平蔵
平蔵
「ラック」 コプラーレ(COPULARE)社 Bronze Spharen、Zonal Tone-Basis、Aural High End Stand、Analog Stand Sial  …

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
コプラーレとフィニッテエレメンテのラックに収まった機器です。 スピーカーはソナス・ファベールのアマティ・トラディションと自作ホーンスピーカー。 サブにスペンドール BC2 ソナス・ファ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日記

電源チューンは続くよどこまでも!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月20日

近日中にスタジオ用のPRO用DACを新しく開発しているとのことで、試作品を拙宅にプロ機器メーカーが持参されるそうです。

ハイレゾレコーディングにアマチュアでチャレンジしていることがプロの皆様にも小さな話題になっているそうです(*^^*)。

開発者の方がこちらをご覧になっていて、是非聴いて意見をと。駄耳の自分で大丈夫?(*^^*)でも生音の中で行きておられるプロの音質。楽しみです。

最近は電源の仕上げ活動に勤しんでおります。

まずは壁コンセントとパワーアンプ用床コンセントの養生。

壁コンセントは、FURUTECHのトップエンドモデルを8つの壁コンとも採用しているので、コンセントベースも同社のものを採用して取付けてみました。



Before


After


電源プラグもFURUTECHのトップエンドを採用したTIGLON社電源ケーブル TPL-2000Aも相まって、恐るべき静寂感と立ち上がりです。

これに味をしめて、さらなる制振化。
コンセントプレートに松本オーディオアクセサリーフェアで知った、他社以上のカーボン技術、ネオフェード・カーボンマトリクス3層材を採用しているクリプトン社のCP-HR10をさらに被せました。


叩いてもコツコツと一切尾を引かない制振ぶりです。

床コンセントはお金ないからなあと眺めていたら、OYAIDEの中古が見つかりました。


早速取付け。


そうしてIsoTek TITANが納品されました。



電源ケーブルはオリジナルは不要ですので引き取っていただき、ヤフオクでの個人作のIsoTek SIGMASに使っていたものを流用。

IsoTek SIGMASには大ヒット作、ディップフォーミング無酸素銅線採用のサンシャイン社電源ケーブルをOEM製造TIGLON社の沖野社長自身惚れ込みの新製品の電源ケーブル TPL-2000Aを壁コンに。

さらにダイナミックオーディオ川又店長の粋な計らいで、このケーブルをさらに2本追加してESOTERIC Grandioso P1/D1へのシグマスからの給電にもサンシャインのそれからグレードアップしました。

足も改良されていました。


輸入元のナスペックの平蔵担当の方のとおりIsoTek TITAN ONEよりノイズカット性能は測定上もいいし、音質も開放的です。

測定はこちらでは写真枚数10枚の限界があるので、こちらに掲載いたしました。

後の電源改造は母分電盤そのもののチューンです。
これも電気工事業者の下見も終わって、出水電器さんからの部材の到着を待つばかりです。

そうしていよいよ音楽室の最終章、後壁の仕上げです。
ここの仕様を決めるのに、元がやってくれないので1年以上かかりました。

PS
三毛猫さんが3年かかりで完成させた信号経路に一切直列に抵抗が入らないアクティブアッテネーター、予想どおりの恐るべき解像度です。

かねてからの可変抵抗型ATTはすべてオーディオ墓場に退場させました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. >可変抵抗型ATT

    ラックスマンにとって従前の音量調整のフラッグシップ LECUA1000 は、接点数88の抵抗切り替え式の電子制御アッテネーター。
    しかし抵抗切り替えでは、熱損による情報の欠落減衰が免れない。

    新製品の管球式コントロールアンプCL-1000は、コアロスが少ないファインメットコア・アッテネーター。
    トランスの34タップと対を成す34個のリレーを制御することで、ボリュームノブの位置関係を反映させ、巻線比により低損失で音量調整を行う。
    しかし、出力トランスと入力トランスは、スーパーパーマロイ・コア。
    トランス調達は、自社内ではできず、設計のみを担当。

    フェーズメーションのCM-2000は、スーパーマロイコアを採用したバランス接続可能ATT 。(2個のバランス対応巻き線)
    セイデン製46接点ロータリースイッチを使い、0dBから-34dBまで1dBステップ刻み。
    トランスの設計は、自社であり内製に近い形で調達。
    設計・製造では、技術の伝承がある。

    トランス式の弱点は、高減衰する場合に製造上の精度の確保が難しいこと。
    よってこの場合に抵抗を1本噛ますことで、製品化は楽になるが、妥協の産物とも言える。
    市場対象とするSPの能率が85dbから110dbまであることを考慮すると、市販製品ではやむを得ないメーカー選択。

    超高能率のコンプレッション・ドライバーの場合、ユニットの直前にトランスアッテネーターを噛まして、
    いわば2段階トランス式の音量調整とすることが可能。
    音量調節としてのプリにおいて抵抗を完全に追放できた場合、熱損による情報欠落具合を確認してみたい、という夢を見た。

    http://www.luxman.co.jp/asset/product/CL-1000/pb1.jpg
    https://blog.goo.ne.jp/kotobuki_analog/e/b0f9874d159a25dee14c2048f3eb38bb

    bykj at2019-07-20 08:15

  2. kjさん コメントありがとうございます。

    最近のLUXの真空管アンプの設計者がかつてのライバルだった山水の設計者であったイシノラボに外部委託されたことはイシノラボの店長Blogで明らかにされましたね。

    CM-2000での実使用領域はフェアでも自宅でも12時以降部分です。

    ですので、抵抗は不要な範囲がほぼ実用領域です。

    セイデンからバラバラになったロータリースイッチ部品が送られてきて、フェーズメーションで抵抗を取付け、それをセイデンに送って、最終的なロータリースイッチの完成品になっているそうです。


    イギリスのBESPOKE AUDIO Passive Pre-amplifierはいかがでしょうか?

    by平蔵 at2019-07-20 08:33

  3. 平蔵 さん こんにちは

    isotek導入おめでとうございます。
    コンセントタップですが、プレート固定金具とアースは共通の
    コンセントタップでしょうか? 金具と共通しているタイプだと
    ボックスの素材でかなり音が変わると思います
    金属だとボックスそのものがアースになってしまったり
    音が良ければいいのですが、お気をつけくださいませ

    byYuho... at2019-07-20 10:15

  4. Yuho... さん コメントありがとうございます。

    IsoTek TITANが来るまでずっとTITAN ONEを借りていました。

    同じものをモノラル化したと思っていたら、小さく収めるのに無理もあるのか、音が違いますね。

    ナスペックさんによると、大電力用のIsoTekで設置場所に限界があるときにだけONE。そうでなければなるべくTITANの方がいいそうです。

    ボックスはパナソニックのプラスチックです。
    正直こんなプラスチックでいいの?としたら、出水電器島元社長によると金属タイプよりプラスチックの方が音質がよくて正解だと言われました。

    したがって導通はございません。

    自己責任ですが、すべて自分で取付けました。かなりこのコンセントベースとプレートは効きますね。

    うちは壁は音響無共振パネル、床3層の同じく無共振タイプとして振動をかなり抑えているのにです。

    一般の住宅では、石膏ボートを「コ」の字型の金具で挟んでいるだけで、良い音がしそうにありません。

    by平蔵 at2019-07-20 10:49

  5. Trans ATT

    7階人はご存知ないようだが、2013年頃から日本ではTVC(Trans Volume Cotrol)が独自進化しています。 (TVCで画像検索)
    http://livedoor.blogimg.jp/tackbon-0831/imgs/3/b/3bf9c685.jpg

    これは、日本でのファインメット・コア使用者たちが、考案した巻線比による音量調整法。
    トランス巻き線に使用した導体を、そのまま配線材にも使った空中配線の極み。
    この導体は、0.29mmの裸に近い4NCuの単線。

    裸単線を好むファンダメンタル社鈴木代表が、愛用した音量調整法はP&Gのフェーダーだったが、
    同製品が製造中止となった以降は、抵抗切り替えのラダー式。
    (VISHEY箔抵抗・48ステップ・最小音量-72dB)
    http://www.fundamental.jp/pdf/nr_att10.pdf

    BESPOKE AUDIO Passive Preは、詳細不明コアを使った完全手作りの家内作業品。
    特徴としては、配線材の被膜で、石油系材用を排除し天然素材を採用。
    日本オーディオ社の無染色・無漂白の生成り綿ロープ・シースに近いと思われる。
    https://nipaudio.com/audio/#bal-5000

    bykj at2019-07-21 07:52

  6. kjさん バランス接続できないのは残念ですね。

    ポータブルオーディオでのハイエンド機は標準な、バランス回路、バランス接続はこれからの標準回路になっていくでしょうから。

    by平蔵 at2019-07-21 08:50

  7. バランス駆動? 「あるよ!」

    >セイデンのロータリースイッチを2倍の回路にしてもらいました。

    https://blog-imgs-94-origin.fc2.com/u/e/n/uenv/20181203154255587.jpg
    http://uenv.blog.fc2.com/blog-entry-316.html

    bykj at2019-07-21 19:51

  8. 平蔵さん こんにちは。
    CL-1000にはアッテネータ用トランスのための消磁装置というあまり見かけないものが入っていますね。
    PhasemationにもBespokeにもそんな機能はないので、これって本当に必要なの?と思ってしまいました。

    三毛猫さんのアッテネータ良いですか…。
    価格帯的にはこちらに心が動きます…。
    ちなみにS-75の前に挟んでも良かったりします?

    bytaket at2019-07-21 21:13

  9. kjさん リンクありがとうございます。

    ただ残念ながら、リンク先に飛べませんでした。

    ファインメットコア、トランス式・・・・今回のLUXプリアンプも、これまで同様にライバルであった元サンスイ技術者、イシノラボ代表の平野さんに設計や製造管理委託した可能性が疑われますね。

    by平蔵 at2019-07-22 00:00

  10. taketさん コメントありがとうございます。

    三毛猫さんのはそもそもの設計思想と試行錯誤がその辺のメーカーよりお金と時間がかかっていますね。

    kjさんがプロ用のP&Gのフェーダーをあげていましたが、所詮抵抗分圧式です。

    プロ用の数十chにはコスト的にも、場所的にもトランス式や三毛猫式は大掛かりで採用できないだけだと思われます。

    もし音楽ソースがデジタルメインでコンソールを音量調整にとなれば、今からP&Gもカーボンコンポジット、抵抗スイッチ切り替え型もないと思います。

    それならお取引先の192k/24bitのまま音量調整できるデジタルコンソールの一択と見てます。

    ps
    そういえば、最近はトランス式ATTはともかく、MC昇圧トランスにも消磁器は聞きませんね。
    必要という話しも聞かなくてどうなっているのでしょうね。
    また機会があればフェーズメーションの鈴木代表や斉藤技術部長さん、鈴木代表の大学の後輩のCSポートの富山の町野代表に聞いてみたいです。

    by平蔵 at2019-07-22 00:10

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする