平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

日記

TIGLON(サンシャイン)電源ケーブル比較試聴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月09日

来週はいよいよTDKラムダ 三相用5060EMCフィルターが到着。
さらにアイソテック チタン1という電源ノイズフィルターを2台借りられることになりました。とても楽しみです。
ノイズカット測定をしながら、音質評価もきちんとしてみたいですね。

こんなミドルハイエンドに分類されるという、100万前後の小型2ウェイスピーカー5種類の比較試聴会でした。


そののち希望した同じティグロン社が開発した3つの電源ケーブル

新製品 TPL-2000A /1.8m ¥195,000
既製品 MGL-DFA10-HSE /1.8m ¥99,000
以上TIGLONブランド

新製品 SAC REFERENCE1.8m ¥16,800
これだけサンシャインブランド
の3本を比較試聴する機会に恵まれました。




拙いながら インプレ です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵さん
    おはようございます。

    しばらくはおとなしくするつもりですが、電源ケーブルを交換するときはTIGLONも有力候補です。

    ケーブル系の試聴はかみさん不在のとき、拙宅でも可能なので、比較試聴してみようと思います。

    byvanilla at2019-06-09 07:07

  2. vanillaさん おはようございます。

    このケーブル開発には10年がかりであったそうです。
    コスパは最下位のサンシャインからしっかりしていますね。

    シースもよくアキバで売っているようなものではなく、軍事用の何とかだとか。

    ただ入り口出口に付いている、このフェライト?ファインメット?コアを通した程度では我々が使っている4段以上のチョークコイル電源ノイズカット装置のようには電源高周波ノイズは取れないはずです。

    現にそれ以上?のアコリバのこの大きなユニットが付いた電源ケーブルを例のMAIN NOISE Analyzerと中国Line EMI Meterで測定しても全く数値に変化はなかったです。
    https://acousticrevive.jp/portfolio-item/power-code/

    TITAN ONEの試聴、とても楽しみです!

    vanillaさんのレポートもとても楽しみにしております。

    by平蔵 at2019-06-09 07:49

  3. ご指摘のようにマグネシウムフィルターと呼ばれているものがどのような構造かわかりませんが、高周波ノイズ対策はIsoTekなど他の対策に任せて、純粋にケーブル品質に拘った方が良さそうですね。

    TITAN ONE楽しみですね。

    拙宅でもパワーアンプの電源経路を分離したら、導入したくなりそうです。

    byvanilla at2019-06-09 08:41

  4. vanillaさん 

    前記コメントのリンク先のメーカー宣伝には「このMDユニット搭載によりPOWER SENSUAL-MDは電源ケーブル単体で ありながら、クリーン電源を遥かに凌駕する効果を実現します。」とあります。

    ここでいうクリーン電源が何を指し示すのか書いていないのでわかりませんが、下記本格的なクリーン電源のことではないと思います(苦笑)

    実際に試聴しても、電源高周波から来る、ささくれのような音はこのケーブルに巻き付けた円柱ではまったく良くなりませんでした。

    アイソテックのような電源フィルター回路かノイズカットアイソレーショントランスを経ないと、電源高周波ノイズとささくれ立ち音は取れないですね(^^)。

    by平蔵 at2019-06-09 11:02

  5. vanillaさん コメントありがとうございます。

    シグマスの電ケー、昨日のティグロンのトップエンドの音が忘れられず、現在シグマス用に特注いただけないか、オーディオ店経由で問い合わせ中です。

    ダイレクトの方が安くなるのかもしれませんが、一応仁義を切りました(*^^*)

    by平蔵 at2019-06-09 11:41

  6. TIGLONの20A特注ケーブルですか!

    比較試聴していませんが、IsoTekは純正品でもケーブルグレードで違いが大きいようなので、この特注品が実現できると期待大ですね。
    朗報お待ちしています。

    byvanilla at2019-06-09 14:27

  7. vanillaさん
    おはようございます。

    なかなか衝撃的なケーブルに出会えることも稀なのでご縁と思うことにします。

    あのESOTERICや、アクロリンクの三菱電線へのOEM製品の7N、8Nなぞ試聴してもびくともせず、こちらでいっとき流行のマルチョウ、ラダーケーブルではむしろESOTERIC付属の6Nアクロリンク電ケーより悪化してしまったというのに、ティグロンは別格でした(*^^*)。

    by平蔵 at2019-06-09 21:58

  8. こんにちは、平蔵さん。

    個人的な経験則ですが、メーカー関係なく、電源ケーブルで本当に効果があると思えるのは10万円を超えてからだと思います。
    逆に言うと、10万越えの電源ケーブルで悪かったと思うものは、余りなかったですね(どことは言いませんが、効果を感じなかったものもあります)。

    ただ、評判が非常にいいアコリバの電源ケーブルでも、有意なノイズ除去効果がなかったとなると、電源ケーブルで音が良くなるメカニズムってなんだろ?と疑問に感じます。

    AVアンプで、電気的補正効果の凄まじさを経験し、人間の耳が如何に騙されやすいかを実感していると、ケーブル内のLCR成分により再生バランスが変化してるだけじゃないかと感じることもあって、どれだけ投資するか?は非常に悩ましいです。

    他方で、そのケーブルでなければ出てこない「音」があるのも事実だったりするので、10万円以上のケーブルの意味を否定することもできない自分がいたりして・・・

    で、結局のところ、何が言いたいかというと、私も、久しぶりにケーブルで散財したいものです(爆)
    Sigmasでのレビュー、楽しみにしていますね。

    bykaku18 at2019-06-10 20:06

  9. kaku18さん コメントありがとうございます。

    これを試聴したショップ経由で、正式にTIGLONで20Aケーブルを作れるとのことで、発注しました。

    プラグもフルテックにあるので、これにして+5千円でした。

    TIGLON製造の16,500円ほどのサンシャイン社SAC電源ケーブルは各所で高評価で売り切れたそううです。3ヶ月待ちになったそうです。

    この高評価に安堵されたサンシャインとティグロンはこれをきっかけとして、この価格帯に同じフォーミング銅のラインケーブル、スピーカーケーブルを投入すべく現在開発中だそうです。

    うちなんか、ドイツからの直販12,000円のトーマン75パワーアンプ×2に16,500円×2の電源ケーブルですから、ちょっと狂っていますね(*^^*)。

    さらにそのアンプに2台で60万を超えるIsoTek チタンワンを借りるというのですから(*^^*)(*^^*)。

    by平蔵 at2019-06-11 00:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする