たくみ@深川
たくみ@深川
下町は深川在住の音楽ファンです。旧録音のクラシックから、最近のワールドミュージックまで、時代、ジャンルを問わず何でも聴いてます。

マイルーム

板張りの専用オーディオルーム
板張りの専用オーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~4ch
16畳ほどの板張りの専用オーディオルームです。 建てた当初は響きすぎでどうしょうもなかったのですが、 5年ほど経ってかなり落ち着いてきました。
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
  • その他オーディオレコーダー
    SONY PCM-D50
  • プロジェクションテレビ/ディスプレイ
  • AVプリアンプ
    ACCUPHASE CX-260
  • カートリッジ
    AUDIO-TECHNICA AT-F3II

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

鵠沼サロンコンサート ジェラール=プーレのリサイタル

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年01月30日

 1月27日(火)、鵠沼のレストラン「ラーラ・ビアンケ名古屋」で行われた、「鵠沼サロンコンサート」に行ってきました。今回のコンサートは、フランスのヴァイオリニストで、芸大の客員教授もされている、ジェラール・プーレさんのリサイタルです。

 このコンサートは、毎月1回、ラーラ・ビアンケの定休日である火曜日を利用して行われており、1990年から通算して、今回で何と270回目を迎えます。

 曲目の解説をする、サロンコンサートのチーフプロデューサーである、平井満さん。社会科の教師をされる傍ら、アーティストの招聘・企画を一手に担われ、19年もの間、このコンサートを支え続けてこられた功労者です。


さて 今回のセットリストです。
ドビュッシー ヴァイオリン・ソナタ
クライスラー ベートーヴェンの主題によるロンディーノ
グラナドス  スペイン舞曲
ショパン   マズルカ(クライスラー編)
クライスラー 美しきロスマリン
ラヴェル   ツィガーヌ
サラサーテ  ナバーラ(2本のヴァイオリンのための)
ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲
サンサーンス ヴァイオリン・ソナタ第1番

 熱演されるプーレさんと、ピアニストの川島余里さん。ドビュッシーのヴァイオリン・ソナタは、プーレさんのお父さんである、ガストン・プーレが初演した曲だそうです。また、プーレさんが最も得意とするクライスラーの曲では、その艶やかな音色と、洒脱な歌い回しで、うっとりするような演奏を聴かせてくれました。


 サラサーテの「ナバーラ」ではN響の第1ヴァイオリン奏者、窪田茂夫さんが加わり、息の合ったアンサンブルが展開されました。


 さほど広くないレストランですが、今回は80人ほどのお客さんが詰めかけ、ごらんのように、フロアは立錐の余地もないほど人でいっぱいになりました。最前列から、アーティストまでの距離は1m位と、本当に「近い」。この「近さ」がサロンコンサートの魅力でもありますね。


 終演後の拍手の様子です。長年、日本に滞在されていたプーレさんですが、今年の3月で、芸大の教授を退任され、フランスに帰国されるそうです。良い演奏を有難うございました。お疲れ様でした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. たくみ@深川さん、こんばんは。
    びっくりしました。名古屋まで行ったの?って(^^;
    よく見れば鵠沼って書いてますもんね(^^;
    にしても、相変わらず凄い行動範囲ですね・・・やっぱりびっくりです(^^;

    凄いコンサートですね、楽器の迫力を体で感じられそうな距離ですね。JAZZBarの演奏をもろに受けるのと同じ感覚でクラシックを効くような感じですか・・・やっぱり凄そう(^^;

    byMt.T2 at2009-01-31 02:36

  2. 近くまで来られたとはこのことだったんですね!
    本当に目と鼻の先です。帰りに寄ってくれれば良かったのに~。

    このレストランは、以前は何回か行っていましたが、もともとのフランス料理からイタリア料理に転校したりころころ変わってしまったので近頃はご無沙汰していました。このようなコンサートが開かれているのは知りませんでした。

    今度行ってみたいと思いました。良い情報をありがとうございます。

    byヒジヤン at2009-01-31 06:58

  3. ヤマテツさん ヒジヤンさん レス有難うございます。

    最近、このコンサートの写真撮影や片付けを手伝ったりしているので、2ヶ月に1回ほどお邪魔しています。さすがに鵠沼は遠いので、毎回はちょっと難しいんですが(笑)。

    会場はご覧のようにさほど広くなく、遮音もそれほど厳重ではないので、外の音も結構入ってくる環境ですが、演奏がいざ始まるとそれほど気にならないものなんですね。

    間近で聴くと、改めて生のヴァイオリンやピアノの音のエネルギーに驚かされます。演奏家も、国内の器楽奏者の一流どころを中心に、たまにビッグゲストが来たりするので、楽しみです。今をときめくヴァイオリニストの神尾さんや、チェリストのチョウ・チンさんも来たことがあるんですよ。

    火曜の夜ということで、なかなかタイトな時間だとは思いますが、是非、足を運んでみて下さい。

    byたくみ@深川 at2009-01-31 10:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする