラーをあてがい、高周波ノイズに対しては中間のチョークコイルと、その両側にあるコンデンサによって減衰をさせているように思います。

    数MHzから急に減衰できなくなるのは、チョークコイルの巻き線間の浮揚容量によるものだと思います。

    これを減衰させようとすると、コストが跳ね上がりますので、割り切っているのでしょう。

    この価格でこの性能は立派なものだと思います。

    オーディオ用となれば、10倍~100倍はすると思います。…(-_-;)<<

    使用されているサージキラーには、寿命(サージ・バイパス回数や、サージのエネルギー量等による)があります。

    ご留意ください。

    byロクハン好き≒さくどう親父 at2019-06-04 14:17

  14. vanillaさん コメントありがとうございます。

    メーカーの説明も十分ではありませんね。

    それがジェネレーターであっても、ノイズフィルターであっても、出口一つのコンセントにいっしょくたに繋げば、ノイズや高調波発生機器の影響を他のオーディオ機器が受けるのは当然ですよね。

    またコンセント毎にフィルター回路があるIsoTekのようなマシンでも、完全にノイズを除去できるはずがありません。
    あのMAINS NOISE測定器は、ここのデモ用のようですから、表示がゼロになったりするだけのようです。

    入ってきたノイズも減衰しきれず、他のコンセントに繋がれた機器に影響するはずです。

    by平蔵 at2019-06-04 14:52

  15. 好事家さん コメントありがとうございます。

    すでにオーディオにはIsoTek SIGMAS コトヴェールなどで対応しているので、家電ルートの大元にEMCフィルターを付けて、家庭内からの家電高周波電源ノイズをオーディオ電源回路に回り込ませない手立てです。

    こちらも35個のTDKラムダが各家電品の電源に繋がれて、ここでもノイズカットしております。

    他にその大元に、ヴィトロパームコアまで通してさらなるノイズカットを万全に。

    高調波はすでに電力会社経由でシズキさんとフィルターの見積もり中です。

    by平蔵 at2019-06-04 14:59

  16. ロクハン好き≒さくどう親父さん 補足コメントありがとうございます。

    PCのスイッチング電源をそのまま使っているような場合には音質的にもオススメできそうです。

    少なくとも、他のオーディオ機器へ電灯線を通じて大きいかもしれないスイッチングノイズはばら撒かなくて済みますから。

    音場の背景が静かに聞こえるようになったのはそのためと思っています。

    by平蔵 at2019-06-04 15:37

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする